高気密高断熱の特徴と、外張り断熱・充填断熱工法の違い

一戸建て住宅の高気密・高断熱性能は年々進化しています。この高気密・高断熱性能を重視して、家を建てるハウスメーカーを決める人も少なくありません。それくらい高気密高断熱の家には魅力があります。

そこで今回は、今注目度が高い「高気密・高断熱」について解説します。

高気密高断熱住宅とは

高気密と高断熱は意味が違います。

高気密

家全体の気密性を高めることで、一定の温度を保つことができる住宅。

高断熱

壁や天井裏に断熱材を敷き詰めて室内と屋外を遮断することで、熱が伝わるのを防ぐ住宅。

もっとわかりやすく言えば、家の隙間をなるべく無くして、隙間風が入ってこないようにしたり、室内の空気が外に逃げないようにしたりするのが高気密、そして屋根や窓から熱が建物に伝わるのを防ぐのが高断熱です。

高気密高断熱住宅にすることで、少ない電気代で室内の温度を一定に保つことができるため節約にもなります。家全体を同じ温度に保つことで、ヒートシックなどの病気予防にもなるコストパフォーマンスに優れた健康住宅ということです。

最近の戸建て住宅は、この高気密高断熱化が進んでいるため、24時間換気システムの設置が義務付けられているほどです。つまり24時間換気システムを設置しないと、屋内に充填している空気を外気と入れ替えることができないほど、高気密高断熱化が進んでいるということです。

自然換気ができないということは、冬場にストーブや石油ファンヒーターをつけておくと、一酸化炭素中毒を引き起こしてしまう場合や、湿気が出ることでカビやダニの繁殖に繋がったりもします。そして建築材から発せられる化学物質で、シックハウス症候群になるリスクもあります。

また高気密高断熱住宅といっても、各ハウスメーカーによって採用している断熱方法に違いがあります。今は一般的に「外張り断熱」と「充填断熱(内張り)」の2種類が主流となっていますので、この2つの断熱方法の違いも説明していきます。

高気密高断熱住宅のメリット

  • 光熱費を節約できる
  • 家全体の温度差が少ないのでヒートシックの心配が少ない
  • 気密性が高いので、防音性能も上がる

高気密高断熱住宅にする最大のメリットは、やはり何と言っても電気代の節約でしょう。断熱材で家全体を覆い、隙間を無くすことで冷暖房に掛かっていた電気代を大幅に節約することができます。

例えば寒い朝に数時間だけ暖房をつけて家中を暖めることで、その後は暖房を消しても夕方まで室内の温度を保つことができるとイメージしてください。もちろん冷房も同じ原理です。

高気密高断熱住宅のデメリット

  • 気密性が高いので、ウイルスや化学物質などの有害な物質がこもりやすい
  • シックハウス症候群を発症しやすい
  • 湿気がこもりやすく、カビやダニが発生しやすい
  • 夏は熱を溜めやすい

高気密高断熱住宅のデメリットは、やはり健康問題ではないでしょうか。ヒートシックを予防できる反面、気密性が高いため家の中に風邪をひいている人がいれば、ウイルスが蔓延してしまうということや、建築資材などから発せられる化学物質がこもってしまうということが起こります。

そうなると家族へ風邪をうつしてしまったり、シックハウス症候群を発症しやすくなったりと、病気のリスクが高まります。とくにお年寄りがいる家では「たまに外出するとすぐに風邪をひいてしまうようになった」という話を聞くほどです。

それに気密性が高くなったことで、夏は室内に熱を持ちやすくなります。冷房をつければ良いのでしょうが、外出から帰ってくると、室内が40℃になっていたということもあります。近年室内で熱中症を発症するケースは、この高気密高断熱化が進んでいる住宅が増えたことも原因のひとつです。

外張り断熱とは

外張り断熱とは、柱や梁の外側を断熱材ですっぽりと、つまり家ごと囲む断熱方法です。柱などの障害物で断熱材を加工や成型しない分、高い断熱効果が望めるということで、近年は多くのハウスメーカーが、この外張り断熱工法を採用するようになりつつあります。


(出典:渡辺ハウジング

外張り断熱のメリット

  • 断熱性能が高い
  • 壁内のスペースを配線、配管など有効利用できる
  • 結露が発生しづらいので、躯体の腐食が起きづらい

外張り断熱のデメリット

  • 充填断熱に比べ費用が割高
  • 断熱材の重さで外壁が垂れる恐れがある

充填断熱(内張り)とは

充填断熱とは、壁の中の柱と柱の隙間などに、グラスウールやロックウールなどの断熱材を充填していく方法です。リフォームTV番組などをみていると、壁の中にトイレットペーパー袋のようなものをぎっしり敷き詰めていますが、あれが断熱材です。

木造住宅の多くは、今でもこの充填断熱方式を採用していることが多く、費用も安価なのでリフォーム工事でも多くの家が取り入れています。


(出典:allabout

充填断熱のメリット

  • 費用が安価ですむ
  • 壁内に充填するため、外壁を厚くする必要が無い
  • 施工面積が減る

充填断熱のデメリット

  • 壁内の結露対策が重要となる
  • 柱の部分などに隙間ができやすい

外張り断熱と充填断熱を比較

結局のところ、外張り断熱と充填断熱のどちらが良いのか、という疑問を抱くかもしれませんが、両者一長一短があり断言することはできません。

以下の表で、外張り断熱と充填断熱を比較してみましょう。

外張り断熱 充填断熱
普及率
断熱性能 高い やや劣る
費用 割高 安価
室内温度差 少ない 大きい
熱損失率 少ない 多少ある
配線やコンセント位置 自由 変更しづらい
結露 問題ない 不安がある

こうして見ると、外張り断熱の方があらゆる面で勝っていることがわかりますが、やはりそれだけコスト面で割高になってしまうのがネックです。

その他の断熱工法

上記で紹介した外張り断熱と充填断熱以外にも、「吹付断熱工法」などがあります。比較的新しい工法なのですが、リフォームのテレビ番組などで目にした人も多いかもしれません。

現場で直接泡状の断熱原料を散布して、壁内を埋める法方です。作業効率がとても高く、隙間を完全に埋めることができるので断熱性能も高いと言われています。

ただし一度散布してしまうと、やり直しが利かないこともあり、進んで採用している施工会社は少ないようです。新築で用いられるよりも、工期や費用を抑えたいリフォーム工事などの方が高い需要があります。

窓(サッシ)の種類も断熱には欠かせない重要なアイテム

高気密高断熱にこだわりたいのであれば、窓やサッシの種類も大事になってきます。室内の熱が外に逃げたり、冷気が入ってきたりする原因の50%以上が窓やサッシ部分からと言われています。

つまりいくら高気密高断熱や外張り断熱、充填断熱にこだわっても、窓やサッシ部分から熱が逃げたり入ったりするのでは、断熱効果が半減してしまいます。

ですので、断熱工法と同じくらい窓ガラスやサッシの種類には気を遣うようにしてください。

今の時代「アルミサッシ+単体ガラス」を採用している住宅はありません。しかし、「アルミサッシ+ペアガラス」であれば、採用している住宅会社はあります。

ですが、今の高気密高断熱住宅であれば、ペアガラスくらいでは宝の持ち腐れと言えます。やはり最低でも、樹脂サッシ+ペアガラス、理想としては「Low-E複層ガラス」をおすすめします。

このLow-E複層ガラスを標準仕様にしているハウスメーカーを選ぶのが得策です。オプションになっていると、それだけでもかなりの追加料金が掛かる可能性があります。

高気密高断熱の性能はQ値とC値で比較することができる

多くのハウスメーカーの営業マンは、「当社は高気密高断熱では他社に負けません」と言います。しかし言葉でそう言っても、他のハウスメーカーに負けていないという証拠を見せてくれることは滅多にありません。

いくら営業トークで「他社に負けない高気密高断熱住宅です」と言われても、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか。

実際のところ、「どこのハウスメーカーが本当に高気密高断熱でトップクラスなのか」それを知りたいと思いませんか。

そこで今回紹介するのが「Q値」と「C値」についてです。高気密高断熱について少し勉強したことがある人なら知っているかもしれませんが、実は高気密高断熱の度合いを数字で表すことができます。それがこの「Q値」と「C値」です。

Q値とは

その建物の断熱性の数値であり、この数値が低いほど断熱性能が高い

C値とは

その建物の気密性の数値であり、この数値が低いほど気密性能が高い

つまり、いくらハウスメーカーの営業マンが「当社は外張り断熱工法を採用していて、他社に負けない高気密高断熱住宅になっています」、「当社はLow-E複層ガラスを採用しているので、高気密高断熱住宅では負けません」という営業トークを繰り出してきても、この「Q値」と「C値」を知っておけば惑わされることがありません。

もちろん営業マンであれば、自社の建物がどれくらいの「Q値」と「C値」を出すことができるのか知っています。

そこで、ストレートに「こちらの仕様の住宅で、Q値やC値はどれくらいですか?」と聞いて構いません。もしすぐに答えられない営業マンであれば、その時点でそのハウスメーカーで家を建てるのは止めておくのが賢明です。

高気密高断熱住宅のまとめ

今はほとんどのハウスメーカーが、高気密高断熱住宅を標準仕様にしています。しかし高気密高断熱という定義は決まっていません。そのため各ハウスメーカーの断熱性能には、目に見えない差があるのが現状です。

そのため、各ハウスメーカーの断熱性能が、どれほどのレベルなのかを見極める知識を身につけておく必要があります。今回ご紹介した「Q値」「C値」を判断材料のひとつにしたり、地域や生活環境、家の構造などを考慮したり、賢く住まいづくりをしましょう。

ページトップ