土地探しに強いハウスメーカーの選び方と注意点

土地探しに強いハウスメーカーの選び方と注意点

これから家を建てようと計画している人で、土地の購入について悩んでいる人向けに、土地探しが得意なハウスメーカーを紹介します。

土地の購入は家を建築するハウスメーカーでもできますし、土地だけを扱う不動産会社でも相談できます。

ただし、ハウスメーカーに土地探しを依頼する場合、家の建設も一緒に依頼するのがマナーです。

そのため、より慎重に業者選びを行わないと家づくりで失敗するので注意してください。

土地探しが得意なハウスメーカー

最初に、土地探しが得意なハウスメーカーを紹介します。

どのメーカーも注文住宅で人気のメーカーなので、坪単価などを比較してどこが自分にあっているのか、チェックしてみてください。

もしハウスメーカー選びで困っている人は、注文住宅の相談と同時に土地探しをやってくれる業者が見つかる「LIFULL HOME'S」を利用してみてください。

サイトには全国47都道府県別に土地探しが得意な業者が登録しているので、効率よく自分にあう業者が見つかると思います。

積水ハウス

積水ハウス

メーカー名 積水ハウス株式会社
本社住所 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト
電話番号 06-6440-3111
対応エリア 全国※沖縄を除く
坪単価 65万~80万円
ホームページ http://www.sekisuihouse.co.jp/

積水ハウスは、「積和不動産」という不動産部門をもっているので、他のハウスメーカーより、掘り出し物件の土地情報が入ってきやすいと思います。

それと分譲団地などの開発や小規模、大規模造成にも積極的なので、そういう情報を優先的に入手することができます。

大和ハウス

大和ハウス

メーカー名 大和ハウス工業株式会社
本社住所 大阪府大阪市北区梅田3丁目3番5号 大和ハウス大阪ビル
電話番号 06-6346-2111
対応エリア 日本全国 ※一部道県を除く
坪単価 55万円~75万円
ホームページ https://www.daiwahouse.co.jp/index.html

大和ハウスは、不動産流通事業部という仲介・売買を専門とした部署をもっていますし、グループ会社には「大和リビング」という不動産会社があります。

積水ハウスと同じように、日本を代表するハウスメーカーですので、土地探しの評判も高いです。

また土地開発や造成も積極的におこなっており、建築条件付きの土地ですが、周辺環境が良い分譲地を紹介してもらえるのも、大和ハウスに土地探しをお願いするメリットの1つです。

住友林業

住友林業

メーカー名 住友林業株式会社
本社住所 東京都千代田区大手町1丁目3番2号
電話番号 03-3214-2220
対応エリア 全国※沖縄を除く
坪単価 70万~90万円
ホームページ https://sfc.jp/

住友林業には不動産部門の「住友不動産」があると思っている人も多いでしょうが、この2社は同じ住友財閥グループではありますが、グループ企業という訳ではないので注意してください。

ただ住友林業には、「住友林業不動産サービス」や「すみなび」という不動産仲介の部署があります。

しかも建築条件がついていない土地も多く、掘り出し物件が期待できます。

タマホーム

タマホーム

メーカー名 タマホーム株式会社
本社住所 東京都港区高輪3丁目22番9号 タマホーム本社ビル
電話番号 0120-923-000(9:00~20:00)
対応エリア 日本全国(沖縄を除く)
坪単価 平均38万円~45万円
ホームページ http://www.tamahome.jp/

タマホームでは、お客さんの土地探しにも対し、積極的に営業マンがサポートしてくれます。

担当の営業マンに希望のエリアで土地を探してもらうこともできますし、不動産会社から紹介された土地があれば、タマホームの営業マンと一緒に土地を見学に行くこともできます。

ハウスメーカーの営業マンと一緒に土地をみることができれば、自分たちが希望する間取りに関して幅広くアドバイスしてもらうことができます。

セキスイハイム

セキスイハイム

メーカー名 積水化学工業株式会社
本社住所 大阪府大阪市北区西天満2丁目4番4号 堂島関電ビル
電話番号 06-6365-4122
対応エリア 全国※沖縄を除く
坪単価 60万~80万円
ホームページ http://www.sekisuiheim.com/

セキスイハイムでは各地の展示場で「土地さがしフェア」などを開催しており、土地さがしのお手伝いをしてくれます。

土地さがしフェアでは、専門の営業さんが土地さがしのコツや、土地選びのポイントなどをわかりやすくアドバイスしてくれますので、これから土地さがしを始める人にも好評です。

もちろん土地さがしフェアが開催されてないときでも、担当の営業マンに土地さがしの相談や依頼をすることができます。

ハウスメーカーに土地探しを依頼する際の注意

ハウスメーカーに土地さがしをお願いするのであれば、希望する土地がみつかった場合、その土地を紹介してくれたハウスメーカーで建物の建築をお願いするのがマナーです。

土地は積水ハウスの営業マンが探して紹介してくれたけど、建物は大和ハウスにお願いする!というのでは、これは筋が通りません。

ですので、土地さがしをハウスメーカーにお願いするのであれば、自分たちが本当にその家を建てても良いと思えるハウスメーカーだけにしておきましょう。

ハウスメーカーと不動産屋どちらがおすすめ?

どちらが良いという断言はできませんが、不動産会社とハウスメーカーの両社に、土地探しをお願いしておくのがいいと思います。

理由はそれぞれにメリットデメリットがあるからです。

ハウスメーカーに依頼するメリットデメリット

まずは、ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリットデメリットから解説します。

メリット
  • 未公開の土地情報があつまりやすい
  • 仲介手数料がかからない
  • 建築条件に合う土地を探してくれる
デメリット
  • 土地紹介=建物もそのハウスメーカーとなる

ハウスメーカーには、不動産業者から市場に公開される前の土地情報が入ってくることが多々あります。

とくに付き合いがある不動産業者に「○○地域で土地を探している」と伝えておけば、条件に見合う土地の売却相談があったときは、真っ先に情報を提供してくれるでしょう。

また自社で開発した土地であれば仲介手数料が掛からないケースもあります。

そしてなにより、施主の希望に見合う土地だけを提案してくれるので、余計な手間を省くことができます。

ただ、ハウスメーカーに紹介された土地を購入するのであれば、必然的にそのハウスメーカーに建物の建築もお願いしなければならないことなるので注意しましょう。

不動産会社に依頼するメリットデメリット

次に、不動産会社に土地探しを依頼するメリットデメリットを解説します。

メリット
  • どこよりも早く物件情報が入ってくる
  • 土地を買ってからじっくりハウスメーカー選びができる
  • 値引き交渉が有利
デメリット
  • つなぎ融資が必要
  • 仲介手数料がかかる

やはり売主から直接、土地売却の依頼を受けるのは不動産会社なので、どこよりも早く売り物件の情報が集まるのが最大のメリットだと思います。

そして売主と直接値引き交渉ができるのも、不動産会社の営業マンしかいません。

ただしハウスメーカーを決める前に土地だけ購入してしまうと、住宅ローンが使えないので、つなぎ融資を利用しなければならず、手間も費用も掛かってしまいます。

紹介される土地の違い

土地探しにおいて、ハウスメーカーと不動産会社の最大の違いはお互いの目的にあります。

ハウスメーカーの目的は、土地を売ることではなく、家を建ててもらうのが最終目標です。それに対し、不動産会社の目的は土地を売ることです。

極端な例をあげるなら、不動産会社は土地さえ売れればOKなのですが、ハウスメーカーはそうじゃありません。

つまりハウスメーカーが薦めてくれる土地は、その後に家を建てることを考えた土地ということです。

なるべく家にお金を使ってほしいので、余計な出費がかかる土地を紹介することはありません。

仲介手数料について

ハウスメーカーは仲介業ではないので、仲介手数料が不要と思っている人も多いでしょう。しかし、これはケースによって違います。

例えば積水ハウスやダイワハウスなどは、グループ企業が不動産会社も経営しているので、その不動産会社で売買契約をすることになり、そうすると当然仲介手数料がかかります。

だったら一条工務店やタマホームのように、不動産会社を持たないハウスメーカーだったらどうなのでしょうか? 

この場合、その土地情報を持ってきたのが不動産会社であれば、仲介手数料は通常通り発生します。

しかし、ハウスメーカーの営業マンが直接地主と交渉したりして探してきた土地であれば、これは不動産会社を通さなくても売買契約は成立できますので、行政書士などに書類の手続きだけお願いすれば、仲介手数料は発生しません。

まとめ

土地さがしは、ハウスメーカーと不動産の両方にお願いしておくのが理想だと思います。

その場合、ハウスメーカーの担当者には、お願いしている不動産会社名は伝えておくようにしましょう。

土地だけさがしてもらって、建物は別のハウスメーカーにお願いするのはマナー違反ですので、事前にハウスメーカーや工務店をしっかり比較しておく必要があります。

比較せずに家づくり計画を進めると、間取りや予算で後から後悔することにになるので注意してください。

ケース別のおすすめ資料請求

土地から相談したい人

LIFULL HOME'S(土地相談可能)

土地を持っていない人が注文住宅を建てる際は、土地探しが得意な業者同士を比較することがポイントです。

業者には得意不得意があり、土地探しが苦手な業者と契約すると間取りや予算で失敗するので、注意してください。

LIFULL HOME'Sでは、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで土地探しが得意な業者のカタログを取り寄せることができます。

全国47都道府県、市区町村別で請求可能なので、建設予定地別のおすすめ業者が効率よく見つかります。

公式サイトはこちら

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S1000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ページトップ