土地探しをハウスメーカーにお願いするのはアリかナシか?

土地探しをハウスメーカーにお願いするのはアリかナシか?

土地探しや仲介をお願いできるのは、不動産会社だけだと思っていませんか? もしそう思っているのであれば、それは間違いです。

とくに注文住宅の場合は、不動産会社以外にも頼りになる存在があります。

よく頂く質問の中に、「土地探しをハウスメーカーに依頼しても大丈夫なのでしょうか?」と尋ねられるのですが、今回は土地探しと家を建ててもらうハウスメーカーの関係について、わかりやすく解説していきたいと思います。

不動産会社とハウスメーカーの両方で、営業マンをしていた経験がある筆者だからこそ知っている裏話も公開しますので、ぜひ土地探しの参考にして頂ければと思います。

【目次】土地探しはハウスメーカーにお願いするべきか?
  1. ハウスメーカーに土地探しを依頼できるの?
  2. 不動産会社とハウスメーカー、どっちに依頼するのが良いの?
    1. 不動産会社に土地探しを依頼するメリット
    2. ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリット
  3. まとめ

ハウスメーカーに土地探しを依頼できるの?

最初から答えになってしまいますが、家を建ててもらうハウスメーカーに土地探しを依頼することは出来ます。

といっても、不動産会社のように媒介契約を締結して依頼するのとは違い、「良い土地があれば紹介してくだい」とか、「もし良い土地を紹介して頂ければ、建物の請負契約も御社で前向きに検討しますので」というように、かなりフランクな感じでお願いすることが多いです。

不動産会社のように土地探しのための媒介契約などは不要です。そのため、比較検討しているハウスメーカーが5社あるとしたら、その5社すべてに土地探しをお願いすることも全然ありです。

ただし、土地を探してくれたハウスメーカーがあるとしたら、そのハウスメーカーと建物の請負契約を締結することがマナーです。土地は○○ハウスメーカーに探してもらったけど、建物の建築請負契約は▲▲ハウスメーカーと締結したというのでは、さすがにこれは頑張ってくれたハウスメーカーが可哀想です。

不動産会社とハウスメーカー、どっちに依頼するのが良いの?

どっちが良いという断言はできませんが、不動産会社とハウスメーカーの両社に、土地探しをお願いしておく感じで良いのではないかと思っています。

不動産会社には、媒介契約という制度がありますが、ハウスメーカーに土地探しを依頼しても、媒介契約のような制度はありません。

ただし不動産会社の媒介契約も、一般的には売却を依頼するときに用いられる制度で、物件の購入をする際は形式的な意味合いで用いられるのが通例です。そのためほとんどが専属専任などではなく、一般媒介契約という形を取ります。

不動産会社が仲介手数料を頂くためには、顧客と媒介契約を締結していることが決まりになっているので、このような形式的な形を取ります。

不動産会社に土地探しを依頼するメリット

やはり売主から直接、土地売却の依頼を受けるのは不動産会社なので、どこよりも早く売り物件の情報が集まるのが最大のメリットだと思います。

そのため不動産会社の営業マンと信頼関係が築けていれば、ホームページなどで情報公開される前の掘り出し物件を紹介してもらえる可能性もあります。

そしてもう1つ、売主と直接値引き交渉ができるのも、不動産会社の営業マンしかいません。

ハウスメーカーに土地探しを依頼するメリット

不動産会社の営業マンは、売却依頼を受けると、まずは自分の顧客リストから条件が合いそうな人へ打診をします。

そこで決まらなければ、次は付き合いがあるハウスメーカーなどに、条件が合いそうな顧客がいないか物件情報を提供して、誰か購入してくれそうな人を紹介してもらうことを考えます。

このような理由から、ハウスメーカーにはまだ公開されてない掘り出し物件情報が、あらゆる不動産会社から集まる傾向にあります。

そのためハウスメーカーから紹介される土地は、ホームページなどでは公開されてない土地情報なので、紹介された人もなおさら掘り出し物件のように感じて、購入を決断する人が多いといわれています。

ハウスメーカーから土地を紹介されるメリットとして、よく「不動産会社と違い、仲介手数料が発生しない」とサイトなどで紹介されていますが、ハウスメーカーから紹介された土地は本当に仲介手数料がかからないのでしょうか?

その他のメリットとして、ハウスメーカーが間に入ることで、相場よりも割高な物件を買わされる可能性が減りますし、売買契約前に地盤調査をしてもらえるケースもあります。

ハウスメーカーから紹介された土地は仲介手数料が掛からない?

この話はわりと勘違いされている方が多いので、ここでしっかりと解説しておきたいと思います。

ハウスメーカーは不動産会社と違って、仲介業ではないので「仲介手数料が不要」ということが、多くのサイトなどでも紹介されています。

これが正しいのか、それともウソ情報なのかという問題ですが、答えは紹介してもらったハウスメーカーによって異なります。

例えば積水ハウスだったり、ダイワハウスなどは、グループ企業が不動産会社も経営しているので、当然その不動産会社で売買契約をすることになり、そうすると当然ですが仲介手数料は発生します。

だったら一条工務店やタマホームのように、不動産会社を持たないハウスメーカーだったらどうなのでしょうか? 

この場合、その土地情報を持ってきたのが不動産会社であれば、当然その不動産会社に仲介してもらうことになるので、仲介手数料は通常通り発生します。

ただし、ハウスメーカーの営業マンが直接地主と交渉したりして探してきた土地であれば、これは不動産会社を通さなくても売買契約は成立できますので、行政書士などに書類の手続きだけお願いすれば、仲介手数料は発生しません。

まとめ

土地探しをハウスメーカーにお願いすることは可能ですが、不動産会社に依頼するのと同じで一長一短があり、すべての人にとって不動産会社よりも、ハウスメーカーの方が土地探しに優れているとは断言できません。

ただし、ハウスメーカーで土地を探してもらうメリットも多く、せっかくなら不動産会社とハウスメーカーの両方に土地探しをお願いしておくのが、一番理想の形なのではないかと思います。

それとハウスメーカーが土地を紹介してくれたら、仲介手数料が発生しないと言われてたりしますが、基本的には仲介手数料は発生します。

仮に行政書士などに依頼して、仲介手数料が掛からないようにできたとしても、売買トラブルが発生したとき仲裁してくれる人がいないのは、大きなデメリットだと思います。

そう考えると、やはり土地の売買契約は仲介手数料を払ってでも、不動産会社に依頼するのが賢い選択なのではないでしょうか。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いと思います。

そんな時におすすめなのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー27社の提案を、無料で比較することができます。

土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

忙しくて大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方は、このサービスを使えば簡単にカタログを取り寄せることができますし、自宅で慎重にハウスメーカーを比較したい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


二世帯住宅をつくりたい場合

タウンライフ(二世帯住宅)

最近では高齢化が進み、二世帯住宅を建てる人も多くなっています。土地の購入が1箇所ですむため、他の部分にお金を掛けられるメリットも魅力的ですよね。

ですが、二世帯住宅は、バリアフリーにするための構造を考慮したり、2家族分の間取りを決めなければいけないなど、一般的な注文住宅を建てるより難しい部分が多いのも事実です。

そんな時はタウンライフ2世帯住宅特集を利用しましょう。タウンライフ注文住宅の基本サービスを軸に、二世帯住宅づくりを得意とする専門のスタッフと住宅会社が、一から家づくりをサポートしてくれます。

最短3分、約10項目の入力をするだけで、各住宅会社からの提案をもらうことができます。送られてきた提案を基に、自分の理想に近い提案をくれた信頼できる会社に依頼しましょう。

公式サイトはこちら

 

ページトップ