注文住宅で家を建てるためのポイントを解説します

「どうせマイホームを持つのだったらマンションも良いけれど、やはり一戸建ての方がいいし、できれば建売よりも注文住宅にしてみたい」

マイホームを持とうと思った時に、このような希望のある人は多くいます。しかし、建売住宅でしたらディベロッパーの展示場にいけば、物件の全てが分かります。所在地から基本価格、オプションの種類やその価格、支払方法までの全てが、展示場にいくだけで分かります。

しかし、いざ注文住宅を建てようと思ったら、いったい何から手を着けたらいいのか、どこに相談にいって、そこでは何を相談すればいいのか分からない、という問題が発生します。これをクリアーしなければ、注文住宅を建てることが出来ません。

このサイトでは、こんな疑問に対して有効な解決方法を分かりやすく解説していきます。

注文住宅は建売住宅と比べてどんな点がメリット?

注文住宅が持っている、建売住宅にはないメリットにはどのようなものがあるのか、気になります。建売住宅にはない、注文住宅のメリットを考えてみましょう。

まず、一番のメリットとしては「ONLY ONE」の住宅を持てることです。注文住宅はいってみれば、オーダーメイドのスーツと同じです。既成のスーツで「襟をあと2mm細くして欲しい」と思ってもそれは無理ですが、オーダーメイドの場合には可能になります。

注文住宅を建てようと思ったときに、法的な規制の範囲で外見・間取り・内装関係・設備などのすべては、建築主の好みによって決めることが可能です。要するに注文住宅は、自由度が高く、幅広い範囲に建築主の意志を反映させることできます。

またこのことは、先々のことを考えて設計を頼めば、将来のリフォームや増築をやりやすいことにもつながります。つまり、建築主が考えている理想の家に極めて近い建物を建てられる、ということになります。

他にも高い品質が期待できます。建売住宅の場合すでに出来上がった物、或いは竣工寸前の物件を買うわけなので、途中チェックは無理です。しかし、注文住宅でしたら、工事中に足を運ぶことも可能です。

工事開始前から、工務店とも直接意志の疎通を図れます。その結果として、信頼関係を築きやすく、任せて安心な状態を作ることが出来ます。

次に、保証の問題があります。工務店は「住宅の品質確保の促進等に関する法律」、通称品確法によって瑕疵担保責任を負わなくてなりません。この為、住宅瑕疵履行法により資力確保措置の一環として、瑕疵保険へ加入するか保証金の供託が義務付けられています。

これは、建売の場合も同じですが注文住宅の場合、直接工務店とやり取りができますから、責任の所在が明らかになるのでより安心です。

そして、設計時点から建築工法を選ぶことが出来ます。木造でも「在来工法」「2バイ4工法」などを選ぶことが出来ます。また、鉄骨を使った工法が安心だと思えば、軽量鉄骨や重量鉄骨を使った工法を選ぶことも可能です。

注文住宅のメリットは、かなり大きいですね。

注文住宅で失敗しないためのコツ

注文住宅を建てようと思った場合、まず何をポイントにして考えなくてはならないのか、ということが分かりません。

しかし、なんとなく、頭の中に完成予想図を思い浮かべながら、取り留めもなくいろいろなことを考えてしまいがちです。

これでは失敗してしまいそうですね。注文住宅で失敗しないコツは、具体的でしっかりした計画を立てることから始まります。

計画をしっかりと立てる(資金・プラン)

まず、いくら注文住宅は自由度が高いからといっても、現実的には資金の問題があります。用意できる資金の範囲でどんな住宅にできるのか、というプランニングをしてくことが、注文住宅で失敗しないための第一歩です。

その為には、事前に資金調達先の金融機関との打ち合わせにもとづいて、用意できる資金額を設計・施工を担当する人たちに伝えておく必要もあります。その資金の範囲で、どんなことが出来るのかということを把握して、プランニングをしましょう。

他の物件例を見る(住宅展示場・過去の事例)

具体的な建物のデザインプランや内装、設備などについては、なにか資料がなければ設計担当の人に上手く希望を伝えられません。あくまでもイメージだけを話していると、相手も自分の中でイメージを作りますから、最終的に希望とは違ってしまうことがあります。

その為には、設計事務所や工務店が過去に手掛けた物件の画像のコピーを集めることや、大手ディベロッパーの住宅展示場にいって、参考になりそうなものをカメラに収め、具体的な資料作りをすることが必要です。

資料を一括請求してプロに相談する

別のやり方として、総合的に注文住宅を扱っている会社に、資料を一括請求して検討する方法もあります。

こういう会社は数多くの注文住宅を扱っているプロ集団ですから、建築主が素人だということをしっかり分かってくれています。その為、有意義で現実的なアドバイスを受けることが可能です。

こういった会社のサイトがありますから、閲覧して参考にすることも必要でしょう。

注文住宅を建てる時に特に大変なことは?

注文住宅を建てる時に一番大変で、一番大事なことは、悪徳業者に騙されないことです。裏を返すと、優良な業者をどうやって見分けるのか、ということになります。

建築業界に勤務している人でしたら慣れていると思いますが、異業種の人にはなかなか大変な仕事です。

どうやって見分けたらいいのかには、3つのポイントがありますから、解説をしていきます。

基本的な接客

これは他の業種とあまり変わりません。クライアントの話をきちんと受け止めて、どれだけ現実に反映させてくれるのか、というところが重要です。

それと、他社のことをとやかく言うような営業マンでは、裏でこちらのことをなんといっているのか分かりません。そして、その営業マンの姿勢が、その会社の姿勢だともいえますから、要注意です。

商品知識

これも、他業種とあまり変わりません。どれだけ、商品である住宅のことを知っているのか、ということが大切です。

しかし、質問に答えられなくても「きちんと調べてお答えします」という姿勢があれば、大丈夫です。その姿勢は、会社の姿勢そのものだからです。

信頼度

これを調べるのは大変ですが、いわゆる口コミが一番頼りになります。耐久性や、工務店の技量、明瞭な価格提示方法、クレーム対応、必要な情報の開示などの口コミを調べてみると、信頼度を把握することが出来ます。

注文住宅の建てる段取り

注文住宅を建てる時の段取りですが、大きく分けて2段階あります。

まず、注文住宅を建てようと思った時から、見積もりまでが第1段階になります。資金計画を立てて予算を決めること、家のイメージを固めること、建築会社の情報を集めること、見積もりを依頼することの4つのステップになります。

次に、工事請負会社との契約から入居までが第2段階です。工事請負会社と契約をしてから建物の具体的なプランニング、あらかじめ打診をしておいた金融機関や工事請負会社と提携しているローン会社に申し込みをする、工事開始、竣工検査から入居という、やはり4ステップになります。

依頼する業者の種類と特徴

注文住宅を依頼する業者には、大きく分けて3つの業種があります。そして、それぞれの業種が持っている特徴があります。

どんな業種の業者には、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは日本国内全域、または広範囲にわたって事業展開をしている、住宅建築業者のことです。積水ハウスや、大和ハウス、パナホーム、ミサワホーム、住友林業、三井ハウス、へーベルハウスなどが代表的です。

どの会社も社歴が長いので、取扱件数が豊富なことが特徴です。その為、技術的なことはもちろんですが、注文住宅にかんするノウハウの蓄積が十分にあります。

さらに、不動産・一級建築士・工務店・ローン会社との提携など、注文住宅に必要なことに関しては、すべて揃っています。その為、総合的なアドバイスをしてもらえることも、大きな特徴です。

また、各社には得意分野があり、住友林業だったら森づくりから家づくりまで一貫してやっている、などという特徴があります。

設計事務所

多くの場合は一級建築士が代表を務めていて、建築物の計画立案、設計監理、工事監理などを行います。

建築主の要望を直接聞いてくれるなどの、設計前の段階からかかわってくれます。また、信頼のおける技術力の高い工務店を何社も知っています。工事中も、頼めば工事監理に出向いてくれるケースが多くありますから、安心です。

工務店

基本的には施工専門の会社です。つまり、大工さんの集合体のような感じです。社歴の長いところだと、技術的なノウハウはそうとう高いレベルにあります。

また、不動産会社や一級建築士とのつながりも深いので、案外なんでも面倒をみてくれるケースが多くあります。さらに、ローン会社と提携している工務店も多いので、資金調達面でも有利なケースもあります。

注文住宅で建てる前に考えておくこと

注文住宅は、ゼロから考えなくてはいけません。その為、建てる前にどんな家にしたいのか、建てる場所はどこにするのか、などと考えておかなくてはいけないことが、数多くあります。

では、あらかじめ考えておくべきこと、知っておいた方が良いことを、代表的な例で見ていきましょう。

どこに家を建てたいか(土地選び)

まず、どこに家を建てるのかを考えなくてはなりません。通勤や通学に便利で、買い物をするスーパーや商店街が近いけれども閑静であること、最寄り駅まで近くて経路が寂しくないことなど、考えることは数多くあります。

その為、同じ市区町村の中でも、候補を上げて、実際にロケーションを把握して判断する必要があります。

どんな家にしたいか(住宅のコンセプト・こだわり)

せっかく注文住宅を建てるのですから、外見や内装のデザインはどうするのか、設備はどのようにするのかなど、自分のこだわりを入れたコンセプトを作っておきましょう。

他にも、素材は何処産のなにを使うかなど、やはりこだわりを持っている人は、「どんな家にしたいか」の条件に入れておくと良いですね。

どのくらいの予算で収めたいか

予算は多ければ多いほど、希望の家に近いものが出来ます。お金はいくらかかってもかまわないから糸目をつけない、という人は別ですが、現実的には、何十年ローンにして月々の返済額はいくら程度、ということを決めます。

その範囲内で収まるように、無理のない計画を立てなくてはいけません。

人気の注文住宅の特徴

人気の注文住宅の特徴は、エクステリア・インテリアのデザイン性、高気密高断熱、掃除のしやすさ、快適性、構造・工法、趣味の実現など多岐にわたることです。

つまり、家族や自分自身がどれだけ満足できるのかということが、建築主に対する人気の原点です。施工を依頼する会社に、過去物件で人気の高かったものの画像やデーターを見せてもらい、これだったら、家族や自分にとって人気が出るだろうというものを見つける必要があります。

ローコスト注文住宅

ローコスト注文住宅とは、注文住宅ですが鋭意工夫を凝らして1坪あたりの施工単価を抑えた家のことをいいます。中には坪数にもよりますが、1棟2000万円を切ったり、限りなく1000万円に近い家もあります。

自然素材注文住宅

自然素材注文住宅とは、合板や集成材を一切使わないで、いわゆる自然の木から丸太を作ったり、板を作って建築された家です。つまり、100%無垢材使用の家のことです。

長期優良住宅

長期優良住宅とは長期間使用できる家を建てて、住宅の解体頻度を減らすことで廃棄物の量を減らし、自然にかける負荷を軽減させることを目的とした建築物のことです。

エコ注文住宅

エコ注文住宅とは、太陽光発電やヒートポンプなどのような、エネルギーの高効率化を目指した設備を取り入れた注文住宅のことです。

二世帯住宅

二世帯住宅とは、親子二世帯それぞれの家族が住める住宅です。間取りはいろいろで、ほとんどの空間を共用するタイプから、ある程度距離感のある隔離された空間を取るタイプなどがあります。

平屋注文住宅

平屋注文住宅とは、1層の注文住宅のことを示します。2階建て以上の建物のような、垂直方向の導線の必要がなく、すべての空間を水平方向で構築できます。

この為、ゆとりを感じることが出来るのと、建物内のどの空間も庭や自然とつなげることが可能です。季節の移り変わりや時の流れを、ゆったりと感じることが出来ます。

注文住宅を建てようと思った時には、このようなことを考える必要があります。ある程度の知識も必要ですし、時間も必要ですね。

このようなことを、一括で引き受けてくれて、専門的なアドバイスをしてくれる会社がありますから、利用してみることも良いと思います。

暮らしの達人グループサイト

  • マンション売却の達人
  • 家売却の達人
  • 引っ越し業者選びの達人
  • 部屋探しの達人
  • 住宅ローン
  • 住宅リフォームの達人
ページトップ