平屋住宅への建て替えをリフォームを費用相場から徹底比較

平屋住宅の注文住宅を建てる時の注意点と相場価格

現在の2階建てを平屋にしたい人向けに、「建て替え」と2階部分のみを解体する「減築リフォーム」どちらがおすすめなのか解説します。

費用的には減築リフォームの方が安く済みますが、その差が200~300万円程度しかないため「建て替え」を選択する人がほとんどです。

この記事では平屋住宅に建て替えする際のポイントを分かりやすくまとめるので、ぜひ参考にしてください。

費用が安くてお得なのはどっち?

二階建て住宅を解体して平屋住宅に建てなおすのか、減築リフォームで平屋住宅にするのか、実際にどちらがお得なのか解説します。

減築リフォームとは、二階建て住宅の二階部分を取り除くなど、家そのものの面積を小さくしてしまうリフォーム工事のことをいいます。

実際は、冒頭でもふれたようにあまり差額がないので「建て替え」を選ぶ人がほとんどです。なぜ、そこまで費用が変わらないのか確認しながらチェックしてもらえばと思います。

平屋住宅への建て替え費用

古くなった二階建て住宅を取り壊し、新たに平屋を新築で建てる場合の費用についてですが、既存の二階建て住宅が木造であるなら、解体費用は70万~100万円ほどかかります。

そして新築で建て替える費用としては、ローコストで有名なタマホームの場合30坪ほどの平屋住宅であれば、約1,100~1,300万円くらいになると言われています。

トータル費用としては解体費用まで含めて1,200~1,500万円くらいを目安に考えばいいと思います。

両者を比較すると若干減築リフォームのほうが安く収まりますが、200~300万円ほどの差しかないので、実際は建て替えを選択する人が多いです。

管理人が住宅会社の営業をしていたときも減築リフォームの相談を何度か受けたことがありますが、ほとんどのお客さんは最終的に建て替えを選ばれていました。

減築リフォームの費用

二階部分を取り除くだけなので、そんなに工事費が掛からないと思っているかもしれませんが、減築で二階建てを平屋にするのは、予想しているよりも費用がかかります。

二階建て住宅を平屋に減築リフォームするのに掛かる費用は、目安として800~1,200万円ほど必要です。

二階建て住宅を平屋に減築するのですから、当然これまでの二階部分はすべて撤去し、屋根もいったん剥がしてしまわなければなりません。

そして撤去した瓦礫を処分するのにも、かなりの費用がかかります。目安としては、古家を一軒まるまる壊してしまうのと同じくらいの費用がかかると思ってください。

そして新たに平屋部分の天井と屋根を載せ代えなければなりません。その他にも減築した平屋の内装のリフォーム工事などが必要になるので、意外と費用がかかります。

減築リフォームの実例

減築リフォームの参考となる実例がありましたので紹介します。子供さんの独立にともない2階建てを平屋住宅にしたケースです。

内装も全面的にリフォームされており、リフォーム面積は29坪。総リフォーム費用は1,500万円、工期は3ヶ月です。

リフォーム前

減築リフォーム・ビフォー

リフォーム後

ジャーブネット「福岡県メイクハウス」

出典:http://www.jahbnet.jp/koumuten_0044/reform/77

減築リフォームの過程

また、別のサイトになりますが減築リフォームする際の過程が分かる画像がありましたので、こちらも合わせて紹介します。

どんな感じで工事をするのかイメージできると思いますので、参考にしてください。

減築リフォームの過程

出典:https://rehome-navi.com/shops/91/cases/99

 

両者を比較してしてみるとほぼ費用が変わらないので、建て替えを選ぶ人が多いことが分かります。

実際に建て替えを検討している人は、平屋住宅は得意な業者を探すのがポイントです。実は、ハウスメーカーや工務店には得意不得意があって、間違った業者に依頼すると家づくりで失敗します。

平屋住宅が得意な業者を探すのに便利なのが、「LIFULL HOME'S」の平屋住宅特集です。現在住んでいるところで、平屋住宅が得意な業者のカタログを取り寄せ比較することができます。

カタログ請求は無料で、気に入る業者がなければ契約する必要がないので、安心して利用できます。これから紹介するハウスメーカーを含めて比較しておけば、満足する平屋住宅を建てることができると思います。

「LIFULL HOME'S」の平屋住宅特集はこちら

平屋住宅で人気のハウスメーカー

ここでは平屋住宅として人気が高いハウスメーカーを3社紹介したいと思います。

今回は平屋住宅を建てるハウスメーカーの中でも「外観がおしゃれ」と定評があるハウスメーカーを中心にピックアップしてみたので、参考にしてください。

大和ハウス

大和ハウスでは、軽量鉄骨「xevoΣ(ジーヴォシグマ)平屋暮らし」と木造「xevoGranWood(ジーヴォグランウッド)-平屋暮らし-」という2種類の平屋住宅があります。

xevoΣ(シーヴォシグマ):軽量鉄骨の平屋

xevoΣ(シーヴォシグマ)

できるだけ大開口の空間を作りたいのであれば軽量鉄骨のジーヴォシグマがおすすめです。天井が高いので平屋でもゆったりした空間づくりができます。

xevoΣ(シーヴォシグマ)

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoSIGMAhiraya/plan/plan1.html

xevoGranWood(ジーヴォグランウッド):木造の平屋

xevoGranWood(ジーヴォグランウッド)

ジーヴォグランウッドには、好みによりいくつかのタイプから選べるようになっています。

木造ならではの木の温もりを感じることができます。こちらも天井が高く背の高い観葉植物置くても、ゆとりのある空間を実現できます。

xevoGranWood(ジーヴォグランウッド)

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoGranWoodHiraya/suggestion.html

大和ハウス「ジーヴォグランウッド」

出典:https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoGranWoodHiraya/index.html

三井ホーム

三井ホームの平屋には2つのタイプがあります。

  • モア・ストーリー:夫婦ふたりでゆっくり暮らせる平屋住宅がコンセプト
  • ウエストウッド:三角屋根が特徴のアメリカンテイストの平屋住宅

かなり対照的なタイプの平屋なので、幅広いニーズにも対応できるようになっています。

モア・ストーリー

三井ホーム「モア・ストーリー」

街中に建てる平屋、田舎暮らしの平屋など、あらゆる立地を想定し、いろいろなタイプの平屋に対応できる商品になっています。

三井ホーム「モア・ストーリー」

出典:http://www.mitsuihome.co.jp/home/product/morestory/plan/

ウエストウッド

三井ホーム「westwood」

見るからにアメリカンテイストの外観が印象的な平屋住宅で、かわいいデザインで若い世代にも人気です。

ですので、階段の昇り降りもあまり気にならないのであれば、屋根裏部屋もつくることができ、子供たちがいる子育て世帯にも十分な広さが確保できる平屋住宅になっています。

三井ホーム「westwood」

出典:http://www.mitsuihome.co.jp/home/product/westwood/

一条工務店

一条工務店

もともと耐震性能や高気密・高断熱性能には定評がある一条工務店ですので、平屋住宅としての人気も高いハウスメーカーです。

以前はレンガ調のデザインに好き嫌いがありましたが、最近は洋風テイストの外観もあり、木造本来の純和風のタイプと人気を分けています。

一条工務店

出典:https://www.ichijo-gunma.com/lifestyle/3572/

一条工務店「ライフスタイル・平屋」

一条工務店「ライフスタイル・平屋」

出典:https://www.ichijo-gunma.com/lifestyle/3387/

一条工務店「円熟の家 百年」

出典:https://www.ichijo-gunma.com/products/hyakunen/

平屋に建て替える際のポイント

ここからは平屋住宅のメリット、デメリットを交えながら、人気の理由についても考えていきたいと思います。

平屋住宅のメリット

  • 家族間のコミュニケーションが向上
  • 階段がなく老後も安心
  • 地震に強い

家族間のコミュニケーションが向上

家族全員が同じフロアで生活するため、自然と家族間のコミュニケーションが増えます。

子育て世帯で人気なのが、リビングを中心に各自の部屋につくるタイプです。こうすることで、必ず外出時にも帰宅時にもリビングを通ることになります。

間取り動線

出典:https://sfc.jp/ie/lineup/grandlife/terracestyle/plan/

階段がなく老後も安心

高齢世帯であれば階段がないことで、日常的に1階と2階を往復する必要がなくなります。

階段の昇り降りは年齢を重ねるにつれて苦痛になってくるので、今は特に問題なくても高齢になった時のことを考えると平屋は安心できます。

また若い世代でも階段スペースを有効活用できると思います。

一般的に階段に取られてしまうスペースは5畳程度と言われているので、その分を子供部屋や書斎などに置き変えることができます。

地震に強い

地震に強い家を希望するに平屋住宅は人気です。理由は2階建て住宅よりも構造が安定しており、建物に対する負荷が軽減できるからです。

平屋住宅のデメリット

  • 坪単価は二階建て住宅より割高に
  • 広い土地が必要
  • プライバシーや防犯面に不安

坪単価は二階建て住宅より割高に

同じ35坪の家を建てる場合、二階建て住宅よりも平屋住宅の建築費が高くなります。

これは二階建て住宅に比べ、平屋のほうが基礎や屋根の面積が広く、それだけ建築費が掛かってしまうからです。

目安としては、総二階建て35坪の家と比べ同じ35坪の平屋住宅だと基礎工事の面積と屋根の面積はおよそ2倍になります。

広い土地が必要

平屋住宅にする場合は、ある程度広い土地が必要になってきます。現在、狭い土地で2階建て住宅に住んでいる人は、別の場所で建てなおす必要がでてくるかもしれません。

土地代が高い都心部なればなるほど、この土地費用の負担増が大きくのしかかってくるので注意してください。

プライバシーや防犯面の不安

平屋は同じフロアーに家族全員が生活するので、コミュニケーションがとりあやすい反面、家族同士のプライバシーに注意しなければなりません。

また、屋外からも容易に部屋の中が見えてしまうため、屋外からのプライバシー確保も重要になります。

そしてもう1つ注意しておきたい問題が防犯面です。屋外から家全体の様子が見えてしまうので、空き巣などの犯罪にあう確率が高くなると言われています。

まとめ

現在の建物を平屋にする方法は「減築リフォーム」か「建て替え」のどちらかにになりますが、費用は若干「減築リフォーム」の方が安い程度なので、「建て替え」を選ぶ人が多いです。

実際に建て替えを検討している人は、まずは自分達が信頼できるハウスメーカーや工務店を探すところから始めてください。

そのために必要なことは、平屋住宅が得意な業者をなるべく多く比較することです。

しかし、ハウスメーカーや工務店の数が多くて平屋住宅が得意な業者がどこなのか分からない人がほとんどだと思います。

そこでおすすめなのが、得意な業者が簡単に見つかる「LIFULL HOME'Sの平屋住宅特集」です。

サイトには平屋住宅の建築実績が多い業者のみが登録していて、建設予定地で自分達の予算に合うハウスメーカーや工務店が効率よく見つかります。

自分達で行う作業はピックアップされた業者の中から、気に入った家のカタログを取り寄せて比較するだけです。

サイトは無料で利用できて、気に入った業者が見つからなければ契約する必要もないので、安心して使えます。

カタログを家族で見比べて相談してみてください。限られた予算で満足する家を建てることができると思います。

ケース別のおすすめ資料請求

平屋住宅を建てたい人

LIFULL HOME'S平屋

平屋住宅を建てる場合、建築実績が経験豊富な得意な業者同士を比較することがポイントです。

業者には得意不得意があり、平屋住宅の実績の少ない業者と契約すると間取りや予算で失敗するので、注意してください。

LIFULL HOME'Sの平屋住宅特集では、大手ハウスメーカーから地元の工務店まで得意な業者のカタログを取り寄せることができます。

全国47都道府県、市区町村別で請求可能なので、建設予定地別におすすめ業者が見つかります。

公式サイトはこちら

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S2000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ページトップ