1,000万円~2,000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

「夢のマイホームを2,000万円以下で建てたい!…でも、本当に2,000万円以下で戸建ての注文住宅を建てることができるのだろうか?」と不安に思っている方も多いはずです。

いきなり冒頭から答えを書いてしまいますが、元ハウスメーカーの営業マンという立場から断言しますが、2,000万円以下でも戸建てのマイホームを建てることはできます。

もちろん、理想の間取りが実現できる注文住宅です。もっといえば1,500万円以内という予算でも注文住宅を建てることは可能です。

ここでは1,000万円~2,000万円台で注文住宅を建てるための極意や実際の間取りプラン、さらには2,000万円以下で注文住宅を建てることができるハウスメーカーまで、一気に紹介したいと思います。

1,000万円台で注文住宅を建てる

管理人が以前勤めていた某大手ハウスメーカーは、木造の注文住宅専門だったのですが、坪単価にすると最低55万円、諸経費や外溝工事費まで入れると総費用の坪単価は70万円ほどでした。

平均すると建築面積は35坪前後です。「35坪×70万円=2,450万円」になってしまいますし、さらには外溝工事や諸経費まで含めるとプラス500万円は下らないでしょう。これでは2,000万円以下で注文住宅を建てるのはちょっと厳しいということになります。

では、実際にどれくらいの坪単価や建築面積であれば、2,000万円以下で注文住宅が建てられるのでしょうか?

簡単に考えると、47万円であれば35坪の注文住宅を建てても本体工事費は1,645万円となり、それに付帯工事費が本体工事費の2割程度掛かったとしても1,645万円+330万円=1,975万円なので、2,000万円以下でおさめることができる計算になります。

この坪単価47万円と建築面積35坪という数字をよく覚えておいてください。

35坪の家ってどれくらいの広さなの?

過去のデータを調べてみると、各マイホームの平均的な広さがわかります。

  • 新築分譲マンション・・平均89.0㎡なので約27坪
  • 新築建売住宅・・・・・平均105.0㎡なので約31.8坪
  • 新築注文住宅・・・・・平均128.0㎡なので約38.7坪

注文住宅は平成12年度の平均が42.3坪(140.0㎡)だったことを踏まえても年々縮小傾向が強くなっていることがわかります。

実際に注文住宅の平均38坪と予算1,000万円台とした場合の35坪を比較すると、下記の間取りプランのようにわずかな違いでしかありません。どちらも3LDKの間取りになり、リビングが5帖ほど違うくらいで、あとは各部屋の広さもそこまで大きな差はありません。


出典:トラストホームHP

さらに新築分譲マンションと同程度の27坪の間取りプランだと以下のような感じになりますが、これもしっかり3LDKの間取りを確保できています。


出典:Neo Cube

坪47万円で建てることができるハウスメーカー

ローコスト住宅の中では比較的割高と言われるタマホームでも最終的な坪単価は平均45万ほどだと言われているので、そう考えるとほとんどのローコスト住宅が2,000万円以下の予算圏内ということになります。

大手ハウスメーカーだとさすがに厳しいかもしれませんが、ローコスト住宅といわれているハウスメーカーであれば、どこの会社に相談しても予算面で断られることはないでしょう。

大手ハウスメーカーであっても、当初から間取りが決まっている規格型住宅なら予算内に収まる可能性もありますが、注文住宅にこだわるのであれば難しいと思います。

こだわりの部分はオプションで対応

「高気密・高断熱住宅」や「地震に強い家」「健康住宅」など、どうしてもこだわりたい部分があるのでしたら、オプションで対応できるローコスト住宅を探すことを第一に考えるようにしましょう。

最近はローコスト住宅のハウスメーカーであっても様々なオプションに対応できる商品プランを用意してあるので、ローコスト住宅であったとしても大手ハウスメーカーに負けない高気密・高断熱住宅や耐震性能に優れた家を建てることができます。

例えばアイシネンという高い評価の断熱材がありますが、大手ハウスメーカーでも標準仕様でこの断熱材を使っている業者はほとんどないのですが、オプション料金さえ払えばローコスト住宅のレオハウスなどは対応可能となっています。

つまりこだわりたい部分がはっきりしているのであれば、家全体はローコストで建てておき、こだわりの部分だけはしっかりとお金をかけてオプションで対応するというやり方が賢いローコスト住宅の建て方だと思います。

予算2,000万円以内で検討できるハウスメーカー

  • タマホーム…坪単価は約43万円~48万円
  • アイフルホーム…坪単価は約38万円~45万円
  • ユニバーサルホーム…坪単価は約45万円~55万円
  • クレバリーホーム…坪単価は約38万円~45万円
  • アキュラホーム…坪単価は約40万円~47万円
  • レオハウス…坪単価は約32万円~42万円

各ハウスメーカーによって坪単価の面積計算方法などに違いがありますので、まずは気になるハウスメーカーで概算見積りとラフプラン(間取り図)を取り寄せてみましょう。

ラフプランの段階であれば詳しく間取りや設備を伝える必要はありません。まずは「広さ(35坪前後)」、「間取り(3LDKや4LDK)」、「予算(2,000万円以内)」、「工法(軸組工法や2×4)」などを伝えておけば十分です。

個別のハウスメーカーに見積りとラフプランを依頼した場合は、詳しくヒアリングしてからしか出してくれません。

手っ取り早く業者比較したいのであれば、一括で資料請求できるタウンライフの一括資料請求サイトを利用することをおすすめします。1度の請求だけで4社~5社くらいからプランや見積りを手軽に入手することができます。

上記にあげているローコスト住宅を得意とする業者も、一括資料請求サイトに登録されていますので、ローコスト住宅を効率的に比較したい場合も、効率よく比較することができます。

まとめ

予算1,000万円~2,000万円として考えた場合、間取りを好きに決めることができる注文住宅にこだわるのであればローコスト住宅に限定されてしまいますが、広さは40坪程度までなら十分に検討できる範囲内だと思います。

どうしてもこだわりの部分があるのでしたら、オプション対応してくれるローコスト住宅で検討するのも一考だと思います。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いはず。

そんな時に利用してもらいたいのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー24社の提案を、無料で比較することができます。

1位のタウンライフ家づくりと同じように、土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方も、このサービスを使えば会社のカタログも取り寄せることができますので、住宅会社選びを慎重に行いたい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


二世帯住宅をつくりたい場合

タウンライフ(二世帯住宅)

最近では高齢化が進み、二世帯住宅を建てる人も多くなっています。土地の購入が1箇所ですむため、他の部分にお金を掛けられるメリットも魅力的ですよね。

ですが、二世帯住宅は、バリアフリーにするための構造を考慮したり、2家族分の間取りを決めなければいけないなど、一般的な注文住宅を建てるより難しい部分が多いのも事実です。

そんな時はタウンライフ2世帯住宅特集を利用しましょう。タウンライフ注文住宅の基本サービスを軸に、二世帯住宅づくりを得意とする専門のスタッフと住宅会社が、一から家づくりをサポートしてくれます。

最短3分、約10項目の入力をするだけで、各住宅会社からの提案をもらうことができます。送られてきた提案を基に、自分の理想に近い提案をくれた信頼できる会社に依頼しましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ