自然エネルギーを活用した省エネ住宅の特徴と相場価格

自然エネルギーを活用した省エネ住宅の特徴と相場価格

自然エネルギーを有効活用した「省エネ住宅」といえば、どんな家を想像しますか?きっと2種類に意見が分かれると思います。

「太陽光発電システムなどを使い光熱費が安くなる省エネ住宅」
「なるべく電気消費量を少なくするエコ型省エネ住宅」

どちらも省エネに配慮したエコ住宅なので、この2つのどちらが省エネ住宅だという答えはありません。しかしこの2つの住宅は、同じエコ省エネ住宅でも、家のコンセプトが大きく異なります。

まだまだ発展途上の省エネ住宅ですが、今後も益々需要は高まることが予想できます。今回はこの省エネ住宅について解説していきます。

自然エネルギーを利用した省エネ住宅とは

自然エネルギーと言えばどういった物を想像するでしょうか。多くの人が太陽光、風力、地熱などを思い浮かべると思います。

そのなかでも代表的なのが太陽光を利用し、そのエネルギーを電力に変える太陽光発電システムです。太陽光を利用して自家発電することで、一般家庭で使用する電力の7割から8割を補うことができ、電気代の節約になるとてもありがたい住宅です。

しかし、まったく違った省エネ住宅もあります。例えば、自然の風を利用した通気を考え、必要最低限のエアコンで快適に暮らせる家づくりを目指したり、冬は自然の太陽光を室内にうまく取り込むことで、快適な室内温度を保てる家づくりを目指したり。

つまり、「消費する電力を必要最低限に抑えることができるのがエコ住宅」というわけです。このような住宅のことを別名、「パッシブ住宅」や「パッシブハウス」と言います。

自然エネルギーを利用し、電気代をなるべく抑えることを目的とするか、家づくりを工夫することで、なるべく電力を消費しないことを目的とするか。このように目指しているものが全然違います。

当記事でも、この2つの住宅を比較することはせずに、別の目的がある住宅として、それぞれ紹介していきます。

電気代を減らすことができる住宅づくり

屋根に太陽光パネルを設置すれば、電気代を大幅に節約することができます。実際に家のまわりにも、屋根に太陽光パネルを設置している住宅が数多くあるはずです。

このような住宅のことを「ソーラー住宅」と言っていたのですが、最近はあまりソーラー住宅という言葉は聞かなくなりました。それに変わって「省エネ住宅」、「エコ住宅」、「0円住宅」、「スマート住宅」などの名称を聞く機会が増えてきました。

これらの住宅の基本となっているのが、太陽光発電システムです。一般的に広く認知されているエコ住宅といえば、このように太陽光発電システムで電力を自給し、家庭用電力に変換して使用するタイプの住宅です。同時に住宅を高気密・高断熱にすることで、より少ない電力で快適に過ごせる家づくりを目指しています。

太陽光発電システムで電気代0円も夢じゃない

太陽光発電システムを利用することで、家の電気代を大幅に節約することができます。単純なことですが、一日10kwの電力を使っているとして、それだと6kwの太陽光パネルを設置することで電気代を6割節約できますよというのが、太陽光発電システムの仕組みです。

つまり、電気代がこれまでの4割程度に削減できます。もちろん太陽光パネルの設置枚数を増やせば、それだけ発電できるkwは大きくなりますので、家全体の電量をすべて太陽光発電システムで賄うこともできます。

太陽光発電

オール電化にすればガス代も節約できる

最近の新築住宅の8割は、オール電化住宅だという調査データがあります。オール電化、つまりガスを使わない住宅という意味です。調理するコンロやお風呂もすべてガスを使わず、IHコンロや電気温水器などの電化製品を使用します。

ガス代金を払わずにすむいっぽう、それだけ電気代が増えます。しかし増えた分の電気代は太陽光発電システムや深夜電力などを組み合わせることで、結果としてガスを使うよりも光熱費の削減ができる仕組みです。

地熱を利用したエコ住宅も増加傾向

エコ住宅は太陽光発電システムだけではありません。最近は地熱を利用したエコ住宅にも注目が集まっています。地熱は太陽光発電システムのように家全体の電力を賄うのではなく、おもに地熱床システムという方式が採用されています。

電力を使わず、家の構造を工夫することで夏は涼しく、冬は暖かい家づくりができます。床暖房システムを組み合わせることで、さらに快適で光熱費を抑えるエコ住宅にすることもできるでしょう。

地熱を利用したエコ住宅

出典:https://www.universalhome.co.jp/technology/geothermal_floor/02.html

その他のエコ住宅の取り組み

太陽光や地熱、風力など活用できる自然エネルギーは限られています。ですので、家そのものにエコ住宅の工夫が必要になります。

例えば、高気密・高断熱にしたり、高性能な窓ガラスを採用することで、より少ない電力で快適な室内空間を維持することができます。政府が掲げている2020年の「省エネ新基準の家」も、基本的にこの原理だと思ってください。

今後は、より多くのエネルギーを創ることができ、より少ない消費エネルギーを目指す住宅づくりが主流となっていくと予想しています。また、最近やっと開発が進み始めた、エネルギーを蓄えることができる蓄熱方式の家にも注目したいところです。

エコ住宅のまとめ

このような、省エネ住宅が目指す方向性は、以下のようにまとめることができます。

  • 太陽光発電システムでエネルギーを創り、光熱費の削減を目的としている
  • より高気密・高断熱の家をつくることで、わずかな消費電力で快適に過ごせる家づくり
  • 地熱などの自然エネルギーを利用した家づくり
  • IT技術などを取り入れ、より少ない消費エネルギーで暮らせるスマート住宅

エコ住宅は、より多くの電気を作りだし、より消費電力が少ない家づくりを目指す家です。これから説明するパッシブ住宅とは、似ているようですが目指す方向が異なります。

エネルギー消費を減らすことが目的の住宅づくり

パッシブ住宅やパッシブハウス。あまり聞き覚えのない言葉かもしれませんが、今かなり注目を集めている新しいエコ住宅の在り方です。

「自然エネルギーを利用した家づくり」といえば、多くの人が太陽光発電システムなど利用した住宅を想像します。しかしこのパッシブハウスの本来の目的は、自然エネルギーをそのままの形で利用し、さらには家の高気密・高断熱性能をアップさせることで、消費する電力を最小限に抑える家づくりです。

近年は光熱費が高くなりがちな北海道などを中心に、このパッシブハウスが増加しています。光熱費を抑えることができる家づくりを目指す人にとっては、魅力的な住宅であることは間違いなさそうです。

ちなみに、このパッシブハウスはドイツで誕生し、エコ住宅の究極型ともいわれていますが、日本で最初にパッシブハウスが作られたのは、2009年に鎌倉で建てられた家だといわれています。つまり、まだ日本に誕生してわずか10年弱という本当に新しいエコ住宅の在り方なのです。

そのため管理人も、このパッシブハウスについては、まだまだ勉強不足の面があるので、今後さらに勉強しながらより詳しく加筆していきたいと思いますので、今回はこのパッシブハウスの概要だけ簡単に解説します。

パッシブハウスとは

パッシブハウスは理論的に説明すると大変難しいと思います。少なくとも管理人はそう感じました。

なぜかというと、パッシブハウスそのものがまだメジャーでないため、その建築会社などによって解釈もまちまちだからです。インターネットや書籍をみて勉強しようと思っても、サイトや書籍によって書いてあることがバラバラだったり、矛盾してる点が多いように思ったからです。

ですのでこれは管理人個人の解釈になりますが、パッシブハウスをわかりやすく説明するなら、以下のような家づくりだと思って頂ければ良いかと思います。

  • 自然の風の流れを利用して家を建てるため、高台だったり、まわりにあまり建造物がない土地が適している。
  • ダイレクトゲインなどを利用し、太陽光発電パネルを使わずに太陽光を蓄積させる住宅
  • 地下の地熱を利用し、夏は涼しく、冬は暖かい住宅
  • 夏や日中の熱い日差しは室内に入れず、冬は日中の暖かい日差しを室内により多く取りこめる工夫をした住宅
  • 断熱材や高性能窓ガラスを採用することで高気密・高断熱をさらに強化し、損失エネルギーを最小限に抑える住宅

太陽光パネルなどで創造した電気をフルに活用する住宅ではなく、あくまでも自然なエネルギーをそのままの形で有効活用するため、構造や立地に配慮した住宅。さらに構造や使用する素材を、より断熱性の高い物を採用することで、室内のエネルギーを外に逃がさない住宅のことだと、管理人は解釈しています。

パッシブ住宅とは

出典:http://www.matsuzaki-komuten.co.jp/housing/

パッシブハウス

出典:http://passivehouse-japan.org/ja/concept/

パッシブハウスが目指すもの

パッシブハウスはまだまだ発展途上のエコ住宅だと言われています。このパッシブハウスが目指すものは、一軒家でもエアコンは一台という究極のエコ住宅です。

たった一台のエアコンでもパッシブハウスなら、家の中全体に通気が巡るような間取りになっているため、十分に冷暖房の役割を果たすことができるのだそうです。

現在の戸建て住宅といえば、1部屋に1台エアコンがついてるのが当たり前になっています。それを一家に一台で補えることができるのであれば、光熱費も大幅に節約できますし、なにより環境に優しい超エコ住宅になります。

パッシブハウスの5大要素

パッシブハウスづくりに欠かすことができない5大要素があります。

  • 断熱性能
  • 日光利用
  • 自然風の取り込み
  • 日射遮断
  • 自然熱の有効利用

断熱性能

パッシブハウスの核となる部分は、この断熱性能にあります。断熱性能が十分でなければ、どんなに他の項目で優れた家を建てても意味がありません。抜群の断熱性能を保つことができる家だからこそ、わずかな自然エネルギーでも快適に過ごせるマイホーム作りができます。

一般的な住宅の断熱材の厚みは75mm程度です。しかしパッシブハウスのなかには、断熱材となるグラスウールの厚みを300mmにしてる家もあります。断熱材は単純に厚くすればそれだけ断熱効果が高くなるというものではありません。

緻密な計算があって初めてその性能を発揮することができます。ですので、パッシブハウスはそれだけしっかりと緻密に断熱性能が考えられた家だというのがわかります。

日光利用

昼間の日光を最大限に利用するのがパッシブハウスの醍醐味でもあります。目指すところは冬の時期でも昼間なら暖房をつけなくとも、日光のみでポカポカ快適に過ごすことができる家づくりです。

特に一日で家族全員が一番過ごす時間が長いリビングは、より多くの窓を設けて最大限日光を取りこめる配慮がなされています。

夏の熱い日は日光を遮断する家、そして冬の寒いときは日光を取り入れる家を目指すので、夏と冬では目指す方向性が真逆になります。これがパッシブハウスの難しいところでもあります。

自然風の取り込み

パッシブハウスで断熱性能と同じくらい大事に考えられているのが「通風」です。この場所に家を建てれば、自然風が家の中をどのように通り抜けるのかなどを考慮しながら、間取りや窓の配置を考えていきます。

つまり、設計士にとって一番腕の見せ所でもある反面、設計士や建築士の力量がハッキリと現れるポイントでもあります。

「卓越通風」や「立体通風」など、あまり家づくりでは聞きなれないキーワードが多数でてくるので、家を建てる側の人も最低限の知識くらいは勉強しておかなければなりません。

日射遮断

パッシブハウスでいうところの日射遮断とは、夏のカンカンに熱い日差しを、少しでも家の中に取り込まないようにする取り組みのことです。

どんなに家の断熱性能をあげ、室内の空気を外に逃がさないようにしても、夏の熱い日差しは窓から入ってきます。一般的な家庭で日射遮断といえば、レースのカーテンをつけるくらいなのですが、パッシブハウスでは日射を遮断するために、わざわざ窓の外に大きな樹木を植えたりすることもあるそうです。

樹木で日射を遮断

出典:http://www.global-kansai.or.jp/ecohouse/data/30.html

木を植えるというのは少し大げさかもしれませんが、軒を長めに作り、なるべく日中の日差しを取り込まないようにするなどの工夫もあります。

軒や庇で日射を遮断

出典:http://www.global-kansai.or.jp/ecohouse/data/12.html

自然熱の有効利用

パッシブハウスで注目されているのが、この「自然熱の有効利用法」です。冬場に威力を発揮するのですが、昼間の日差しを室内に取り込み、その熱を蓄熱することで夜間や悪天候の日でも室内を快適な温度に保つようにします。

このような方式のことを「ダイレクトゲイン方式」といいます。これから家づくりを考えているのであれば、ぜひ知っておきたい用語の1つだと思いますので注目しておきましょう。

ダイレクトゲイン方式

出典:http://www.global-kansai.or.jp/ecohouse/data/22.html

パッシブハウスの建築コスト

次世代型の住宅として注目されているパッシブハウスですが、問題は建築コストです。地熱システムを採用したり、断熱材を厚くしたりする必要があるため、建築コストは通常の戸建て住宅よりも割高になってしまう傾向が強いです。

建築会社によってばらつきはありますが、現時点でパッシブハウスを建てようと思えば、坪単価にして80万円が妥当なラインだと思います。場合によっては坪単価100万円を超えるケースもあります。

たしかに自然環境に配慮し、省エネ性も抜群だとは思いますが、この建築コストがデメリットになっているのは否めません。

パッシブハウスが今以上に注目を集めるためには、この建築コストの問題をクリアすることが第一条件だと思います。せめて高くても坪単価70万円台でおさまならなければ、なかなか手が出しづらい住宅だと言えるでしょう。

管理人もまだまだ勉強中の分野ですので、わかりづらい説明も多々あったかと思います。もしパッシブハウスについてさらに詳しく知りたいというのであれば、「パッシブハウス・ジャパン」という非営利の社団法人がありますので、そちらのホームページを参照して下さい。

『パッシブハウスとは』
厳しい燃費の基準を乗り越えた家のこと。 断熱材や高性能な窓、熱ロスの少ない換気システムなどを駆使して、 寒さや暑さをガマンしない、快適さを生み出す家。 自然の力を最大限利用し、少ないエネルギーで、快適な暮らし。 日本の気候風土を利用した燃費の基準を、パッシブハウスジャパンは示します。

パッシブハウス・ジャパンHP:http://passivehouse-japan.org/ja/

ページトップ