1,000~2,000万円台の家の間取りと人気ハウスメーカー

1,000万円~2,000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

予算1,000~2,000万円台でどんな家が建てられるのか、ハウスメーカー別の間取りを解説します。

1,000万円台であればローコスト住宅が選択肢になり、2,000万円台であれば大手ハウスメーカーでも35坪程度であれば建てることができます。

それぞれの間取りを紹介していきますが、チェックするのが面倒な人は記事の最後で紹介している「ケース別おすすめ資料請求」を参考にしてもらえばと思います。

ローコスト住宅の間取り例

ローコスト住宅、大手ハウスメーカーの順に間取りを紹介しますが、気に入ったハウスメーカーや工務店が見つかっても自分の予算でどんな家が建てられるのかイメージしてから、相談に行くことおすすめします。

理由は、何も知識がない状態で相談にいくと営業マンのペースで話が進んでしまい、予算や間取りで失敗するからです。

実際にイメージするための方法はいくつかありますが、1つはハウスメーカーや工務店ではなく、住まいに関して中立的な立場でアドバイスしてくれる窓口で相談することです。

LIFULL HOME'S 住まいの窓口」のローコスト住宅講座では、建築会社の強みや特徴を把握したアドバイザーが、理想の暮らし方にあう業者を無料で提案してくれます。

注文住宅の予算を抑えるコツも教えてくれるのでおすすめなのですが、現在1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のみでの対応となっています。

近くに窓口が無い人や行く時間が無いという人には、注文住宅のカタログを請求サイトが便利です。「LIFULL HOME'S」では注文住宅の種類または1,000万円台からカタログを取り寄せることができます。

届いたカタログをじっくり見て比較すると、どんな家が建てられるのかイメージが沸いてくると思います。

これから紹介する間取りとイメージした家をもとに業者に相談に行けば、こちらのペースで話を進めることができると思います。

アイフルホーム

アイフルホームはフランチャイズ制のローコスト住宅を日本全国に展開しています。

家の開発や部材の仕入れはアイフルホームがおこない、建築や引き渡し後のアフターメンテナンスは、フランチャイズ加盟している、各地域の住宅会社や工務店がおこないます。

アイフルホームで人気のシリーズは以下になります。

  • セシボ:アイフルホームの主力商品で零/極/爽の3タイプが用意されている
  • i-Prime7:インターネット限定商品で間取りも仕様も全部ネットで決定
  • スプリーム:アイフルホームの3階建て住宅でスカイバルコニーにも対応

宮城県(予算1,000万円台の家)

セシボで延床面積が100.25㎡(30.32坪)です。リビング階段とリビングに吹き抜けがある間取りです。

30坪とこじんまりとした家ですが、夫婦と子ども2人(4人家族)には十分な広さが確保されています。

宮城県アイフルホーム

宮城県アイフルホーム間取り図

出典:https://www.eyefulhome-miyagi.com/example/13.html

石川県(予算2,000万円台の家)

展示場なので、少し広めの間取りですが、2階の子ども部屋は成長に応じて、部屋を分割できる仕様になっています。

夫婦と子ども2人の4人家族に最適な間取りではないでしょうか。

石川県アイフルホーム

石川県アイフルホーム間取り図

出典:http://www.siujoyo.jp/modelhouse/kanazawa-kita-morinosato.html

宮崎県(予算1,000万円台の家)

平屋住宅で延床面積は99.25㎡(30.0坪)です。夫婦+子ども2人(4人家族)ですが、平屋で4LDKを実現している効率の良い間取りに注目です。

しかも最初から間取りが決まっている規格型のプランであるため、建築費もかなり抑えることができています。

宮崎県アイフルホーム

宮崎県アイフルホーム間取り図

出典:https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_eyefulhome/103708_0000_13/jitsurei/jc_0032/

タマホーム

タマホームはローコスト住宅で人気のハウスメーカーで、自由設計だと坪40~45万円、規格住宅だと坪35~40万円ほどの価格帯です。

タマホームで人気のシリーズは以下になります。

  • 大安心の家:タマホームの主力商品で、長期優良住宅対応で充実の標準仕様が人気
  • 木麗の家:大安心の家より、さらに価格を抑えた商品です。自由設計対応
  • 木望の家:3階建て住宅。狭小地や二世帯住宅など広いニーズで人気

東京都(予算2,500~3,000万円の家)

大安心の家で延床面積は203.70㎡(61.6坪)です。ゆったりリビングの二世帯住宅で、家族構成は、夫婦+母+子ども2 人(5人家族)です。

二階にもセカンドリビングがあり、家全体も60坪オーバーと、二世帯住宅の中でも大きい家です。

東京都タマホーム

東京都タマホーム間取り図

出典:https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_tamahome/101745_0000_13/jitsurei/jc_0060/

京都府(予算1,500~2,000万円の家)

大安心の家で延床面積は121.50㎡(36.8坪)の5LDKです。

タマホームであれば、夫婦+子ども2人+父+母(6人家族)の二世帯住宅も予算1,000万円台で建てることができます。

間取りをみてもわかるように、玄関や廊下などの施工スペースを少なくすることで、建築費を抑えているのがわかります。

京都府タマホーム

京都府タマホーム間取り図

出典:https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_tamahome/101745_0000_13/jitsurei/jc_0030/

レオハウス

レオハウスは東証一部上場企業「ナック」の100%子会社です。

以前はタマホームと兄妹会社だったこともあり、家のつくりや営業形態はタマホームに良く似ています。レオハウスで人気のシリーズは以下になります。

  • 大人気の家 CoCo:基本仕様をベースに暮らしのこだわりをプラスできる家
  • CoCo Life:建築費を抑えたい人向けの規格型住宅。48種類のプランから選べる
  • CoCo ZEH:家庭で使う消費エネルギーを自給自足できる住宅

栃木県(予算1,500~2,000万円の家)

大人気の家で延床面積は111.37㎡(33.6坪)の3LDKです。夫婦と子ども1人(3人家族)なので、33坪でもかなりゆったりした間取りが確保できています。

家の間取りの凹凸は、家の耐震強度を高めるため、わざとこのような間取りにしたそうです。

栃木県レオハウス

栃木県レオハウス間取り図

出典:https://www.leohouse.jp/illustration/vol03/

香川県(予算1,500~2,000万円の家)

大人気の家で延床面積は113.03㎡(34.1坪)の3LDKです。

夫婦と子ども2人(4人家族)ですが、将来を見据えて平屋のマイホームを建てています。

34坪のゆったりとした平屋で、同じフロアに家族4人がいることでつねにリビングは笑顔で溢れています。

香川県レオハウス

香川県レオハウス間取り図

出典:https://www.leohouse.jp/illustration/vol05/

神奈川県(予算2,000~2,500万円の家)

大人気の家CoCoで延床面積は111.17㎡(33.6坪)です。

今は夫婦+子ども1人+愛犬1匹ですが、将来子どもが増えてもいいように、2階には子供部屋を2つ作ってあります。

それと将来、親と同居することになってもいいように、独立した和室を用意しています。

神奈川県レオハウス

神奈川県レオハウス間取り図

出典:https://suumo.jp/chumon/housemaker/rn_leohouse/129493_0000_13/jitsurei/jc_0016/

大手ハウスメーカーの間取り例

大手ハウスメーカーも一部を除けば、坪単価70万円前後なので、あまり大きな家でなければ、予算2,000万円台でも十分に注文住宅を建てることができます。

目安となる坪単価は以下のようになっています。

  • 一条工務店:67~73万円
  • 大和ハウス:65~73万円

一条工務店

一条工務店は、木造住宅部門では住友林業についで建築棟数2位の大手ハウスメーカーです。

豪華な標準仕様が人気で、とくに高気密・高断熱、シロアリ対策などが高く評価されています。

東京都(予算2,000~2,500万円の家)

延床面積が113.97㎡(34.5坪)の3LDKです。

34坪の平屋ですが、3LDKなので各部屋もそうですが、家事室を設けるなど、かなりゆったりした広さを確保してあります。

また、建物をコの字型にすることで、庭でバーベキューなどを楽しむこともできます。

東京都一条工務店

東京都一条工務店間取り図

出典:https://www.ichijo-gunma.com/lifestyle/3572/

宮城県(予算2,000万円台の家)

延床面積が134.21㎡(40.59坪)で3LDKの家です。

展示場の間取りなので、2階に商談スペースが設けてありますが、実際には3LDKの広さに相当する間取りになっています。

リビング部分に大きな吹き抜けを設けることで、天井が高く開放感のある家になっています。

宮城県一条工務店

宮城県一条工務店間取り図

出典:http://www.ichijo-miyagi.co.jp/tenji/murasakiyama.html

大和ハウス

大和ハウスは日本を代表する大手ハウスメーカーです。

最近は「天井が高い家」というキャッチフレーズで、さらなる顧客獲得を進めています。軽量鉄骨と木造住宅、どちらの構造にも対応できる販売力が魅力です。

長野県(予算2,000万円台の家)

延床面積が105.25㎡ (31.83坪)の家です。1階はLDKと和室、2階に主寝室と子ども部屋2つがあるので、夫婦と子ども2人(4人家族)にちょうどいい広さの家になっています。

大手の大和ハウスでも、総2階建てなので、これくらいの広さの家であれば、予算2,000万円前後で建てることができます

長野県大和ハウス

長野県大和ハウス間取り図

出典:https://matsumoto.fudousan.co.jp/details/108610364511

茨城県(予算2,000万円台の家)

延床面積が103.52㎡(約31.31坪)の家です。駐車スペースを3台確保しつつ、延床面積は31坪とコンパクトにまとまっている間取りとなっています。

リビング部分に吹き抜けを配置することで、より開放感のある空間にすることができています。

茨城県大和ハウス

茨城県大和ハウス間取り図

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/kanto/ibaraki/for-tatemono/plan.html

埼玉県(予算2,000万円台の家)

延床面積が92.78㎡(約28.06坪)の家です。3LDKで28坪ですから、無駄のない間取りになっています。

とくに1階2階ともに廊下が最小限に抑えられているのがポイントです。プランも総二階なので、建築費を抑えたい人は是非参考にして欲しいプランニングの1つです。

埼玉県大和ハウス

埼玉県大和ハウス間取り図

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/kanto/saitama/SChigashikawaguchi/plan.html

 

ここまで予算1,000~2,000万円の家の間取りを紹介してきましたが、もし自分で間取りを作成したい人は、「間取りがシミュレーションできる人気アプリ」の記事をチェックしてみてください。

スマホやPCで誰でも簡単に間取り図を作成できるアプリ(ソフト)を紹介しています。

間取りを書くのは難しいと思っている人も多いようですが、そんなことはありません。それに間取りをプロみたいに上手に書く必要もありません。

意図が相手(営業マンや設計士)に伝われば問題ないので、理想図としてアプリやソフトを使って自分の思い描く理想の家を作成してみてください。

1,000~2,000万円台の家を建てた人の体験談

栃木県/30代/レオハウス

子供が生まれるのを機にマイホームを建てようと一念発起しました。しかし現実は甘くなく、自分の収入ではどこのハウスメーカーも本気で取り合ってくれませんでした。

それもそのはず、銀行からは1,700万円(自己資金350万円)の融資が限度だという回答を頂いていて、土地から購入の自分たちとしてはマイホームは手の届かない夢の商品だったんです。

だけど友人からレオハウスを薦められ、最後の望みというと大げさだけど、それくらいの気持ちで相談にいきました。

レオハウスの営業Fさんは、そんな自分たちの気持ちを汲んでくれたのか、「その予算でもマイホームは建てられます」と断言してくれたんです。

それが自分たちにとってはすごく心強く、すごく勇気をもらいました。

奈良県/40代/大和ハウス

今年の春、大和ハウスの分譲地で注文住宅の話を進めていました。その地域は滅多に売り地がでないエリアだったので、すぐに飛びつきました。

場所も気にいり、こちらは前向きに検討したかったのですが、大和ハウスの営業さんからこう言われました。

「○○さんの予算(土地込み2,800万円)では、希望される家を建てるのは難しいと思います」
「2階の子ども部屋を2つから1つに減らせば何とかなるかもですが」

大和ハウスでなく、タマホームとかアイフルホームの家だったら予算内で足りるのに、やっぱり大手だと難しいんだと断念しました。

もう少し予算に余裕があればよかったのですが。

千葉県/30代/ユニバーサルホーム

マイホームを建てるなら絶対に床暖房と太陽光発電のオール電化が絶対条件でした。それと木の家が良かったから木造住宅しか選択肢になかった。

住友林業、一条工務店、ヤマダエスバイエル(現在はヤマダホームズに社名変更)で相談したけど、どこも予算2,000万円以内では無理との回答だった。

ローコストのタマホームとユニバーサルホームに相談することに。ユニバーサルに決めたのは標準で地熱床システムがついていたから。

それでもタマホームの床暖房なしと、ほぼ同額だったから得した気分になれたので結果オーライですけど。

1,000~2,000万円で家を建てた人の体験談を紹介してきましたが、ポイントとなるのがハウスメーカー選びです。少ない予算でも業者によっては、マイホームを建てることができます。

「LIFULL HOME'S」では建物の種類や予算に合わせて、マイホームの資料を無料で取り寄せることができます。プランを比較することで同じような間取りでも、安く建ててくれる業者が見つかるので便利です。

1,000万円台で家を建てる際のポイント

ここ数年、新築戸建て住宅の建築面積は縮小傾向にあります。10年前は40坪ちょっとだったのが、今では35坪に程度です。

仮に1,000万円台で35坪の家を建てると考えた場合、47万円という数字がポイントになってきます。

47万円というのは坪単価のことです。坪単価47万円で35坪の家を建てるのですから、

35坪×47万円=1,645万円

さらに、付帯工事費が本体工事費の2割程度掛かったとしても

1,645万円+330万円=1,975万円

なんとか1,000万円台でおさめることができます。

ローコスト住宅を考えているのであれば、家の広さ35坪、坪単価47万円というのが、目安になるので、これを覚えておけば多少家の大きさが変わっても対応できます。

大手ハウスメーカーで1,000万円台は厳しい

積水ハウスや大和ハウスなど、大手ハウスメーカーの平均坪単価は70万円前後になります。

その計算でいくと予算2,000万円以内で新築住宅を建てるためには、建築費として、

24坪×70万円=1,680万円

くらいが限界なので、あまり現実的な家を建てることができません。

さらに注文住宅というのは、家の面積が小さくなればなるほど坪単価がアップするのが一般的です。

ですので、大手ハウスメーカーの平均坪単価70万円といいましたが、それは35~40坪を想定した場合です。

24坪となればさらに坪単価はあがり、75万円くらいになるでしょう。そうなるとさらに小さく22坪くらいが限界になります。

このように大手ハウスメーカーで1,000万円台の注文住宅を建てるのは難しいので、予算を2,000万円台にするかローコスト住宅を検討することになります。

こだわりはオプション対応

「高気密・高断熱住宅」や「地震に強い家」「健康住宅」など、どうしてもこだわりたい部分があれば、オプションで対応できるローコスト住宅会社を探すのがおすすめです。

最近はローコスト住宅のハウスメーカーでも様々なオプションに対応できるプランを用意しているので、大手ハウスメーカーに負けない高気密・高断熱住宅や耐震性能の家を建てることができます。

例えばアイシネンという人気の断熱材があります。

大手ハウスメーカーでも標準仕様でこの断熱材を使っている業者はほとんどありませんが、オプション料金を払えば、ローコスト住宅のレオハウスでは対応できます。

つまり、こだわりたい部分がはっきりしているのであれば、家全体はローコストで建てておき、こだわりの部分だけはしっかりとお金をかけ、オプションで対応するというやり方が、賢いローコスト住宅の建て方だと思います。

まとめ

予算1,000万円台で、間取りを好きに決めることができる注文住宅にこだわるのであれば、ローコスト住宅に限定されてしまいますが、広さは40坪程度までなら十分に検討できる範囲内だと思います。

2,000万円台の予算になれば、大手のハウスメーカーでも十分検討できる範囲となります。ただしあまり大きな家ではなく、35坪~40坪くらいの広さを想定しておきましょう。

最後にできるだけ安くマイホームを建てるコツをアドバイスしておきます。

それはハウスメーカーや工務店の見積もりやプランをできるだけたくさん比較することです。

業者を比較することで競争意識が高まり値下げ交渉しやすくなると同時に、自分の理想の家を建てるのにいくら必要なのか相場も分かってきます。

家づくりで損しないためにも、以下のようなハウスメーカーや工務店の資料請求できるサイトを利用して、比較してみてください。

ケース別おすすめ資料請求サイト

ローコスト住宅を建てたい人

LIFULL HOME'Sローコスト

できるだけ安く満足する家を建てるためには、ローコスト住宅が得意な業者を徹底的に比較する必要があります。業者を比較する際に便利なのがLIFULL HOME'Sのカタログ請求です。

サイトには大手ハウスメーカーから地元工務店まで登録していて、気になる業者のカタログを無料で取り寄せられます。

しかも全国47都道府県、市区町村別で請求可能なので、建設予定地でローコスト住宅を建てられる業者が効率よく見つかります。

気になった業者のカタログ請求してを検討すれば、限られた予算で理想の家を建ててくれる業者が見つかると思います。

公式サイトはこちら

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S1000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から取り寄せることができ、目安となる坪単価も分かるので便利です。

ページトップ