40坪の家を建てる際の間取り例と費用の目安まとめ

40坪の家を建てる際の間取り例と費用の目安まとめ

40坪程度の新築を建てようと検討している人向けに、ハウスメーカー別の間取り例と費用の目安を解説します。

地域によって異なりますが大手ハウスメーカーだと3,000万円以上、ローコスト住宅であれば2,000万円以上が目安になります。

なるべく予算を抑えて新築を建てるコツも紹介しているので、マイホームを計画している人はぜひ参考にしてみてください。

40坪の間取りと費用相場

建てる家が大きくなるほど、ハウスメーカーとローコスト住宅で建てたときの価格差も大きくなります。

40坪の家になると大手ハウスメーカーでは、総額3,000万円を切ることはまずありませんし、ローコスト住宅でも総額2,000万円を切ることはありません。

では、実際の費用相場をみてみましょう。

大手ハウスメーカーで40坪の家を建てる費用相場
本体工事価格(建物のみ) 2,800万円
総建築費(建物+付帯工事+諸経費) 3,260~3,500万円
ローコスト住宅で40坪の家を建てる費用相場
本体工事価格(建物のみ) 1,800万円
総建築費(建物+付帯工事+諸経費) 2,060~2,300万円

最近多い30坪や35坪くらいの家に比べると、費用負担もかなり大きくなっています。

少しでも予算を絞りたいと思う人も多いと思いますが、そういった場合は、間取りの工夫や家の形で予算を削減することもできるので覚えておいてください。

同じ40坪の家でも、建て方次第では安くなることもあれば、逆に高くなってしまうこともあります。

家の形

上記3つのタイプであれば、左の総二階建ての家が一番建築費を抑えることができる家の形です。

総二階 部分二階 平屋
坪単価 安い 普通 高い
土地 狭い 普通 広い
耐震性 弱い 普通 高い
バリアフリー
不整形地 ×

このように家の形は土地形状や家庭の事情によって選択肢が異なってくるので、どれが自分達にあっているの分からない人もいると思います。

40坪あれば間取りについても色々な選択肢があるので、まずは主要ハウスメーカーのカタログをいくつか取り寄せて、自分の理想に近いものを探すのがよいでしょう。

予算によってハウスメーカー側のオプションプランなども変わってくるので、自分が希望する価格帯のカタログを見比べながら、良さそうだと思ったメーカーに具体的な相談をしてみましょう。

総二階

40坪あれば、かなり高い確率で希望通りの間取りの家を建てることができると思います。

ただし、総二階の40坪だと1階20坪、2階20坪の家ということです。1階の20坪は問題ないとしても、2階に20坪も必要でしょうか?

20坪の2階といえば、10帖の部屋を3つ作っても15坪しかありません。果たして2階に10帖の部屋が3つも必要でしょうか?

パパまるハウス

  • 商品名:ベーシックタイプ
  • 間取り:4LDK
  • 1階床面積:70.38㎡(21.29坪)
  • 2階床面積:59.62㎡(18.04坪)
  • 延床面積:134.97㎡(40.83坪)

パパまるハウス

パパまるハウス

パパまるハウス 間取り図

※出典:https://www.papamaru.jp/plan-basic

1階のLDKを23帖も取っているのは今の流行りだから良いとして、疑問に感じたのは2階の間取りです。なぜ2階の廊下(ホール)をここまで取る必要があるのか?

廊下にしようが部屋にしようが同じ金額なので、それであれば6帖の部屋をもう少し広くするなり、収納部屋を作るなり使い方はいろいろあったと思います。

約3帖ほど無駄に廊下を作ってあるので、これだけで3帖=1.5坪と考えたら単純に50万円以上も建築費を節約できると思ってしまいました。

タマホーム

  • 商品名:木麗な家
  • 間取り:3LDK+畳コーナー
  • 1階床面積:70.25㎡(21.25坪)
  • 2階床面積:65.00㎡(19.66坪)
  • 延床面積:135.25㎡(40.91坪)

タマホーム

タマホーム 間取り図

※出典:https://www.tamahome.jp/products/lineup/kirei/kirei/

2階の3部屋はすべて7帖以上とゆったり空間になっているのは良いと思います。

1階に畳コーナーも広めにとってありますが、将来的に親御さんと同居の心配がないのであれば、無理に和室をつくる必要もないと思うので、これはこれで問題ないでしょう。

ただ気になったのが1階のリビングにある大きな押入れです。収納は大事ですがこのLDKのど真ん中に果たして必要だったでしょうか?

この押入れスペースがここに有るのと無いので、LDKの開放感が180度違ってくるように感じます。

アイフルホーム

  • 商品名:セシボSV+M
  • 家族構成:4人家族(夫婦+子ども2人)
  • 間取り:4LDK
  • 1階床面積:72.00㎡(21.78坪)
  • 2階床面積:60.50㎡(18.30坪)
  • 延床面積:132.00㎡(39.90坪)

アイフルホーム

アイフルホーム

アイフルホーム 間取り図

アイフルホーム 間取り図

※出典:https://www.eyefulhome-miyagi.com/example/04.html

4LDKで40坪のお宅です。1階は約19帖のLDK、洗面室もバスルームもかなりゆったりと作ってありますし、無駄な廊下スペースもなく良くまとまった間取りだと思います。

ただ個人的には1階の収納スペースが少ないように感じるので、玄関部分をうまく考えることで玄関収納をつくるスペースはあったかなと思いました。

それと1階の和室。玄関ホールからの出入り口をつくっておけば、お客さんを通すとき、わざわざリビングを経由せずに済むので、そこが1点気になりました。

2階ですが坪数を削りたいのであれば、ちょっと余分な廊下スペースが気になります。

主寝室が広いですしウォークインクロゼットもちょっとした子ども部屋くらいの広さがあるので、納戸部分と廊下を削ればもう少し全体の坪数を減らすこともできるのかなと思います。

三井ホーム

  • 商品名:SONOMAソノマ
  • 間取り:3LDK
  • 1階床面積:60.44㎡ (18.28坪)
  • 2階床面積:59.64㎡ (18.04坪)
  • 施工床面積:140.88㎡ (42.61坪)

三井ホーム

三井ホーム

三井ホーム 間取り図

※出典:https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/sonoma/plan/

家のど真ん中に大きなダイニングテーブルを配置し、かなりLDKの配置が独特です。ですが、このLDKの配置こそがこの家の醍醐味だともいえます。

玄関部分にプチガレージという名の趣味の空間をつくっていて珍しいタイプの間取りになっています。

ただそのシワ寄せがバスルームと洗面所にきており、それぞれ2階に配置されてしまっています。

当初から2階につくる予定だったのかもしれませんが、それであれば2階のトイレの位置が1階の水まわりと大きくズレているのが気になります。

ミサワホーム

  • 商品名:SMART STYLE
  • 家族構成:4人家族(夫婦+子ども2人)
  • 間取り:4LDK+蔵
  • 1階床面積:65.0㎡(19.6坪)
  • 2階床面積:68.0㎡(20.5坪)
  • 延床面積:133.0㎡(40.2坪)

ミサワホーム

ミサワホーム

ミサワホーム 間取り図

※出典:https://www.misawa.co.jp/kodate/syouhin/smart_style_h/

とにかく収納にこだわり蔵スペースが目につきます。蔵を大きく取ることで、居住スペースが少なくなるのをスキップフロアでうまくカバーしてある間取りになっています。

とにかく、これでもかというほど収納スペースを取ってあるので、収納をうまく配置した間取りにしたい人には、とても参考になる間取りだと思います。

へーベルハウス

  • 商品名:CUBIC
  • 家族構成:4人家族(夫婦+子ども2人)
  • 間取り:3LDK+クロスフロア4.2畳
  • 延床面積:131.45㎡(39.7坪)

ヘーベルハウス

ヘーベルハウス

ヘーベルハウス 間取り図

ヘーベルハウス 間取り図

※出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/casestudy/?id=j177

40坪の間取りですが、LDK部分だけで約27帖もあります。しかし土地が少し奥に長い形をしているので、LDKはDKとリビングを分けてつくってあります。

この場合LDKを続きで作ってしまうと細長くなり、あまり広さを感じられなくなります。

ですので、リビングだけ一段低いダウンフロアにして別空間にしてあるのは正解だと思います。

ちょっとだけ残念だなと思ったのが2階のトイレの位置です。子ども部屋にめり込むような形で作ってあります。

子どもたちの勉強スペースとしてクロスフロア(中2階)を作ったため、どうしても2階の各部屋が少し窮屈になってしまったように感じます。

部分二階や三階建て

40坪の注文住宅なら企画住宅でも建てられるような間取りではなく、自分たちの希望が詰まったオンリーワンのマイホームを建てた方がいいと思います。

注文住宅であれば、1階が広く2階を少し狭くするような部分二階の間取りにも対応できますし、狭小地であれば「3階建て」や「地下室のある家」を検討してみてもいいかも知れません。

レオハウス

  • 商品名:大人気の家
  • 家族構成:3人家族(夫婦+子ども1人)
  • 間取り:4LDK
  • 延床面積:135.59㎡(41.0坪)

レオハウス

レオハウス

レオハウス 間取り図

※出典:https://www.leohouse.jp/illustration/vol08/

1階の床面積を広く、2階の床面積を小さくしている部分二階の間取りになります。

1階のダイニングキッチンがリビングよりも一段高く、スキップフロアのようになっているのでスキップ部分下に収納を取ることができます。

また、夫婦ともに洋服が趣味で豊富に所有されているので、洋服専用の収納スペースをリビング裏側に広く取られているのも個性的だと思いました。

1階、2階ともに無駄な廊下がなくかなり良く考えられている間取りではないでしょうか。

三井ホーム

  • 商品名:カフェプラス
  • 間取り:3LDK
  • 1階床面積:69.72㎡ (21.09坪)
  • 2階床面積:57.13㎡ (17.28坪)
  • 延床面積:126.85㎡ (38.37坪)

三井ホーム

三井ホーム 間取り図

※出典:https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/cafeplus/

1階がやや広く、2階を少し狭くしてある部分二階の間取りになっています。

こちらの家のコンセプトは「カフェがある暮らし」となっており、自宅にいながら本物のカフェにいるようなくつろぎ空間があることです。

三井ハウス

  • 商品名:クレセール
  • 間取り:3LDK
  • 1階床面積:42.94㎡(12.98坪)
  • 2階床面積:42.86㎡(12.96坪)
  • 3階床面積:42.48㎡(12.85坪)
  • 延床面積:128.28㎡(38.80坪)

三井ハウス

三井ハウス

三井ハウス

三井ハウス 間取り図

※出典:https://www.mitsuihome.co.jp/home/product/crecer/

少し土地が狭くても3階建てにすることで、こちらのようにゆったりした空間をつくることができます。

1階に夫婦の寝室と水まわり、2階がメインのLDK、3階が子供部屋という間取りになっています。

今回紹介している間取りは屋根をかけてあるタイプですが、ほかの画像からもわかるように、屋上全体をバルコニーすることもできます。

もったいないと思ったのが3階にトイレがないことです。せっかく階段横にスペースがあるのですから、そこにトイレすることもできたと思います。

平屋

40坪の平屋となれば、なかなかの広さの家を建てることができます。

少し前までは、40坪クラスの平屋といえば「純和風の家」が多かったのですが、最近は和風の大きな平屋を建てる人が減り、洋風の大きな平屋を建てる人が増えてきました。

平屋であれば屋根面積も広く取ることができるので、大容量の太陽光ソーラーを載せることも可能です。

タマホーム

  • 商品名:ガレリアート
  • 家族構成:2人家族
  • 間取り:2LDK
  • 延床面積:136.00㎡(41.14坪)

平屋タマホーム

平屋タマホーム

平屋タマホーム 間取り図

※出典:https://www.tamahome.jp/products/lineup/daianshin/galleri_art/

一見するとかなり広い平屋の家に感じますが、夫婦2人に適した間取りだと思います。

基本2LDKの間取りなのですが、LDKを除くと9.3帖の洋間と7.2畳の和室があります。

しかし、和室はLDKからの続き間になっているので、ここを夫婦の寝室として使うのは無理があり、そうなると寝室として使える部屋が9.3帖の洋間1室だけになってしまいます。

タマホームの公式サイトに掲載されているプラン例なのですが、さすがに40坪の平屋でこの間取りはちょっと無理があるのかなと感じました。

ビルトインガレージはデザイン的も見栄えが良く人気なのですが、必要となるスペースが大きいためこのように建築費の高騰となる原因の1つです。

ダイワハウス

  • 商品名:ジーヴォシグマ
  • 家族構成:3人家族(夫婦+子ども1人)
  • 間取り:3LDK
  • 延床面積:138.60㎡(41.92坪)

平屋ダイワ

平屋ダイワ

平屋ダイワ  間取り図

※出典:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/visit/vol120/index.html

こちらの平屋は夫婦ともにダイワハウスの社員さんだそうです。つまり共働き世帯ということになりますね。

そこでマイホームづくりにこだわったのが、効率良く家事ができる間取りと、自然を感じることができる大開口がある家だそうです。

間取り図をみても、リビングに大開口をもうけ、そこからテラスに出られるようになっています。こうしておけば、テラス部分まで広く感じることができます。

さすがダイワハウスで設計のお仕事をされているだけあり、かなり良くできた間取りになっていると思います。3人家族には申し分のない平屋住宅ではないでしょうか。

住友林業

  • 家族構成:4人家族想定プラン
  • 間取り:4LDK
  • 延床面積:134.98㎡(40.83坪)

平屋住友林業

平屋住友林業

平屋住友林業  間取り図

※出典:https://sfc.jp/ie/lineup/grandlife/terracestyle/plan/

この間取りのポイントは、広いお庭をどのように活かすかだと思います。庭に面している位置にLDKと子供部屋を配置し、LDKのどこにいても雄大な庭を堪能できます。

その他にも玄関から直で入れる和室(客間)や、回遊できる家事動線など、よく考えられている間取りだと思います。

ただ1つ気になったのが、夫婦の寝室に隣接するかたちでバスルームが作られている点です。これだと夜中などにお風呂に入るのにとても気をつかってしまうと思います。

40坪の家を建てる際のポイント

ここからは40坪の家を建てるにあたり気をつけておくべきポイントなどを整理するので、マイホーム作りの参考にして頂ければと思います。

必要な坪数目安

5LDKの40坪の家を建てるとして、各スペースの目安となる必要坪数を計算してみましょう。

玄関 1.0坪 和室 2.5坪
廊下・ホール 3.0坪 主寝室 4.5坪
階段 2.0坪 子供部屋1 5.5坪
洗面所 1.0坪 子供部屋2 2.5坪
バスルーム 1.0坪 洋間 3.0坪
トイレ1階2階 1.0坪 収納 2.5坪
LDK 11.5坪 合計 40.5坪

※施工床に換算される玄関ポーチ、バルコニーなどは含めていません

今回は下の間取り図(延床40坪)をベースとして、必要な広さを各スペースごとに書き出してみました。

エスディホーム

※出典:https://k-sd-home.com/product/STELLA-G

このように家1棟に必要となるスペースと、おおよその広さを理解しておくことで、LDKや各部屋のだいたいの広さの目安を知ることができます。

家の構造は丈夫に

40坪ほどの家になれば、広くて開放的なリビングをつくることができます。

広いリビングで多い要望といえば「大開口の窓をつけたい」「なるべく柱が少なく、広い空間にしたい」などです。

リビングを大空間にしたり広くて大きな窓を設置したいのであれば、家の構造を慎重に選ばなければなりません。

例えば軸組み工法や木質パネル工法のような木造住宅であれば、広い空間をつくる際、どうしても重量を支える柱が必要になりますし、木質パネルなどは窓の大きさにも制限が入ることが多々あります。

ですので、広いリビングや大きな窓を希望するのであれば、木造よりも適している鉄骨造やコンリート造のハウスメーカーとも比較検討するようにしましょう。

ただし、最近は従来よりも大きな柱を使用することで、これまで木造住宅では難しかった大空間を実現できる工法もあるので、そうした点もしっかりと予習しておくようにしましょう。

シズカホーム

※出典:https://shizuka-home.co.jp/archives/2091/

各社の構造については「建築工法の種類を比較!」の記事で詳しく解説しているので、気になる人はあわせてチェックしてみてください。

間取りにこだわる

家の間取りづくりは、述床面積が狭くなるほど経験や知識の差が出やすくなります。

つまり40坪クラスの家になると、同じような間取りを提案してくるハウスメーカーが増えるということです。

それが悪いことだとは言いませんが、後になって「あそこはもっとこうしておけば良かった」とか「あそこをもう少し工夫すれば坪数を減らすことができた」と後悔するケースも多くなります。

自分たちが希望している動線や部屋数がしっかり間取りに反映されているからOKではなく、隅々までしっかりと検証して、無駄のない間取りづくりを心がけるようにしましょう。

平屋は建ぺい率を確認

40坪程度の平屋を希望するのであれば、まずは土地の広さと建ぺい率に注意しなければなりません。

建ぺい率とは土地の広さに対して建物を建てて良い割合のことをいいます。用途地域によって建ぺい率の数値は異なりますが、建ぺい率50%という地域も珍しくありません。

もし建ぺい率50%の地域で40坪の平屋を建てようと思えば、土地の広さは最低でも80坪必要です。

一番多い建ぺい率60%でも土地の広さは約70坪なければ建てることはできません。

土地探しから考えているのであれば、建ぺい率の数値もしっかりチェックしておくようにしましょう。

坪単価40万円の地域であれば、建ぺい率が50%と60%でも、約10坪違ってきますので、40万円×10坪で400万円も高い土地代を払わなければならなくなります。

固定資産税に注意

固定資産税の減額措置があるので、新築から3年間は本来の固定資産税が2分の1になります。

この減額措置が適用されるのが、延床面積120㎡(36.3坪)までなので、それを超える部分に関しては減額措置の対象とならず、高い固定資産税を払うことになります。

まとめ

40坪の家を建てるのであれば、建物価格でローコスト住宅1,800万円、大手ハウスメーカー2,800万円くらいを考えておくのが良いでしょう。

ここからさらに付帯工事や諸経費などで30%ほどの費用が必要になるので、大手ハウスメーカーだと3,000万円以上を予算として検討しておく必要があります。

しかし、40坪もあれば希望通りのマイホームを建てることができるので、趣味の部屋をつくったり将来的には二世帯住宅にも対応できると思います。

ハウスメーカーにプランニングをお願いする際には他の家と似ないよう、自分たちの間取りの希望や予算を明確に伝えておくのがポイントです。