地震、洪水、崖崩れ!危険な土地を購入前に見分ける方法

土地を購入するとき、生活環境の利便性だけでなく、災害や防犯のことを考える人も多いはずです。ほとんどの自治体では、役場に足を運ぶことで、その地域の災害歴史や防災警戒地域などを調べることができます。

しかし昨今、インターネットの普及にともない、自宅に居ながらにして、いつでも簡単にあらゆる情報を入手することができるようになりました。それには防災や災害に関する情報も同じです。

そこで今回は、インターネットを利用して誰でも簡単に調べることができる、防災や災害に関する情報サイトを紹介します。

購入を検討している土地の地盤強度、その土地が昔はどのように活用されていた土地なのか、過去に水害や災害の被害にあってないかなど、あらゆる情報を自宅に居ながらにして調べることができますので、知りたい情報がある方は利用してみましょう。

利用価値が高い防災、災害サイト

今回紹介するサイトは、これから土地購入をする人にとっては大変利用価値が高い情報サイトばかりです。

すでに目ぼしい土地があるのであれば、ぜひその土地についていろいろな情報を調べて見てください。もちろん、まだ土地が見つかってないという方にも、これからの土地探しに大変役に立つサイトばかりだと思います。

地盤サポートマップforU

住所を入力するだけで、ピンポイントでその地域の地盤強度がわかるサイト

地盤安心マップ

住所を入力するだけで、その土地が昔は何だったのかを調べることができるサイト

J-SHIS Map

今後地震が起こる確率だったり、活断層の位置を一発で調べることができるサイト

周辺環境スカウター

住所入力した地域の生活環境に点数をつけてくれるサイト

地盤サポートマップforU

管理人イチ推しのサイトです。本当に住所を入力するだけで、その土地の地盤強度を調べることができる便利なサイトです。

大手の地盤調査会社が運営しているサイトで、これまでの調査結果などを元に作成されているので、かなり信憑性が高いサイトだと思います。

実際、管理人がハウスメーカーの営業マンだったとき、お客さんの家を建てた土地を数ヶ所調べてみましたが、かなり一致している地盤情報が表示されていました。

地盤サポートマップforU
http://www.j-shield.co.jp/1million/cp2.htm

地盤サポートマップforU

トップページにこのような住所を入力する箇所があるので、あとはそこに調べたい土地の住所を入力するだけで表示されます。

地盤サポートマップforU検索結果

全ての地番に対応している訳ではありませんが、かなり多くのポイントの地盤強度が表示されるので、自分が購入を考えている土地を調べることで、おおよその地盤強度を知ることができます。

地耐力は、ジャパンホームシールド(株)がこれまでに解析した地盤の評価結果を示したものです。

地盤の評価は、建築する建物をもとに解析を行ったものでありその土地の最大の地耐力を示すものではありません。また、地耐力は調査を実施した時点での評価であり、その後の変化等により変わる場合があります。

地盤安心マップ

地震安心マップというサイト名ですが、このサイトはいろんな地域情報を検索することができるようになっています。調べたい土地が昔なにだったのか調べることもできますし、過去の災害履歴だったり、液状化現象が起こりやすい地域などを調べることも可能です。

地盤安心マップ
http://jam.jibanmap.jp/map/main.php

地盤安心マップ検索画面

サイトを開くと画面の左上に住所を入力するスペースがあるので、そこに調べたい土地の住所を入力して検索ボタンを押すだけです。該当する地域の地図が開きますので、上の画像の赤丸部分「旧版地形図」にチェックを入れてください。

すると下の図のように昔の地形図に変化します。

地盤安心マップ結果

昔の地形図をみても、何がどうなっているのか良くわからないという人も多いと思いますが心配いりません。

1枚目の画像にある右上の「凡例」というボタンを押して頂くと、下図のような解説図がでてきますので、その土地が昔は田んぼや畑、もしくは溜め池だったことなども一発でわかります。

ちなみに管理人の実家を調べてみたのですが、昔は競馬場だったことが判ってビックリしました(笑)

その後、インターネットで調べてみたのですが、本当に50年くらい前まで競馬場があったことがわかりました。なかなか優れもののサイトだと思います。

昔の土地

J-SHIS Map

このサイトは今後大きな地震が起きる確率の高い地域を調べるのに適しています。

J-SHIS Map
http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

下の図は、近年地震により大きな被害がでた熊本県を調べてみた地震予測図です。今後30年以内に震度6弱程度の地震が来る確率で色分けされています。

熊本の大地震があるまで、九州地方は比較的大きな地震が少ない地域だと言われ続けていましたが、こちらのサイトでは2014年版の予想図をみても、しっかりと熊本市内は大きな地震が来る確率が高く表示されていたのには驚きました。

大地震があった熊本市内もハッキリと一番濃い色になっており、高い確率で大きな地震が来ることが予想されていました。

熊本の地震予測結果

さらに画面左側にある「主要活断層帯」という項目にチェックを入れるだけで、各地域の活断層が下図のように表示されるようになっています。

こうしてみると、やはり熊本県や大分県というのは、かなり活発な活断層の上にあることが良くわかります。

熊本の活断層

周辺環境スカウター

不動産会社が運営しているサイトのようなのですが、詳細は不明です。ただ不動産目線でその街の住みやすさを点数化してくれる面白いサイトなので、一度利用してみる価値はあると思います。

こちらのサイトも、ただ調べたい住所を入力するだけなので利用方法はいたってシンプルです。あとは近隣のスーパーやコンビニ、保育園などの生活環境をもとに点数化してくれるシステムになっているようで、その地域の待機児童数まで表示してくれます。

周辺環境スカウター
http://chintai.30min.jp/site/check/

サイトを開くと、下図のように住所を入力という箇所があるので、そこをクリックします。

周辺環境スカウタートップページ

すると上部に入力スペースが出現するので、あとはそこに調べたい地名や住所を入力して、検索ボタンを押すだけです。カーソルが移動し、しばらく待つとその地域の拡大地図が表示されます。

周辺環境スカウターで新宿を調べた結果

上の図の画面左上の数値が、その街の住みやすさを表しています。さらに画面右上の「点数の詳細」という箇所をクリックすると、より詳しく点数の詳細が表示されるようになっています。

周辺環境スカウター 点数の詳細

ご覧のようにコンビニやスーパーまでの距離だったり、最寄の保育園情報も表示されるので、子育て世代には嬉しいサイトではないでしょうか。

まとめ

今回は土地探しに役立ちそうな4つのサイトを紹介させて頂きました。

ただ、管理人からのアドバイスとして、あくまでも今回紹介したサイトは、土地探しや防災対策の支援サイトだと言うことです。

これらのサイトで表示された情報がすべて正しい訳ではありませんし、仮に軟弱な地盤の土地だとしても、それに対する対策はいくらでもあります。

これらのサイトで得た情報だけを土地探しの判断基準にするのではなく、最終的には役所に足を運んで詳しく調べたり、信頼できるハウスメーカーに相談してみることをおすすめします。

ページトップ