平屋住宅の注文住宅を建てる時の注意点と相場価格

平屋住宅の注文住宅を建てる時の注意点と相場価格

新築一戸建てといえば、二階建て住宅をイメージする方が多いと思いますが、少し前までは日本の戸建て住宅は、平屋建てが一般的でした。二階建て住宅が一般に普及し始めたのは、戦後からです。それまでは日本の家屋といえば、平屋建て住宅が一般的でした。

しかし昨今、新築で平屋建てを希望する方が増えています。もちろん年配層だけでなく、若い年代の施主でも平屋を希望することが増えています。

理由は人それぞれあると思いますが、平屋が見直されている理由をいくつか紹介します。

平屋建てを選ぶ理由

総バリアフリー住宅、建築費の削減、耐震性能など、平屋建てを選ぶ理由は様々です。それでは具体的に解説します。

階段の上り下りは老後になると大変

いくらバリアフリー住宅といっても、二階建て住宅となれば、必ず階段があります。若いうちは苦にならない階段の上り下りも、年を重ねると辛いものです。二階に子供部屋を作るのが一般的だと思いますが、子供は早ければ数年で自立し、家を出ていきます。

そうなると二階の部屋は、ほとんど使うことはなくなり、ただ空気の入れ替えのためだけに、辛い階段の上り下りを毎日しなくてはなりません。

その点、平屋であれば当然階段はありませんし、子供が独立したあとも、空き部屋を趣味の部屋にしたり、書斎にしたり応用しやすくなります。

自分の住んでいた子供部屋を思い浮かべて下さい。今はどう使われているのかと考えると、普段使うことなく、無駄なスペースになっているという方も多いと思います。

平屋だと建築費の削減になるのか?

二階建て住宅より平屋の方が、建築費を抑えられると思っている方も多いようですが、残念ながらこれは真実ではありません。

確かに一見すると、平屋の方が簡単に建てられるようなイメージがあります。しかし基礎や屋根の面積が増えるので、建築費は高くなりますし、階段を作らない分、廊下の面積が増えたりします。このことから、プラン次第ではありますが、一般的には二階建てよりも平屋の方が建築費は高くなる傾向にあります。

耐震性能があがる

二階建て住宅と比較すると、平屋の方が耐震性能は格段にあがります。よって、地震や台風に強い家を考えているのであれば、二階建て住宅よりも平屋建て住宅の方が地震や台風に強い家だと言えます。

東日本大震災や熊本大地震のニュース映像でも、倒壊している家屋の多くが、二階建て住宅で、その一階部分が潰れて二階部分が落ちてきている建物ばかりでした。

太陽光発電システムにも効率が良い

平屋建てにすることで、屋根の面積も増えます。その為、太陽光発電のソーラーパネルを乗せる部分を多く確保できます。当然多くの太陽光パネルを搭載することができれば、それだけ多くの電力を発電できるので、売電面でもより多くの利益を生み出すことができます。

太陽光発電システムを積極的に取り入れたいのであれば、二階建て住宅よりも平屋建ての方が、発電能力が高い家を作ることができます。

天井が高く解放的な空間を作れる

平屋建てにすることで天井を高くすることができ、より解放的な空間を作ることができます。マンションでは絶対できないことですし、二階建て住宅でも天井の高さには限界があります。

平屋を建てるときの注意点

ここでは、平屋を建てるときに注意しておくべきポイントをいくつか紹介します。

広い敷地が必要

二階建て住宅の二階部分をそのまま1階部分に持ってくるので、当然平屋建ての方が広い敷地が必要になります。平屋を希望しても、土地が狭いと諦めることもあります。

もともと実家があったような広い土地に平屋を建てるのであれば、そこまで土地の問題は関係しません。しかし、これから土地まで購入して平屋を建てる計画であれば、土地探しにも少し苦労することになりますし、資金的な問題も出てくるでしょう。

費用がかさむ

上の項目でも説明したように、平屋は二階建てよりも建築コストが掛かると言われています。確かに基礎を組む部分と、屋根を載せる部分が大きくなるので、これだけでもかなりの出費になります。建築時に足場を組む必要がなくなるという面は節約になりますが、基礎と屋根の費用はそれ以上に掛かるのです。

プライバシーの確保が難しい

隣の家が二階建てであれば、やはり外からの視線は気になります。よほど広い土地なら別ですが、普通の団地や分譲地の場合は、すぐ隣に他の家が建っているので、二階から覗かれると部屋の中が丸見えになってしまいます。

そのことから、外からの視線が気になって、カーテンをなかなか開けることができなくなると言う方もいます。他にも、家族同士でプライバシーの確保ができないということもあります。

例えば犬や猫のペットを飼っていると、自由に出入りできるように、部屋のドアを少しだけ空けておくことも増えます。そうすると、リビングの会話やテレビの音が子供部屋まで丸聞こえになることもあり、気になって勉強に集中できないということが起こる可能性があります。

二階建てと平屋建ては同じ坪単価なの?

これまでの解説から、二階建て住宅よりも平屋建ての方が、建築費は高くなるケースが多いということは理解して頂けたと思います。費用がかさむ理由としては、基礎工事部分や屋根部分が、二階建て住宅の2倍になるためです。では坪単価はどうなのでしょうか。

例えばA工務店で「坪単価40万円で建てます」と言われた場合、40坪の家を建てると単純計算で1,600万円になります。これが平屋の40坪の家だとしたら、坪単価40万円で建てることは可能なのでしょうか。 

もしかすると、坪単価40万円で建てられる工務店もあるのかもしれませんが、大手ハウスメーカーなどは、坪単価もアップするシステムのところも多いのが現状です。

平屋建てだとどれくらい坪単価がアップするのかというと、40坪ほどの家であれば、約10,000円~15,000円ほど高くなります。総額40万~60万円ほど高くなるという結果ですが、工務店やハウスメーカーによっては、坪単価30,000円ほど高くなるケースもあるようです。

このように、平屋建ての価格というのは、建設会社によってかなり異なるケースが多いので、なるべく多くの建設会社に相談、比較してベストの依頼先をみつけることが望ましいと言えます。

ただ、契約せずにプラン(間取り図)だけ作成依頼するのは、気が引けるという方も多いと思います。そのような場合は、一括相談ができるサイトを利用するといいでしょう。

以下のサイトであれば、「プラン作成」「資金計画」「土地探し」を無料で複数の建築会社から取り寄せることができます。

タウンライフ(平屋)

Town life家づくり『平屋住宅特集サイト』はこちら

今回ご説明したように、平屋での住まいづくりをお考えの方は、その暮らしやすさに魅力を感じていると思います。家族とのライフスタイルや将来的なライフプランを良く考え、理想の住まいづくりができるようにしましょう。

ページトップ