エースホームの坪単価と価格、注文住宅の口コミ評判まとめ

エースホーム

メーカー名 エースホーム株式会社
本社住所 東京都新宿区高田馬場2丁目14番5号
電話番号 03-5292-2611
坪単価 40万~50万円
公式サイト https://www.acehome.co.jp/

エースホームの特徴

2000年に創業した比較的若いハウスメーカーですが、短期間で急成長を遂げている会社です。

エースホームは、ヤマダエスバイエルと住宅総合設備などで知られているLIXILグループが共同出資して誕生させたフランチャイズ(FC)制のハウスメーカーです。

ヤマダエスバイエルといえば、古い歴史をもつ小堀住研がエスバイエルに改名し、それをヤマダ電機が買収した会社です。

その70年近い小堀住研のDNAを受け継ぐヤマダエスバイエルと、現在住宅設備を独占しているLIXILが手を組み誕生させたハウスメーカーなので、ユーザーにとって安心感があります。

さらにフランチャイズ制にしたことで、大手ハウスメーカーの開発力と、地元工務店ならではの、地域密着した家づくりの「いいとこ取り」が、多くの人に支持されています。

※マイホーム計画中の人は要チェック!

LIFULL HOME'Sでは自分の予算に合わせて、注文住宅のカタログを請求することができます。

カタログは複数の業者から取り寄せ可能で、自宅で家族と相談しながら比較できるので便利です。

家づくりコンセプト「Mi'Like」

エースホームでは、新しい家づくりの提案として「Mi'Like(ミライク)」があります。

このミライクが持つ意味には、「未来」と「Like」「育」「行く」をかけあわせ、未来を見据えた家づくりは「Like=家族みんなが楽しく過ごせる家」「育=健康に育む家」「行く=未来に向かって長く住める家」という意味がこめられています。

つまり「育=高気密・高断熱住宅」「行く=耐震性に優れた家」「Like=自分らしい家(プランニング)」をエースホームの家づくりの土台にしているのが理解できます。

エースホームの新しい家づくり ミライク

出典:https://www.acehome.co.jp/features

フランチャイズ制のハウスメーカー

大手ハウスメーカーには、部材や設備品を大量発注することでコストを抑制する効果や豊富な資金力を生かした宣伝活動、万が一のときでも安心できる充実の保証制度などがあります。

しかし地元の工務店には、地域密着した顔がみえる家づくり、地域の風土を理解した家づくりなど、地元業者だからこそできることも数多くあります。

エースホームでは、フランチャイズ制を導入していることで、このように大手ハウスメーカーのスケールメリットと、地元工務店の良いところ取りができる強みがあります。

それこそが、エースホームが採用しているフランチャイズ制の家づくりなのではないでしょうか。

エースホームはフランチャイズ制の住宅メーカー

出典:https://www.acehome.co.jp/features/2187

全商品が長期優良住宅仕様

長期優良住宅というのは、国が定める性能を高い基準でクリアしている住宅のことをいいます。

どこのハウスメーカーにも、長期優良住宅に対応した商品はありますが、エースホームのように、すべての住宅商品が長期優良住宅に対応していることは、あまり聞いたことがありません。

長期優良住宅に認定されることで、税の控除を受けることができたり、住宅ローンの金利が優遇されるなどの特典があります。

さらにエースホームの家は、全棟「省令準耐火構造」にも対応しているので、火災保険の割引が適用になり、保険料が安い鉄骨やコンクリート造と同じ扱いになります。

長期優良住宅の安心ポイント

出典:https://www.acehome.co.jp/features/2194

建物完成保証がある

マイホーム建築を地元工務店に依頼する際、多くの人が懸念するのが万が一のことでしょう。

  • 建築途中でその工務店が倒産したらどうなるの?
  • もし欠陥住宅だったらどうしよう

これらは決して他人事ではありません。テレビで倒産被害の特集を見た人も多いのではないでしょうか。

しかしエースホームでは、施主のこのような不安を取り除くため「建物完成保証」という制度があります。

つまり家が完成するまでは、例え契約した地元工務店が途中で倒産することになっても、エースホームが完成物件の引き渡しまで責任もって対応するという約束です。

エースホームの建物完成保証

出典:https://www.acehome.co.jp/features/2190

エースホームのCM

エースホームのCMは以下のURLでみることができます。それぞれの住宅の特徴が分かるCMとなっているので、これからマイホームを建てようと検討している人は参考になると思います。

気になる人はチェックしてみてください。

URL:https://acehome.net/media/

注文住宅の種類

エースホームの商品は、全棟長期優良住宅仕様になっているなど、一棟ごとに構造や耐震性など大きな差があまりないのが特徴です。

あとは商品ごとに「子育て世代にマッチした家」「光熱費を節約したい家族向け」など、それぞれの希望や用途に合わせた商品を選ぶようにしていきましょう。

名称 構造 種類 概要
ANDY 木造軸組 自由設計 育て世代のニーズのすべてが叶う高機能住宅
XOXO 木造軸組 自由設計 こだわりの大胆空間と新感覚な外観デザイン。青空や月を見上げる大胆な吹き抜けのリビングのある家
NOON esse 木造軸組 自由設計 片流れ屋根とフラットルーフの水平ラインがモダンテイストなシルエットを創りスタイリッシュな印象の家
Canto 木造軸組 自由設計 外観全体に重厚で落ち着きのあるおしゃれ感を付加した南欧風のデザイン
skipu 木造軸組 自由設計 半階分ずらした床面部分を作り+αの空間を創出したスキップフロアが特徴
C+ 木造軸組 自由設計 シンプルなデザインをベースに屋根のシルエットとオーバーハングによるボリューム感が特徴の家
Andy nido 木造軸組 自由設計 ミキハウス子育て総研の「子育てにやさしい住まい」認定に適合した企画プランの家
ISAI 木造軸組 自由設計 切妻屋根にフラットなシルエットを取り入れた和モダンの家
Andy(平屋) 木造軸組 自由設計 外観の印象を左右する屋根の形は寄棟、切妻、片流れのいずれにも対応した平屋住宅
MOA 木造軸組 自由設計 大きな地震にも備えた一歩先をいく長期優良ZEH住宅
Xest 木造軸組 自由設計 招き屋根とオーバーハングの凹凸による重厚さと品格あふれるデザインの家

基本的に木造軸組構造で、自由設計というのがエースホームの特徴です。それではエースホームの人気商品をいくつか紹介していきたいと思います。

Andy

Andy

出典:https://www.acehome.co.jp/products/andy

こちらの「ANDY」は、いまエースホームが一番チカラを入れている商品であり、提唱している「Mi'Like(ミライク)」の基本モデルとなる住宅商品です。

商品コンセプトにもあるように、「地震に強い」「高気密・高断熱で快適に暮らせる」「外観デザインがオシャレ」という、まさに低コストで建てることができる、高性能住宅です。

ただし、間取りはある程度の自由が利くのですが、内装や外観は複数ある候補から選ぶタイプになっているので、内装や外観をこだわりたい人は、他の商品を検討するのが良いでしょう。

ANDYの坪単価は、平均45万円~となっています。

MOA

MOA

出典:https://www.acehome.co.jp/products/moa

エースホームの中でZEH(ゼロエネルギーハウス)対応の住宅を検討したいのであれば、こちらの「MOA」になります。

太陽光発電システムでエネルギーを創る「創エネ」と、使用するエネルギー(電力)を抑える「省エネ」

これにより実質消費エネルギーをゼロにすることが可能です。しかしMOAは「創エネ」と「省エネ」だけではありません。

最新鋭の「制振装置」を標準仕様にすることで、大規模地震の揺れを軽減することができ、耐震性能も最高等級の3を実現しています。

こちらの「MOA」が一番坪単価も高額に設定されており、エースホームのフラッグシップ住宅という位置づけになっています。

MOAの坪単価は、平均50万円~となっています。

Andy(平屋)

Andy(平屋)

出典:https://www.acehome.co.jp/products/andyhiraya

昔から高齢世代には人気が高かった平屋タイプの家ですが、エースホームでは高齢世代だけでなく、若者世代にもウケが良い平屋住宅の開発に力を入れています。

シンプルモダンな外観にし、子育て世代にも家全体に目が届く間取りなどを提案しています。

そうした努力の甲斐もあり、エースホームの「Andy平屋」は、若い世代にも高い人気を誇っています。

平屋にすることで、自然と家族がリビングに集まりやすくなり、子供たちが成長しても会話が増えるのだそうです。

Andy平屋の坪単価は、平均45万円~となっています。

エースホームの対応エリア

エースホームの対応エリアは以下のとおりです。

北海道・東北 青森県、岩手県、秋田県、福島県
関東 埼玉県、栃木県、茨城県
中部 長野県、新潟県、山梨県、愛知県、静岡県、岐阜県
関西 兵庫県、和歌山県、滋賀県
中国 広島県、岡山県、山口県
四国 香川県、徳島県、高知県
九州・沖縄 福岡県、佐賀県、熊本県、鹿児島県

上記は執筆時点の情報になります。最新の対応エリアは公式サイトにてご確認ください。

エースホームの口コミ評判

秋田県/20代/女性

様々なハウスメーカーさんを見させていただいた結果、エースホームさんでお家を建てることに。

決め手はモデルハウスのデザインが、私が昔から憧れていた北欧テイストのお家に近かったこと、 そして営業さんの家づくりへの姿勢と人柄に惹かれたことでした。

家づくりの際は細かい部分まで私の要望を取り入れてくれ、こだわりながらお家を作ることができました。 その結果、理想のマイホームが完成。やっぱりデザインのオシャレさはピカイチだと思います。

友人をお家に招いて自慢をしたくなるほど素敵なお家を作ってくださり本当に感謝でいっぱいです。

山梨県/40代/男性

エースホームさんの営業さんが、わたしと同年代でとっても信頼できる方だったのでエースホームさんで家づくりをすることに。

我々家族の疑問や要望にも素早く答えてくださったり、予算内で収まるように色々な提案をしてくれたりと、納得できる家づくりができました。

できあがった家はとても住み心地がよく、尚且つシンプルモダンでカッコイイです。エースホームさんでお家づくりをしてよかったと心の底から思います。

今でも家の不具合に関して電話をすると、とても丁寧に対応してくれますし、本当にいい営業さんに出会えました。

福岡県/50代/男性

家を建てることにおいて、全国各地で地震が多い今、地震に強いというのは必須条件だった。 そこで、長期最良住宅を建てることができるエースホームの家を建てることに決めました。

長期最良住宅は、耐震性はもちろん、耐久性や省エネも備わっているので自分が求めているものにぴったりだと思った。

あらかじめ予算は伝えていたのだが、こだわりすぎてしまったために思ったより高くなってしまったのが少し残念な反面、長期的に考えると丈夫で省エネな家なので、子供や孫にも使ってもらえるいい家ができたと思っている。

埼玉県/30代/女性

契約時はとてもいい方だと思っていたのですが、だんだんと担当の方に不信感が募っていきました。

近所の人に挨拶も無ければ、邪魔なところに資材も置きっ放し、結局挨拶周りもしていただけませんでした。 ネットで調べたところ挨拶周りをしっかりしている地域もあるみたいです。

エースホームさんはフランチャイズなので地域によって対応が違うのは仕方ないことなのかもしれませんが、ちゃんと担当の方を見極めて契約することも大事だということを思い知らされました。

といっても「良い勉強になりました!」と言えるような金額ではないし、やっぱり後悔の方が大きいです。

茨城県/30代/女性

数ヶ月前にエースホームさんで家を建てた者です。

我が家は犬を室内で飼っているのですが、フローリングがすぐに傷だらけになってしまいました。

ちゃんと傷がつきやすいか否かを調べなかったり、聞いたりしなかった私が悪いのですが、室内で犬を飼うということをあらかじめ伝えていた上でお勧めされたフローリングだったので、とてもショックです。

張替えをしてくださるということでとりあえず一安心なのですが、やはり値段を安く抑えたこともあって値段相応の家ということなのでしょうか…。

東京都/40代/男性

今から5年ほどまえ、まだ僕が30代だったときにエースホームで「ISAI」を建てました。

ちょうどその時期は消費税が引き上げられる前で、駆け込み需要が多く、建築までかなり待たされたのが思い出深いです。

当時の担当営業の人にいわれのですが、その当時はこの「ISAI」が一番高額なモデルだったとかなんとか。 僕も「ISAI」の高級感ある外観に惚れ、この家を建てようと思った一人です。

この家の特徴は玄関先にアクセントウォールという大きな壁を設置することです。これが重厚感のある家っぽく演出してくれます。

約4年ちょっと住んでみた感想としては、何度か震度4クラスの大きな地震も体験しましたが、揺れはほとんど感じませんでしたし、高気密高断熱は想像以上に素晴らしいです。

不満な点といえば、先ほども言いましたが当時の担当営業さんが早々に退社されてしまったことですかね。

注文住宅の口コミ投稿はこちら

ケース別のおすすめ資料請求

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S1000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

注文住宅をシミュレーションしたい人

LIFULL HOME'S(金額シミュレーション)

予算がまだ決まっていない人や賃貸に住んでいる人は、毎月の返済額をもとにどんなマイホームが建てられるのかシミュレーションするところから始めてみましょう。

LIFULL HOME'Sの金額シミュレーターでは毎月の返済額から目安となる建物価格を算出してくれ、しかも家族の人数を入力すると必要な家の広さまで教えてくれます。

返済額の設定は3万円からなので、収入が少ない人でも安心して利用できます。

便利な金額シミュレーターを上手に活用して、自分の収入でどんな家が建てられるのかイメージしてみてください。

公式サイトはこちら

ページトップ