1,000万円~2,000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

1,000万円~2,000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

「マイホームを1,000万円台で建てたい!でも、実際建てられるのか?」

と不安に思っている人も多いと思います。長年ハウスメーカーの営業マンとして働いていた経験から、1,000万円台でも戸建てのマイホームは建てられます。

ここでは1,000万円~2,000万円台で注文住宅を建てるためのポイントや実際の間取りプラン、さらには1,000万円台で注文住宅を建てることができるハウスメーカーをまとめているので、参考にしてください。

【目次】1,000万円~2,000万円台の注文住宅
  1. 1,000万円台で注文住宅を建てるには?
    1. 間取りはどんな感じになるのか?
    2. 坪単価は47万円が目安になる
    3. こだわり部分はオプション対応
  2. 1,000万円台で候補となるハウスメーカー
  3. まずは資料請求をしてみよう

1,000万円台で注文住宅を建てるには?

管理人が以前勤めていた某大手ハウスメーカーは、木造の注文住宅専門だったのですが、坪単価にすると最低55万円、諸経費や外溝工事費まで入れると総費用の坪単価は70万円ほどでした。

建築面積の平均は35坪前後なので最低でも、

35坪×55万円=1,925万円

になってしまいます。外溝工事や諸経費まで含めると約2,450万円になってしまいます。これでは1,000万円台で注文住宅を建てるのは厳しいということになります。

では、実際にどれくらいの建築面積や坪単価であれば、1,000万円台で注文住宅が建てられるのでしょうか?

ポイントとなる数字は「建築面積35坪」「坪単価47万円」です。建築費用を計算すると以下のようになります。

35坪×47万=1,645万円

付帯工事費が本体工事費の2割程度掛かったとしても

1,645万円+330万円=1,975万円

なので、1,000万円台におさめることができます。今後、建築面積35坪と坪単価47万円がポイントになるのでよく覚えておいてください。

35坪の間取りはどんな感じになるのか?

過去のデータを調べてみると、それぞれのマイホームの平均的な広さがわかります。

  • 新築分譲マンション:約27坪(平均89.0㎡)
  • 新築建売住宅:約31.8坪(平均105.0㎡)
  • 新築注文住宅:約38.7坪(平均128.0㎡)

注文住宅は平成12年度の平均が42.3坪(140.0㎡)だったので、年々狭くなっていることがわかります。

実際に注文住宅の平均38坪と先ほどの35坪を比較すると、下記の間取りプランになり違いはわずかです。リビングが5帖ほど違うくらいで、どちらも3LDKの間取りで残りの部屋の広さはほぼ同じです。

35坪
38坪

出典:トラストホームHP

さらに新築分譲マンションと同程度の27坪の間取りプランだと以下のような感じになります。こちらもしっかり3LDKの間取りが確保できています。

27坪
出典:Neo Cube

坪単価は47万円が目安になる

先ほど解説したように35坪で1,000万台の注文住宅を建てるには、坪単価を47万円以下にする必要があります。

ローコスト住宅の中で比較的割高と言われるタマホームでも最終的な坪単価は平均45万だと言われているので、ローコスト住宅メーカーであれば1,000万円台の予算圏内ということになります。

大手ハウスメーカーは厳しいかもしれませんが、当初から間取りが決まっている規格型住宅なら予算内に収まる可能性もあります。

こだわり部分はオプション対応

「高気密・高断熱住宅」や「地震に強い家」「健康住宅」など、どうしてもこだわりたい部分があれば、オプションで対応できるローコスト住宅を探すのがおすすめです。

最近はローコスト住宅のハウスメーカーでも様々なオプションに対応できるプランを用意しているので、大手ハウスメーカーに負けない高気密・高断熱住宅や耐震性能の家を建てることができます。

例えばアイシネンという人気の断熱材があります。大手ハウスメーカーでも標準仕様でこの断熱材を使っている業者はほとんどいませんが、オプション料金を払えばローコスト住宅のレオハウスでは対応できます。

つまり、こだわりたい部分がはっきりしているのであれば、家全体はローコストで建てておき、こだわりの部分だけはしっかりとお金をかけてオプションで対応するというやり方が賢いローコスト住宅の建て方だと思います。

1,000万円台で候補となるハウスメーカー

メーカー名 坪単価
レオハウス 約32万円~42万円
アキュラホーム 約40万円~47万円
タマホーム 約43万円~48万円
クレバリーホーム 約45万円~50万円
ユニバーサルホーム 約45万円~55万円
アイフルホーム 約47万円~52万円

各ハウスメーカーによって坪単価の面積計算方法などに違いがありますので、まずは気になるハウスメーカーで概算見積りとラフプラン(間取り図)を取り寄せてみましょう。

ラフプランの段階であれば詳しく間取りや設備を伝える必要はありません。まずは「広さ(35坪前後)」、「間取り(3LDKや4LDK)」、「予算(2,000万円以内)」、「工法(軸組工法や2×4)」などを伝えておけば十分です。

個別のハウスメーカーに見積りとラフプランを依頼すると、詳しくヒアリングしてからしか出してもらえません。

簡単に業者比較したいのであれば、一括で資料請求できるタウンライフの一括資料請求サイトが便利です。1度の請求で4社~5社くらいからプランや見積りを手軽に入手することができます。

上記にあげているローコスト住宅を得意とする業者も、一括資料請求サイトに登録されていますので、ローコスト住宅を効率的に比較したい場合も、効率よく比較することができます。

まとめ

予算1,000万円~2,000万円として考えた場合、間取りを好きに決めることができる注文住宅にこだわるのであればローコスト住宅に限定されてしまいますが、広さは40坪程度までなら十分に検討できる範囲内だと思います。

どうしてもこだわりの部分があるのでしたら、オプション対応してくれるローコスト住宅で検討するのも一考だと思います。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いはず。

そんな時に利用してもらいたいのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー24社の提案を、無料で比較することができます。

1位のタウンライフ家づくりと同じように、土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方も、このサービスを使えば会社のカタログも取り寄せることができますので、住宅会社選びを慎重に行いたい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


平屋住宅を建てたい場合
                 

タウンライフ(平屋)

平屋住宅は階段が無いので、小さいお子さんや高齢者がいる家庭でも安心です。建物自体の高さが低く構造的に丈夫なので、地震などの自然災害にも強いです。

LDKや水回りなどの生活スペースが1つのフロアで完結しているので、掃除や洗濯などの家事の負担も軽減でき、家族のコミュニケーションもとりやすいでしょう。

また生活空間がコンパクトにまとまるため、冷暖房の効率が良くなります。高気密・高断熱で、年間を通して過ごしやすい住まいになります。

公式サイトはこちら

 

ページトップ