3000万円~4000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

3000万円~4000万円台の間取り、ハウスメーカー選び

住宅金融支援機構が実施した調査によると、注文住宅の平均購入費用は、土地有りの場合3,226万円、土地無しの場合だと3,898万円というデータがあり、この価格帯が注文住宅を建てる際の平均的な相場になります。

実際に、3,000万円~4,000万円でどんな注文住宅が建てられるのか解説しているので、ぜひチェックしてください。

【目次】3,000万円~4,000万円台の注文住宅
  1. 3,000万円~4,000万円で建てられる注文住宅
    1. 積水ハウスの注文住宅
    2. タマホームの注文住宅
    3. ハウスメーカーの坪単価比較まとめ
    4. 建築事務所や建築デザイナーに依頼できる?
  2. 都道府県別の平均建築費
    1. 北海道、東北地方
    2. 関東、甲信越地方
    3. 東海、北陸地方
    4. 関西地方
    5. 中国、四国地方
    6. 九州、沖縄地方
  3. まとめ

3,000万円~4,000万円で建てられる注文住宅

一般的な注文住宅の平均坪数は、35坪~43坪くらいです。45坪を超えると少し大きい家、50坪を超えるとかなり大きい家になります。35坪の一般的な間取りでも、4LDKを作ることができますので、5人家族でも問題ありません。

一般的にハウスメーカーでは、坪数と家族の人数を以下のように考えています。

  • 35坪…3人~4人家族
  • 40坪…4人~5人家族
  • 50坪…2世帯住宅でも可

予算が3,000万円~4,000万円だった場合、どれくらいの規模の注文住宅を建てることができるのか、実際に試算してみたいと思います。今回は、積水ハウスとタマホームで試算してみました。

積水ハウスの注文住宅

積水ハウスの坪単価は、商品モデルによってまちまちですが、一般的には坪65万円~70万円くらいだと言われています。

3,000万円で二階建て住宅を建てるケース

本体工事費:37坪×70万円=2,590万円
外溝工事費:250万円
諸経費:150万円
合計:2,590万円+250万円+150万円=2,990万円

外溝工事まで見据えた場合、坪単価70万円で試算すると、予算3,000万円であれば約37坪の家が建てられます。

タマホームの注文住宅

ローコスト住宅のタマホームの場合、積水ハウスより大きい家を建てることができます。タマホームの坪単価を27.8万円で試算すると、100坪の家でも2,780万円で収まる計算です。

ただし、オプションをつけると最終的には坪単価40万円は超えてくると思います。

3,000万円で二階建て住宅を建てるケース

本体工事費:60坪×40万円=2,400万円
外溝工事費:250万円
諸経費:150万円
合計:2,400万円+250万円+150万円=2,800万円

外溝工事まで見据えた場合、坪単価40万円で試算すると、予算3,000万円であれば約60坪の家が建てられます。ちなみに60坪あれば完全分離型の二世帯住宅を検討することもできます。

ハウスメーカーの坪単価比較まとめ

ハウスメーカー名 坪単価
ミサワホーム 65万円~90万円
住友林業 65万円~80万円
大和ハウス 65万円~75万円
一条工務店 60万円~70万円
セキスイハイム 60万円~70万円
積水ハウス 55万円~70万円
タマホーム 43万円~48万円
アイフルホーム 38万円~45万円

予算3,000万円~4,000万円で35坪~43坪の一般的な注文住宅を建てるなら、坪単価70万程度で問題ないので、大手ハウスメーカーで検討できます。3,000万円だと坪数に制限が入る恐れがありますが、4,000万円であれば問題ありません。

もしこの予算で二世帯住宅を検討するのであれば、ローコスト住宅が選択肢になります。仮に4,000万円でもローコスト住宅以外のハウスメーカーでは予算に収まらない可能性が高いです。

土地からの購入を検討している場合もローコスト住宅がおすすめです。土地代を1,000万円で収めたとしても、建物を2,000万円で建てるのはローコスト住宅以外難しいと思います。

建築事務所や建築デザイナーに依頼できる?

建築事務所や建築デザイナーに、注文住宅を依頼すると費用が高くなると思っている人が多いと思いますが、そんなことはありません。建築事務書や建築デザイナーは、あくまでも家を建てる施主の代理人的な役割なので、予算に応じた家を考えて作ってくれます。

「予算3,000万円ですべてを収めたい」とお願いすれば、その予算に見合った額で家を建ててくれます。それが、建築事務所や建築デザイナーの仕事です。

ただ、建築費とは別にデザイン料や委託料などが発生するケースが多く、そこが「建築事務所や建築デザイナーは高い」と思われてしまう理由だと思います。

建築家を紹介してくれるサイトもあります。その建築家が、これまでどんな家を建てているのかなど、住宅の事例集も見ることができるので、間取り作りの参考にもなると思います。

『SUVACO 予算3,000万~4,000万円の注文住宅施工事例集』
https://suvaco.jp/projects/small/f/detached-11-fdefault-cdefault-hdefault

都道府県別の平均建築費

各都道府県別の平均建築費を「土地有り」「土地無し」で表にしています。全国平均を見比べて参考にしてください。

土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
全国平均 129.4 39.1 3,226 113.4 34.3 3,898

※表の単位は「延床面積( ㎡ )」「延床面積( 坪 )」「建設費相場( 万円 )」になります。
※建築費=建物工事費+付帯工事費の合計価格ですが、保証料・保険料などの諸費用は含まれていません。

北海道、東北地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
北海道 131.9 39.9 2,898 115.6 35 3,226
青森県 131 39.6 2,719 115.6 35 3,156
岩手県 132.7 40.1 2,932 115.1 34.8 3,154
宮城県 134.9 40.8 3,155 119.9 36.3 3,780
秋田県 132.8 40.2 2,780 109.9 33.2 2,902
山形県 140.7 42.6 3,224 121.8 36.8 3,456
福島県 136.2 41.2 3,173 123 37.2 3,852

関東、甲信越地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
茨城県 127.8 38.7 3,034 116.8 35.3 3,480
栃木県 128.4 38.8 3,047 115.8 35 3,472
群馬県 124 37.5 2,905 116.1 35.1 3,356
埼玉県 128.8 39 3,317 110.8 33.5 4,154
千葉県 128.4 38.8 3,291 114.1 34.5 4,056
東京都 126.7 38.3 3,836 98.8 29.9 5,541
神奈川県 126.8 38.4 3,542 105.4 31.9 4,764
山梨県 128.5 38.9 3,034 116.4 35.2 3,352
長野県 129 39 3,111 115.9 35 3,533
新潟県 132.4 40 2,984 116.5 35.2 3,329

東海、北陸地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
富山県 139.6 42.2 2,951 125.8 38 3,329
石川県 134.1 40.6 3,151 123.9 37.5 3,576
福井県 141.3 42.7 3,149 121.2 36.7 3,211
岐阜県 130.7 39.5 3,119 116.4 35.2 3,560
静岡県 131.5 39.8 3,322 114.3 34.6 3,975
愛知県 134.3 40.6 3,474 117.2 35.4 4,434
三重県 131.5 39.8 3,230 120 36.3 3,656

関西地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
滋賀県 127.8 38.6 3,244 114.4 34.6 3,688
京都府 119.6 36.2 2,973 111.2 33.6 3,957
大阪府 131.8 39.9 3,488 110.3 33.4 4,222
兵庫県 126.7 38.3 3,186 113.3 34.3 4,044
奈良県 133.8 40.5 3,255 117.1 35.4 3,953
和歌山県 127 38.4 3,167 115.3 34.9 3,505

中国、四国地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
鳥取県 120.9 36.6 2,649 114 34.5 3,172
島根県 129.4 39.1 3,314 109.3 33.1 3,165
岡山県 128.5 38.9 3,210 116.1 35.1 3,703
広島県 127.5 38.6 3,129 114.4 34.6 3,877
山口県 121.4 36.7 3,076 113.3 34.3 3,416
徳島県 131.8 39.9 3,050 114.5 34.6 3,391
香川県 129.5 39.2 3,079 119.8 36.2 3,446
愛媛県 123.5 37.3 2,871 110.4 33.4 3,360
高知県 123.6 37.4 2,929 109.8 33.2 3,489

九州、沖縄地方

都道府県名 土地有り 土地無し
延床面積 延床面積 建設費相場 延床面積 延床面積 建設費相場
福岡県 132.3 40 3,073 114.8 34.7 3,758
佐賀県 136 41.1 3,163 116.9 35.4 3,431
長崎県 128.2 38.8 2,909 115.4 34.9 3,525
熊本県 130.3 39.4 2,949 114.2 34.5 3,434
大分県 130 39.3 3,006 115.2 34.8 3,500
宮崎県 119.8 36.2 2,652 109.2 33 3,166
鹿児島県 118.1 35.7 2,815 108 32.7 3,230
沖縄県 124.9 37.8 3,093 107.5 32.5 3,963

全国平均をみても、注文住宅を建てる人の多くが3,000万円~4,000万円で予算を収めていることがわかります。

管理人も長年ハウスメーカーの営業マンをしていましたが、予算別のお客さんの割合は次のような感じでした。

  • 3,000万円~4,000万円:7割
  • 2,500万円~3,000万円:2割
  • 4,000万円以上:1割

土地のあるなしに関わらず、ほとんどの人が予算を3,000万円~4,000万円と考えているため、注文住宅の多くは3,000万円~4,000万円で建てられるような価格設定が多くなっています。

しかし最近では、1,000万~2,000万円台で建てられるローコスト住宅も登場しているので、現在の割合は変わっていると思います。

注文住宅を建てる際の予算は人それぞれなので、自分の予算に合った家づくりを行いましょう。

合わせて読みたい記事

まとめ

予算3,000万円~4,000万円であれば、ほとんどのハウスメーカーで注文住宅を建てることができます。全国の注文住宅の平均価格は39.13坪の3,226万円となっていますから、予算3,000万円でも十分に検討することができます。

ローコスト住宅であれば二世帯住宅でも予算に収まると思いますが、大手ハウスメーカーでは二世帯住宅を建てる場合は、予算4,000万円でも少し厳しいでしょう。

ですが、予算3,000万円~4,000万円と考えた場合、まずハウスメーカーを限定されることはありませんので、一括比較サイトなどを利用して、できるだけ多くのハウスメーカーから資料を取り寄せて、自分の好みにあうハウスメーカーを探すのがおすすめです。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いと思います。

そんな時におすすめなのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー28社の提案を、無料で比較することができます。

土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

忙しくて大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方は、このサービスを使えば簡単にカタログを取り寄せることができますし、自宅で慎重にハウスメーカーを比較したい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


二世帯住宅をつくりたい場合

タウンライフ(二世帯住宅)

最近では高齢化が進み、二世帯住宅を建てる人も多くなっています。土地の購入が1箇所ですむため、他の部分にお金を掛けられるメリットも魅力的ですよね。

ですが、二世帯住宅は、バリアフリーにするための構造を考慮したり、2家族分の間取りを決めなければいけないなど、一般的な注文住宅を建てるより難しい部分が多いのも事実です。

そんな時はタウンライフ2世帯住宅特集を利用しましょう。タウンライフ注文住宅の基本サービスを軸に、二世帯住宅づくりを得意とする専門のスタッフと住宅会社が、一から家づくりをサポートしてくれます。

最短3分、約10項目の入力をするだけで、各住宅会社からの提案をもらうことができます。送られてきた提案を基に、自分の理想に近い提案をくれた信頼できる会社に依頼しましょう。

公式サイトはこちら

 

ページトップ