5000万円~6000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

5000万円~6000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

戸建ての注文住宅が高いといっても、予算5,000万円~6,000万円となれば、かなりの豪邸を建てることができます。

管理人も、長いことハウスメーカーで営業マンをしておりましたが、建物の建築費だけで5,000万円以上かかったケースは一度もありませんでした。

今回は予算5,000万円~6,000万円で建てることができる注文住宅について話をしたいと思います。

予算5,000万円~6,000万円で注文住宅を建てる

土地代もあわせて注文住宅を建てる場合、予算5,000万円であれば現実的な数字でしょう。予算6,000万円となると、地価が高い地域も狙えると思います。

東京の田園調布や兵庫の芦屋、大阪の帝塚山などの高級住宅街は別次元ですが、地方であれば高級住宅街と呼ばれる地域でも坪単価60万円~80万円くらいなので、40坪~50坪の土地を購入しても3,000万円ちょっと。

そうなると、3,000万円ほどを建物にかけることができますので、40坪前後の注文住宅であれば予算内で家を建てることができる計算になります。

一般的な地域であれば、土地の平均価格は坪25万~35万円くらいなので、この価格で考えれば予算5,000万円でも、土地+建物は楽に予算内に収めることができます。

予算5,000万円以上であれば建築士に依頼することも視野に

予算が5,000万円以上あるのであれば、ハウスメーカーだけではなく、建築士に依頼することも考えてみてはどうでしょうか。

多くのハウスメーカーが「自由設計」や、「注文住宅」という言葉を使っていますが、厳密に言えば、ゼロの状態から自由に設計して家を建ててくれるハウスメーカーはほとんどありません。

ハウスメーカーでは規格内でおさまる家を建てることしかできませんので、本当の意味での「自由設計」というのは、建築事務所だけとなります。

本来の意味での注文住宅を実現させるには、規制が少ない建築事務所に依頼するのが一番なのですが、それだけ費用や時間がかかるため、ハウスメーカーに依頼をします。

納得のいく一軒を建てたいと思うのであれば、ハウスメーカーより建築事務所に依頼する方が、納得のいくマイホームを建てることができると思います。

ハウスメーカーなら住友林業や三井ホーム

ハウスメーカーの中でも高級ブランドと言われる会社が、積水ハウス、住友林業、三井ホーム、スウェーデンハウスの4社です。

その中でもスウェーデンハウスは別格と言われており、坪単価は80万円~という話もよく聞きます。鉄筋コンクリート造であれば、まだ単価が高いのもわかるのですが、スウェーデンハウスは木質系のパネル工法を使用していて、坪単価は80万円を超えてしまいます。

社名の通り、スウェーデンから輸入している商品を家の随所に使用しているため、それらのコストが坪単価を押し上げているのだと思います。

国内で一般的に知られているブランドメーカーといえば、「住友林業」、「三井ホーム」。この2社は、だいたい坪単価60万円~で家を建てられます。

積水ハウスは、名実ともに国内最大手のハウスメーカーなのですが、商品が豊富なため、坪単価50万円台でも建てることができます。

住友林業は大手企業の社長が好んで建て、三井ホームは「お医者さん」や「弁護士さん」などが好んで建てるイメージが強くあります。実際に管理人が住んでいる地域の高級住宅街も三井ホームと住友林業が多く、その他に積水ハウスや大和ハウスが少しあるくらいです。

ハウスメーカー 平均坪単価
スウェーデンハウス 80万円~
住友林業 70万円~75万円
三井ホーム 60万円~75万円
積水ハウス 55万円~70万円

高級ブランドといわれる上記4社となると、予算5,000万円だとしても、土地と建物の両方というのは厳しいと思います。

予算6,000万円であれば、土地代金を安く抑えて2,500万円以内にすることができれば建てられるとは思いますが、立地の問題が出てきそうなのでおすすめしません。

サウナやカラオケ部屋っていくらかかるの?

予算5,000万円~6,000万円となると、建物自体にお金をかけることもできます。ここでは一般的な戸建て住宅ではあまりみかけない贅沢品の価格についても解説します。

戸建て住宅における贅沢品として頭に浮かぶのは「サウナルーム」、「防音設備のカラオケ」、「シアタールーム」などがあります。

以下が、これらを戸建て住宅に設置する場合の費用相場です。

  • サウナルーム
    250万円~300万円(3人用)
  • カラオケ・シアタールーム
    300万円~400万円(8畳程度)
  • 薪ストーブ
    100万円~150万円
  • ホームエレベーター
    250万円~400万円
  • ビルトインガレージ
    坪単価×10坪(2台分)
  • プライベートプール
    350万円~500万円(屋外)

普通の注文住宅に、このような設備を設置する人は少ないですが、これくらいの費用で収まるものなんだ、と思った方も多いのではないでしょうか。

建物の一階部分が駐車場になっているビルトインガレージタイプも、ハウスメーカーによっては延床面積に充当しない場合があり、かなり割安で設置することができます。

予算5,000万円の相談事例

過去に寄せられた相談を紹介します。

東京都在住の会社員です。ずっと都内近郊でマイホーム用の売り地を探しておりましたが、先日不動産会社から電話があり、やっと希望に合う土地を見つけることができました。

その土地は、わたしが希望していた府中市、調布市、武蔵野市近郊、という条件にピッタリ合っていたのですが、土地の予算3,000万円を少しオーバーした3,200万円でした。

ただ、予算総額が5,000万円だったため、土地を紹介してくれた不動産会社から、「注文住宅を建てるには予算的に厳しい」という話をされたんです。

実際、土地代金が3,200万円だった場合、30坪程度の注文住宅を建てることは不可能でしょうか?

あまり高望みできないことはわかっていますが、4LDKを希望しており、高気密・高断熱、太陽光発電システムの設置を希望しています。

不動産業者と契約してマンションを売りに出しましたが、1ヶ月経ってもなかなか内覧の予約が入りません。どうすればもっとアピールすることができますか?

30坪程度の注文住宅と言っても、ハウスメーカーで建てるのは現実的に厳しいです。予算が合わないという理由で断れてしまうケースもあると思います。たとえローコスト住宅であっても、かなり難しい予算だと思います。

詳しい話を聞かないと判断できませんが、土地代が3,200万円といっても、仲介手数料として100万円相当かかりますし、住宅ローンや登記等の諸費用もかかります。

そうなると、建物と外溝工事に充てることができる費用は1,600万円くらいになってしまいます。

質問者さんが希望する30坪の家だと、坪単価45万円で計算しても1,350万円です。予算内に収まるように感じますが、その価格とは別に、外溝工事費が100万~150万ほど掛かります。

高気密・高断熱となれば、断熱材の種類や工法に制限がありますし、そうなると太陽光発電システムの予算が、どう考えても確保できません。

どうしてもその土地が気に入っているのであれば、「太陽光発電システムは家を建てたあとに設置する」というのが現実的かと思います。

地価が高い地域であれば、いくら予算5,000万円といっても厳しいこともあります。こうなると「希望する立地の土地を取るのか」、それとも「実際に暮らす住宅を取るのか」という選択を迫られることもあります。

このように予算が厳しいときには、下記で紹介しているインターネットの一括資料請求サービスを利用することをおすすめします。

あらゆる形態のハウスメーカーが登録されているので、低予算を売りにしているハウスメーカーや、狭少住宅を得意としているハウスメーカーも簡単にみつけることができます。

まとめ

予算5,000~6,000万円であれば、建物だけならどこのハウスメーカーでも、40坪以上の注文住宅を建てることができます。しかし、土地からの注文住宅づくりとなれば、予算5,000万円でも厳しく、予算6,000万円は覚悟しておく必要があるでしょう。

建物のみで予算5,000万円以上の戸建て住宅住宅であれば、ハウスメーカーだけでなく、建築事務所も検討してみましょう。

ハウスメーカーは、どうしても社内規定あり、本当の意味での自由設計ではありません。その点、設計事務所であれば部材の1つまで自由に決めることができます。

地下室や店舗併用など、こだわりの強い注文住宅であれば、なおさらハウスメーカーよりも建築事務所の方が融通が利くと思います。

注文住宅づくりは一大イベントですし、一生にそう何回もあることではないので、少しでも不安があるのならプロに相談しましょう。

予算ギリギリだと、想定していなかった出費に対応ができなくなってしまいます。土地と建物が予算内で収まるのかしっかり確認して、納得のいく注文住宅づくりをしましょう。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いはず。

そんな時に利用してもらいたいのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー24社の提案を、無料で比較することができます。

1位のタウンライフ家づくりと同じように、土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方も、このサービスを使えば会社のカタログも取り寄せることができますので、住宅会社選びを慎重に行いたい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


二世帯住宅をつくりたい場合

タウンライフ(二世帯住宅)

最近では高齢化が進み、二世帯住宅を建てる人も多くなっています。土地の購入が1箇所ですむため、他の部分にお金を掛けられるメリットも魅力的ですよね。

ですが、二世帯住宅は、バリアフリーにするための構造を考慮したり、2家族分の間取りを決めなければいけないなど、一般的な注文住宅を建てるより難しい部分が多いのも事実です。

そんな時はタウンライフ2世帯住宅特集を利用しましょう。タウンライフ注文住宅の基本サービスを軸に、二世帯住宅づくりを得意とする専門のスタッフと住宅会社が、一から家づくりをサポートしてくれます。

最短3分、約10項目の入力をするだけで、各住宅会社からの提案をもらうことができます。送られてきた提案を基に、自分の理想に近い提案をくれた信頼できる会社に依頼しましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ