予算5,000~6,000万円台の家の間取り例と体験談まとめ

5000万円~6000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

予算5,000~6,000万円台で建てる高級住宅の間取りを建物だけと土地込みで紹介します。

建築費5,000万円以上の戸建て住宅のことを邸宅と呼び、各ハウスメーカーからも邸宅シリーズの住宅商品が発売されています。

予算5,000万円となれば60坪以上くらいの広さの家が1つの目安になるので、参考にしてください。

建物だけの間取り例

建物だけというのはすでに土地は持っていて、建物の建築のみをお願いするケースという意味です。

建物だけで予算5,000~6,000万円となれば、かなりの広さの家が建てられ間取りもさまざまなプランから選ぶことができます。

そのため、家づくり計画をしっかり行わないと後でこうしておけば良かったと失敗するケースが多くなります。

LIFULL HOME'S」のような便利なサイトを上手に使って、いろいろなハウスメーカーの家づくりプランを取り寄せて比較してください。

取り寄せたプランとこれから紹介するメーカーの間取りや予算を比較することで、理想のマイホームを建てることができると思います。

では実際にどれくらいの広さの家を建てることができるのか、具体的な間取りなどをハウスメーカーの住宅展示場や分譲住宅を交えながら紹介していきたいと思います。

住友林業

住友林業といえば、国内最大手の木造系ハウスメーカーです。

「木の家=住友林業」といえるほど、国内における木造戸建て住宅の建築棟数1位となっており、国内の木造系住宅ではトップ3に入る高級ハウスメーカーです。

住友林業で人気のシリーズは以下になりますので、参考にしてください。

  • フォレストBF:BF=ビッグフレーム工法で住友林業のメイン商品
  • グランドライフ:住友林業で人気の平屋住宅
  • プラウディオ:土地が狭くなりがちな都心向けの3階・4階建て住宅

静岡県(推定6,000万円台の家)

延床面積が220.82㎡(66.79坪)です。玄関は分けておらず、分離型の2世帯住宅です。

1階と2階ともに3LDKになっており、かなりゆったりした広さが確保されています。

住友林業で分離型の2世帯で各階にキッチンやバスルームがあり、坪単価は90万円~100万円ほどになると思われます。

静岡県住友林業 藤枝住宅展示場モデルハウス

静岡県住友林業 藤枝住宅展示場モデルハウス間取り図

出典:https://sfc.jp/ie/modelhouse/result/1170

奈良県(5,500~6,000万円台の家)

延床面積が261.74㎡(72.9坪)の7LDKです。

展示場なので7LDKと広めの間取りですが、坪単価は70万円と書いてありましたので、単純計算だと73坪×70万円=5,200万円弱になります。

諸経費や外溝工事費などを考えても、5,500~6,000万円の予算でおさまります。

奈良県住友林業の家

奈良県住友林業の家間取り図

出典:https://www.abc-housing.co.jp/kinki/catalog/housing/kashihara/kas09.html

セキスイハイム

セキスイハイムの特徴は、ボックスユニット構法を採用している点です。

箱組みを工場で生産し、それを現場で組み立てていく方式だと思ってください。

ですので、大工職人の腕によるムラが起きにくく、工期を短縮することで人件費(建築費)を抑えることができます。

セキスイハイムで人気のシリーズは以下になりますので、参考にしてください。

  • ドマーニ:太陽光システムを活かした傾斜屋根の住宅
  • パルフェ:ボックス型で昔ながらのセキスイハイム伝統の住宅
  • グランツーユーV:セキスイハイムの木造系住宅

静岡県(5,000万円台の家)

パルフェで延床面積が201.38㎡(60.9坪)の4LDKです。夫婦と子ども2人の4人家族にしては、かなり大きな家となっています。

2階には趣味を楽しむ部屋として本格的なシアタールームもありますし、リビング上は大きな吹き抜けになっており明るく開放的な空間です。

グレードが高いパルフェなので、坪単価80万円以上と見て予算5,000万円台と想定されます。

静岡県セキスイハイム

静岡県セキスイハイム間取り図

出典:https://www.sekisuiheim.com/case/c022/index.html#plan

神奈川県(5,000万円台の家)

ドマーニで延床面積が234.34㎡(70.9坪)です。両親と夫婦、子ども2人の6人家族で住んでいます。

玄関も別々に設けた完全分離型の2世帯住宅です。1階を親世帯、2階を子世帯が使い、3世代6人が住むには十分すぎる広さの家です。

神奈川県セキスイハイム

神奈川県セキスイハイム間取り図

出典:https://www.sekisuiheim.com/case/c099/index.html#plan

東京都(6,000万円以上の家)

グランツーユーVで延床面積が302.13㎡(91.4坪)です。夫婦と娘1人に愛犬2匹で住んでいます。

娘さんはすでに成人されているとはいえ、3人家族で91坪の家は広すぎると思われたのではないでしょうか。

それもそのはずです、じつは1階と2階は賃貸アパートで、家族の住まいは3階部分と2階の一部のみになります。

3階だけだと90㎡ほどなので、坪数にすると27坪ほどの平屋と同じです。

東京都セキスイハイム

東京都セキスイハイム間取り図

出典:https://www.sekisuiheim.com/case/c059/index.html#plan

ヘーベルハウス

ヘーベルハウスは、軽量鉄骨造の家をメインに扱う大手ハウスメーカーであり、耐震性・耐火性に優れた住宅として有名です。

また坪単価でいうと、大手ハウスメーカーの中でもトップクラスであり、高級ブランドのハウスメーカーとしても知られています。

ヘーベルハウスで人気のシリーズは以下になりますので、参考にしてください。

  • CUBIC(キュービック):立体的な建物で屋上がある
  • 新大地:キュービックをベースに屋根を設置するタイプの住宅
  • FREX(フレックス):重量鉄骨造で3階建てや4階建てにも対応

東京都(6,000万円台の家)

CUBICで延床面積が237.16㎡(71.7坪)です。兄夫婦+子ども2人+弟夫婦で住んでいます。

兄家族世帯と弟家族世帯の二世帯住宅。建物の左右で世帯を分離している珍しいタイプ。

30帖以上のLDKなど、各部屋はかなりゆったりした広さを確保しています。

東京都ヘーベルハウス

東京都ヘーベルハウス間取り図

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/casestudy/?id=j202&label=%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%8C%E3%81%A4%
E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%8B%E4%BA%8C%E4%B8%96%E5%B8%AF%E3%83%BB%E5%
A4%9A%E4%B8%96%E5%B8%AF%E3%81%AE%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97

東京都(5,000万円台の家)

FREXで延床面積が185.64㎡(56.1坪)です。夫婦と子ども2人の4人家族で住んでいます。

土地が42坪ほどなので、家の広さを確保するため3階建てにしてあります。

ですので、耐震性に優れた重量鉄骨のFREXを選ばれており、快適性と安全性を備えた住宅となっています。

東京都ヘーベルハウス

東京都ヘーベルハウス間取り図

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/casestudy/?id=j145

東京都(5,000万円台の家)

CUBICで延床面積が193.05㎡(58.3坪)です。母+本人+子ども2人と3世代で同居している家です。

1階を親世代にし、2階にはお菓子教室用のスペースも確保。しっかり動線が分けられており、それぞれのプライベートを確保した間取りになっています。

東京都ヘーベルハウス

東京都ヘーベルハウス間取り図

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/lineup/casestudy/?id=j164

土地込みの間取り例

ここからは土地も一緒に購入するパターンの事例を紹介していきます。

土地がない場合、建築費の他に土地の購入費用がかかるので、できるだけ建物にかかる費用をおさえる必要があります。

できるだけ建築費をおさえるには、複数のハウスメーカーのプランを比較することが重要になります。

予算5,000~6,000万で人気のハウスメーカーの坪単価を比較すると以下のように開きがあります。

ハウスメーカー 平均坪単価
三井ホーム 65万~95万円
住友林業 70万~90万円
スウェーデンハウス 75万~90万円
ヘーベルハウス 75万~100万円

このため、しっかりハウスメーカーのプランを比較しておかないと理想の家は建てられません。

それでは、土地込みの間取り例を紹介していきますが、予算を公開している例は少ないので主に分譲住宅を参考に間取りと予算を紹介していきます。

三井ホーム・三井不動産

三井ホームを紹介したかったのですが、土地からとなると三井不動産が絡んでくるので、今回は三井ホームと三井不動産レジデンスの分譲住宅を主に紹介していきます。

三井ホームで人気のシリーズは以下になりますので、参考にしてください。

  • CHOUCHOU(シュシュ):女性目線でデザインされた外観がカワイイと人気
  • スパニッシュ:地中海の家をイメージしたスペイン風の住宅
  • セレクトーダー:300以上の間取りから選ぶことができる規格型住宅

東京都(6,000~6,500万円台の家)

  • 土地面積/102.01㎡(30.85坪)
  • 延床面積/101.36㎡(30.6坪)

三井不動産レジデンシャルの分譲住宅です。土地価格が高いので、どうしても家の大きさは30坪前後になってしまいます。

この分譲住宅では、建物をエステーホームが施工することになっており、三井ホームではありません。

三井不動産レジデンシャルの分譲住宅

三井不動産レジデンシャルの分譲住宅間取り図

出典:https://www.31sumai.com/mfr/B1619/floor_plan.html

神奈川県(5,000万円台の家)

  • 土地面積/110.50㎡(33.4坪)
  • 延床面積/101.74㎡(30.8坪)4LDK

33坪の土地に30坪の2階建て4LDKですから、よく考えられた間取りになっていると思います。

ただやはり各部屋の広さはお世辞にも十分とはいい難く、各部屋ともあと少し広さが欲しいところではないでしょうか。

ファインコートLaLa湘南平塚

ファインコートLaLa湘南平塚間取り図

出典:https://www.31sumai.com/mfr/F1444/plan/a61.html

大阪府(5,500~6,000万円台の家)

  • 土地面積/179.76㎡(54.4坪)
  • 延床面積/120.68㎡(36.5坪)4LDK

一階リビング部に大きな吹き抜けをつくることで、明るく開放的な空間に仕上げることができています。

土地が50坪オーバーと余裕があるので、どんなプランニングでも自由に落とせるのが強みです。

三井ホーム 街なかモデル

三井ホーム 街なかモデル間取り図

出典:http://www.mitsuihome-west.com/tv-izumi/202/plan02.html

ヘーベルハウス

土地なしのブロックでヘーベルハウスの紹介をしているので、ここでは割愛しておきます。

愛知県(5,100万円の家)

  • 土地面積/193.42㎡(58.5坪)
  • 延床面積/109.12㎡(33.0坪)4LDK

1階リビングをダウンフロアにすることで、天井高を確保している。

さらにロフト付きの小屋裏を設置することで、部屋の自由度が増している。

愛知県へーベルハウス

愛知県へーベルハウス間取り図

出典:https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/bunjyo/detail/view/?bbid=0625&bkid=1613

埼玉県(5,500~6,000万円台の家)

  • 土地面積/100㎡(30.2坪)/2,740万円
  • 延床面積/107㎡(32.3坪)/2,980万円

土地価格が2,740万円、建物価格が2,980万円なので、合計すると約5,700万円ほどになります。

参考プランをみてもわかるように、土地の形状は良いので、建物のプランニング次第では駐車スペースを2台確保することも可能。

区画図

建物プラン例

出典:https://house.ocn.ne.jp/new-ikkodate/detail/90667518.html

積水ハウス

積水ハウスは国内大手の住宅メーカーです。ただ豊富な資金力と高い知名度があるため、かなり良い立地の分譲地をもっており、土地代金が高めになる傾向があります。

積水ハウスで人気の住宅シリーズは以下になりますので、参考にしてください。

  • イズシリーズ:耐震性に優れた鉄骨造の住宅
  • グラヴィスシリーズ:積水ハウスで人気の木造住宅
  • ビエナ:狭小地などで人気の3階、4階建ての住宅です

愛知県(6,500~7,000万円台の家)

  • 土地面積/200.03㎡(60.50坪)
  • 建物面積/117.10㎡(35.42坪)4LDK

愛知県になると、やはり関東地方に比べ土地代金が多少お得になるので、60坪の敷地に35坪の建物とベストな条件の家を建てることができます。

土地代金がもう少し低ければ、建物もまだ大きくできるだけのスペースはあります。

愛知県積水ハウス

愛知県積水ハウス間取り図

出典:http://www.sekisuihouse.co.jp/bunjou/chubu/aichi/nagakute/

予算5,000~6,000万円台でできること

予算5,000万円以上あれば、どこのハウスメーカーでも立派な一戸建て住宅を建てることができます。

しかし土地から購入となれば、その地域の地価相場にもよりますが、建物にかけることができる予算が大幅に削られてしまう可能性があります。

先ほども紹介しましたが、この価格帯で人気の大手ハウスメーカーは以下になります。

ハウスメーカー 平均坪単価
三井ホーム 65万~95万円
住友林業 70万~90万円
スウェーデンハウス 75万~90万円
ヘーベルハウス 75万~100万円

この4社であれば、35坪ほどの二階建て住宅でも、建築費、外溝工事、諸経費などあわせると3,000万円を超えてくるはずです。

そうなると土地代を2,000万円以内におさめなければ、予算5,000万円以内では難しいことになります。

予算6,000万円でやっと土地代に3,000万円使えるので、やはり土地からマイホーム購入を検討しているのであれば、最低でも予算5,000万円を見ておくべきでしょう。

こだわりのマイホームが建てられる

予算5,000万円~6,000万円となると、建物自体にお金をかけることもできます。

ここでは一般的な戸建て住宅ではあまりみかけない設備の価格についても解説します。

戸建て住宅におけるこだわりの設備として頭に浮かぶのは「サウナルーム」「防音設備のカラオケ」「シアタールーム」などがあります。

以下が、戸建て住宅に設置する場合の費用相場です。

設備 費用相場
ビルトインガレージ 坪単価×10坪(2台分)
サウナルーム 250万円~300万円(3人用)
床暖房 坪あたり5万円
カラオケ・シアタールーム 300万円~400万円(8畳程度)
薪ストーブ 100万円~150万円
太陽光発電システム 1kwあたり30万円
ホームエレベーター 250万円~400万円
プライベートプール 350万円~500万円(屋外)
井戸水 1mあたり1万円+ポンプ機器費用

普通の注文住宅にこのような設備を設置する人は少ないですが、そこまで費用がかからないんだと思った人も多いのではないでしょうか。

建物の一階部分が駐車場になっているビルトインガレージタイプも、ハウスメーカーによっては延床面積に充当しない場合があり、割安で設置することができます。

建築士に相談できる

予算が5,000万円以上あるのであれば、ハウスメーカーだけではなく、建築士に相談してみるのも良いでしょう。

多くのハウスメーカーが「自由設計」という言葉を使っていますが、ゼロの状態から自由に設計して家を建ててくれるハウスメーカーはほとんどありません。

ハウスメーカーでは規格内でおさまる家を建てることしかできませんので、本当の意味での「自由設計」というのは、建築事務所だけとなります。

納得のいくマイホームを建てたいと思うのであれば、ハウスメーカーの他に建築事務所に相談するのも1つの選択肢だと思います。

建築家を紹介してくれるサイトもあります。その建築家が、これまでどんな家を建てているのかなど、住宅の事例集も見ることができるので、間取り作りの参考にもなると思います。

『SUVACO 予算5,000万~の注文住宅施工事例集』
https://suvaco.jp/projects/custom_home?budget_range=13

5,000~6,000万円で家を建てた人の体験談

神奈川県/40代/ヘーベルハウス

積水ハウス:3階建て(ピエナ)

1階に美容室、2階と3階を居室にした3階建て住宅を建てました。3階建てということもあり、当初から木造ではなく、鉄骨造のハウスメーカーに決めていました。

パナホームとかセキスイハイムとか、タウンライフを利用して複数社で見積もりを出してもらいました。

せっかく自分のお店を出すのなら、丈夫で信頼できる業者にお願いしたかったので、旭化成さんに決めました。

実家の建て替えだったので、土地代が不要だったから資金もギリなんとかなった感じです。

山形県/40代/住友林業

自分が小さいときから祖父母と二世帯家族だったから、自分もいつかは両親を呼んで同居するのが夢でした。

子どもが小学校にあがるのを機に実家がある山形に引っ越しを決め、同居できる二世帯住宅を建てることを考えました。

一応自分で行政書士をしてますので、山形でもすぐに開業する予定でいましたが、やっぱり一番苦労したのが住宅ローンの融資でした。

住友林業さんから頂いた見積もり書だと、全部込みで5,400万円弱。銀行からは3,800万円の融資が限界と言われてたので、余裕で予算オーバーです。

だけど、そこは親父が自分の畑を担保にしてくれて、ようやく住宅ローンの審査もクリアできました。

親孝行するつもりが、最後は結局親に助けてもらうことになりました。

東京都/30代/積水ハウス

職場から片道30分以内というのが、主人がマイホームを買う一番の条件でした。その条件だとどうしても土地代が高くなり、とても手が出ません。

一度分譲住宅を購入しようとして、住宅ローンを申し込みしたことがありますが、主人とわたしの収入を合算しても、5,500万円がギリギリだと言われていました。

条件の良い土地が売りに出るのを待つこと2年。やっと予算内で条件に合う土地がみつかりました。

それもこれも積水ハウスの営業さんが、一生懸命条件に合う土地を探し続けておかげです。

土地は27坪とやや手狭でしたけど、それでも設計士さんが一生懸命間取りを考えてくれたおかげで、主人も納得してくれる家を建てることができました。

まとめ

予算5,000~6,000万円であれば、建物だけならどこのハウスメーカーでも、40坪以上の注文住宅を建てることができます。土地からの注文住宅づくりとなると、5,000万円では厳しく6,000万円は覚悟しておく必要があるでしょう。

注文住宅の平均購入価格は3,000万円台なので、5,000~6,000万円の予算があればかなり余裕があるので、こだわりの家を建てることができます。

以下のような資料請求サイトを上手に利用して、自分の理想のマイホームを実現してくれるハウスメーカーを見つけてください。

ケース別のおすすめ資料請求

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S2000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

ハウスメーカーを比較をしたい人

LIFULL HOME'S(ハウスメーカー)

家づくりはハウスメーカーや工務店の比較が重要ですが、数が多くどの業者を比較すればいいのか分からない人が多いと思います。

業者を比較する際に便利なのが、LIFULL HOME'Sのハウスメーカー・工務店ランキングです。

実際の資料請求数やアクセス数をもとに全国版のほか、47都道府県別のランキングも作成しているので建築予定地の人気の業者が簡単に分かります。

ハウスメーカーや工務店選びで悩んでいる人は、ランキングを参考にカタログを請求してみてください。カタログを比較することで、理想の家を建てる業者が見つかると思います。

公式サイトはこちら

ページトップ