注文住宅の間取り図で失敗しないための法則と費用相場

注文住宅の間取り図で失敗しないための法則と費用相場

マイホームは一生に一度あるかの大きな買い物です。数千万円もかけて購入するのですから、絶対に失敗したくないですよね。

特に、間取りで失敗してしまうと、住みづらい家になってしまいます。注文住宅の場合は、自分たちで間取りを考えていく楽しみがある反面、「あそこの間取りをこうしておけば良かった…」と、完成後に後悔する人が後を絶ちません。

「家は3回建てて、はじめて理想の家が完成する」という言葉がありますが、数千万円も払って購入するのですから、そんな2回も3回も建てることなんて、普通はできません。

そこで今回は、失敗しないための間取り作りのコツや、間取りに関する疑問などについて解説します。

間取りで失敗したと思う場所ランキング

管理人がハウスメーカーの営業マンだったころ、実際に注文住宅を建ててもらったお客さんから聞いた話を元に、「この間取りは失敗した」と思う場所をまとめて、ランキングにしてみました。

1位:収納の数や場所
2位:各部屋の広さ
3位:動線が悪い
4位:バスルームの広さ
5位:各部屋の配置

このような場所や間取りで、後悔する人が多かったです。こちらも経験も交えながら失敗しない間取りづくりのアドバイスをするのですが、それでもやはり自分たちの意見を優先したり、予算的な問題で坪数を減らした結果、完成後に後悔してしまう人が後を絶ちませんでした。

具体的にどのような失敗だったのか、また、どのような解決策があるのかを解説していきます。

収納の数や場所

圧倒的に多いのが収納の広さが足りないということ、次いで収納の場所です。

収納の広さでの失敗

収納の広さが足りなくなる原因としては、基本的にプラン図には収納の広さが記載されていないためです。

最近、ウォークインクローゼットなどには「1.5帖」、「2帖」のように、広さが記載されていることもありますが、帖や坪数で書かれても想像できないことが多く、結果として予想していたよりも収納が足りない、という状況が発生してしまいます。

この対策としては、プラン図の収納部分は、奥行きや幅をセンチメートル(cm)やミリメートル(mm)で記載してもらうようにお願いしたり、自分で書き込むようにすると想像しやすいでしょう。

もう1つ、少し上級者向けの対策なのですが、基本的に収納スペースは2帖など床面積で考えるのではなく、「壁面積」で考えるという方法もあります。リビングダイニングであれば、壁面積7㎡以上の収納が理想的だと言われています。

収納の配置での失敗

収納の場所でも失敗例が目立ちます。出窓がある家などは、出窓の下を収納スペースとして考えるケースが多いのですが、子供部屋などは出窓下に収納があると、ベッドを置くスペースが限定されてしまったりします。

対策としては、間取り図を見て、どのように家具や家電を配置するのか色々と試してみると、ベストな収納位置が見えてくるでしょう。

各部屋の広さ

部屋の広さで失敗したと感じる人もかなり多いです。

LDKが広すぎて冷暖房の効きが悪い、主寝室が広すぎて殺風景、子供部屋が狭すぎて片付かないなど、部屋の広さは実際に住んでみないとわからないことも多いので難しい部分でもあります。

理想的なLDKは16帖~20帖と言われており、リビングダイニング部分で13帖~15帖、キッチン部分で3帖~5帖です。広ければ良いというものではなく、家具などの数や大きさも考慮しておかなければ、殺風景な部屋になってしまいます。

対策としては、間取り図に、実際の縮尺でダイニングテーブルやソファーなどの家具家電品を書き込み、どれくらいのスペースが必要なのか見てみましょう。

住宅展示場の部屋のイメージよりも、実際の部屋の方が少し狭く感じます。これは、展示場には必要最低限の家具家電しか設置されておらず、実際にはもっと荷物が増えるからです。

これは絶対に覚えておいてほしいのですが、注文住宅の場合、「6帖」といってもハウスメーカーによって広さが異なることがあります。その理由は、広さを表す方式に「尺モジュール」と、「メーターモジュール」の2つがあるからです。

一般的には、基本単位が910mmの尺モジュールを採用している会社が多いのですが、なかには基本単位が1,000mmのメーターモジュールを採用しているハウスメーカーもあります。

この「1帖」の誤差は、部屋が大きくなればなるほどズレが出てしまうので、事前にどちらの単位なのか尋ねておくようにしましょう。

このように、同じ6畳でも、「尺モジュール」と「メーターモジュール」では、広さが異なります。平米数にすると尺モジュールで約10㎡、メータージュールだと約12㎡になります。

これとは別に、京間(955mm×1910mm)などと呼ばれる寸法もあるので注意しましょう。

動線が悪い

動線とは、日常的に移動する軌道のことをいいます。例えば、調理をしながら洗濯したりお風呂掃除をするとき、キッチンから洗面所へ移動します。これも動線の1つです。

日常的に移動する軌道を、より使いやすくするための間取りこそが、住みやすい家づくりには必要不可欠ということになります。

キッチンから洗面所へ移動するとき、リビングを通って洗面所へ行くのと、キッチンから直接洗面所まで行ける間取りであれば、当然キッチンから直接行ける方が楽ですよね。

動線は奥様だけのことではありません。家に住む全ての人に、かならず日常的な動線が存在しています。ですので、家族全員の動線を意識して、間取りを考える必要があります。

キッチンから洗面所だけでなく、洗濯機から洗濯物を干す場所までの動線、子供が帰宅してから部屋に向かうまでにリビングを通るようにする動線、高齢者が同居するときは夜中にトイレに行きやすい動線など、家族それぞれの動線があるはずです。

子供と毎日顔を合わせることができるように、2階への階段をリビング内に設けるのも、動線を意識した間取りづくりだと言えます。

しかし、リビング内階段を意識するあまりに、間取りの自由度が極端に低くなってしまう恐れもあります。

つまり、理想の動線を実現することが、必ずしも間取りづくりにプラスになるとは限らないということです。プラス面とマイナス面を考慮しながら、最終的にどこで妥協するのかを考え決めていくのが、間取りづくりの大変なところでもあり、醍醐味でもあります。

バスルームとトイレの広さ

間取りの失敗ではないかもしれませんが、、バスルームの広さで後悔する人が多かったので、ここで簡単に解説させてもらいます。

注文住宅といっても、バスルームはシステムバスを採用しているハウスメーカーがほとんどなので、バスルームの広さやバスタブなどは規格品を使います。

バスルームの広さは、0.75坪、1.0坪、1.25坪、1.5坪のタイプが主流です。1.25坪までが標準、1.5坪になるとオプションというケースもあります。ちなみに、一般的な賃貸マンションのバスルームの広さは0.5坪くらいです。

そう考えると、2倍の1.0坪でも十分と思う人も多いですが、子供と一緒に入ったり、介護が必要なケースとなれば、1.0坪ではかなり狭く感じるはずです。そのようなケースだと、最低でも1.25坪、できれば1.5坪タイプを選ぶことをおすすめします。

介護が必要な人が家族にいるケースでは、1.5坪の広さがあった方が安心だと思います。

ハウスメーカーの営業マンが予算オーバーで坪数を減らすとき、まずバスルームと脱衣所を0.25坪づつ減らすことをすすめてきますので、よく検討して減坪するか決めるようにしてください。

トイレの広さは「壁芯」を考慮しよう

トイレに関しても、もう少し広くしておけば良かったと後悔する人が多いです。注文住宅のトイレの広さは、基本的に0.75畳か1畳のタイプが多いです。

賃貸アパートのトイレが0.5畳程度なので、1畳もあれば問題ないと思ってしまいますが、実際のトイレの広さは1畳にはなりません。

1畳タイプのトイレは、図面上910mm×1820mmですが、それは「壁芯」からの長さであって、実際の空間はそれより狭くなっていまいます。

間取り図では、壁の中心からのサイズ表記になっているので、画像でいうと赤い部分(壁の厚み)を、実際のサイズから差し引きしなければなりません。そうすると、想像よりも狭いトイレだと感じてしまうことがあります。そのため管理人は、手洗い台が設置できる広さのトイレをすすめいていました。

実際に管理人が担当した注文住宅を訪問したとき、奥様から「トイレが狭くて、そこだけが後悔しています。毎回トイレに入るたびに、どうしてあのとき15万円(0.25坪単価)をケチってしまったんだろうと泣けてきます」と言われたことがあります。

間取り図の数字に騙されないように、実際の空間の広さを想定して、どのくらいの広さにするか決めるようにしましょう。

各部屋の配置

先程解説した「動線」と被る部分があるのですが、各部屋の位置そのものを失敗したという人も多かったです。

バスルームと主寝室は離す

極端な例をあげると、夜遅くに帰宅する人がいるのに、主寝室をバスルームの隣に配置するのは明らかにミスです。主寝室で寝ている人からしたら、シャワーの音が気になって眠れませんし、シャワーを使う方も気を遣ってしまいます。

採光や風の通り道を考える

各部屋の配置では、採光や風の通り道まで考えなければなりません。風が通りづらい間取りにすると、夏は室内の温度がどんどん上がり、冬は冷気がどんどん溜まってしまいます。

エアコンの室外機と部屋の近さにも注意

エアコンの室外機の位置にも注意しましょう。室外機の音がうるさくて寝れないという例もあります。神経質な人は、あらかじめ室外機を離れた位置に設置するなどの対策を考えましょう。

主寝室は1階?2階?

他にも、部屋の配置で悩むことが多いのは、夫婦の主寝室を1階にするか2階にするかです。

これに関しては、どちらが正解ということはありませんが、1階にいつでも主寝室にできるような部屋を、あらかじめ設けておくことをおすすめします。

年齢を重ねると、階段の上り下りだけでも苦痛になります。1階に部屋がなかったら、万が一事故で障害を負ったり、介護が必要な家族の面倒をみることになったときには、増築や大規模なリフォームをしなければなりません。

最近は、広いLDKを好む人が増えており、1階部分をLDKと水まわりだけにして、2階に夫婦の主寝室と子供部屋を設けるケースが多いのですが、やはり年齢を重ねたときのことを考えると、将来どうするのだろうと思ってしまいます。

玄関の位置に注意

ランキングには入れてませんでしたが、もう1つだけアドバイスしておきたいことがあります。

意外に盲点になりやすいのが「玄関の位置」です。経験が浅い営業マンを見極める方法の1つでもあるのですが、ハウスメーカーや工務店では契約前のラフプラン(簡易間取り図や概算予算など)は、営業マンが独自に作成することがあります。

その際、l経験が浅い営業マンであったり、お客さんの気持ちになって間取りを考えていない営業マンは、玄関位置のミスをしていることがあります。

間取り全体の良い悪いは別にして、上記2つであれば左の方が悪い玄関位置になります。左の間取りでは、玄関に立って室内を見た場合、トイレも脱衣所も丸見えになっていますよ。

お客さんが来て玄関先で話をするとき、この間取りではトイレに行くのも、お風呂から上がるのもためらってしまいます。

もし階段が玄関の真正面にあった場合は、スカートを履いている女性はずっと2階に行けませんし、真正面にLDKがあればリビングやキッチンが丸見えになってしまいます。

間取りや部屋の配置は、全ての箇所に失敗が潜んでいます。この失敗を減らすためには、自分が実際に住んでいるイメージをすることがとても大事です。

玄関のことでいえば、実際に玄関に立ったイメージをすれば、「そこに階段やLDKはない方がいい」と気づけるはずです。

男性と女性で気付けるポイントが違うので、家族全員でよく相談しながら間取りを決めていきましょう。

間取り作成のポイントと注意点

ここからは実際に間取りを作成していく時のポイントや、ハウスメーカーや工務店などに間取り作成を依頼する際の注意点を解説します。

間取りを書いてもらうのにお金は掛かるのか?

ハウスメーカーの営業マンだったころ、お客さんから受けた質問で多かったのが、「間取りを書いてもらうのはタダなのか?」です。不動産業界の人にとっては当たり前のことでも、一般の人ははっきりとわからないと思います。

基本的に、ハウスメーカーが提案する間取りは無料です。1つの間取り図を完成させるには、最低でも2時間くらいはかかりますが、これはハウスメーカーの営業マンが書いているので、間取り図に関してお金を請求することはありません。

ただし、仮契約や請負契約のあと、設計士さんが書く図面となれば話が変わってきます。

その図面で家を建ててしまえば、基本設計料は建築費に含まれるため、間取り作成時に料金は発生しませんが、契約後にキャンセルしてしまうと、実質損害金として設計料どを請求されることがあります。

ハウスメーカーや工務店によっては、独自のルールがあるケースもあります。正式な設計図は3回まで無料とし、4回目以降は有料としていることがあるので、確認してから間取り作成をお願いしましょう。

大手のハウスメーカーであれば、何度間取り図を書き直しても無料としているのが一般的なので、「○回目以降の間取り図は有料」としている業者はあまりおすすめしません。

ハウスメーカー・工務店は無料!設計事務所は有料

基本的に間取り図の作成は無料と話しましたが、設計事務所や建築デザイナー等に依頼する場合は違います。

ハウスメーカーや工務店は、建物価格の中に設計料も含まれているという考え方なのですが、設計事務所や建築デザイナーたちは、建物の建築を請負うのではなく、あくまでも注文住宅のサポートを代行してくれる立場にあります。

ですので、ハウスメーカーのように建物価格で利益が出ることはありません。あくまでも、設計や建築管理サポートという面に対価を払う必要がありますので、間取り図1つ書いてもらうにもお金が掛かります。

こだわりを無くした方が建物の価値は高い

好きなように間取りを決めることができるのが注文住宅なのだから、あらゆる場所に自分たちのこだわりを詰め込みたいと思う人は多いはずです。それが注文住宅の醍醐味でもあります。

しかし、建物の価値・評価という面を考えたとき、こだわりが強くなるとマイナス評価になる可能性が高いです。

将来的に売却することになった場合、こだわりが強い家というのは、なかなか買い手がつかないことが多いです。どんなに良い立地や素敵な戸建て住宅でも、1つ強いこだわりがあるだけでなかなか売れません。

こだわりが強かったため売却できなかった例

これは実際に売却を依頼された戸建て住宅の話しですが、その家は立地も最高で、築7年目の比較的新しい物件でした。しかし、2ヶ所だけこだわっていた箇所がありました。

1つ目は、ご主人が大音量で音楽を聞くのが好きだったため、防音対策ばっちりのプライベートルームがあること。

2つ目が、奥様が外国人だったこともあり、1階のバスルームとは別に2階にシャワールームを設置したことです。外国の人は、起きてすぐシャワーを浴びる習慣があるため、ベッドルームの隣をシャワー室にしたかったそうです。

この家の場合、防音設備が整ったプライベートルームだけであれば、なんとか買い手が見つかったかもかもしれませんが、2階にシャワールームがあるのは日本人には受け入れがたく、なかなか買い手が決まらず4回ほど値下げをしたのですが、結局買い手が見つかることはありませんでした。

運良く、「そんな設備が欲しかった」という人がいればいいですが、こだわりが強い間取りになると、売却査定でもマイナス評価になってしまうことがあります。

「売却するなら注文住宅よりも、建売住宅だった方が早く買い手が決まる」という言葉があるように、万人受けする間取りで建てられている方が売却しやすいです。

もし売却する予定があるならば、このような点も考慮して間取りを決めていく必要があるということです。

自分で間取り図を書いてみる

間取りを書くのは素人には難しいと思っているかもしれませんが、決して難しいことではなく、自分で書くこともできます。自分で作成することで、良い点や悪い点に気付くことができます。

ハウスメーカーの新人営業マンは、専門的なことを一切教えてもらえないまま、まずは間取りを書く練習から始めることもあるくらいです。

実際に展示場に訪問するお客さんの多くが、自分で何度か間取りを書いた経験があると言われます。誰に見せるわけでもないので、下手でも構いません。まずは自分たち家族の理想の間取りを、一度書いてみましょう。

間取りを書く方法は、紙に書く方法と、インターネットを利用して作成する方法の2つあります。

方眼紙で間取り図を作成する

まずは文房具店へ行き方眼紙を買ってきましょう。方眼紙は、ハウスメーカーの営業マンたちが間取りを書くために使っている、スケッチノートのようなものです。

コクヨの「A3・1mm方眼(280×400)」がおすすめです。

この方眼紙と、鉛筆、定規があれば簡単に間取りを書くことができます。

インターネットで間取り図を作成する

少し前までは、PCで間取りを作成できるソフトは高額で、業者の人しか持っていませんでしたが、最近では無料で間取りを書くことができるサイトがあります。


(出典:住まいづくり情報サイト e-house

あらかじめ作られたパースを画面に並べていくだけなので、知識がなくても簡単に間取り図作成が出来てしまいます。

慣れてくれば、20~30分ほどで戸建ての間取りを作ることができます。さらに、自分が作った間取りや外観を、画像のように3D化してみることもできます。

有料のソフトもありますが、無料の間取り作成ソフトで十分過ぎる機能がありますので、一般の人はわざわざ有料ソフトを買う必要はありません。

営業マンが書く間取りは信用し過ぎない

最後に1つ言っておきたいことがあります。営業マンが書く間取りを信用し過ぎないようにしましょう。

ハウスメーカーや工務店の営業マンが、間取りを書いて提案してくれることがありますが、営業マンが間取りを書いてくれる理由は、お客さんの家を後日訪問するための口実の1つに過ぎません。

彼らは営業のプロであり、設計士のように専門的な勉強をしているわけでもなければ、資格を持っているわけでもありません。そのため、構造的に不可能な間取りを書いてしまうことが多々あります。

営業マンが書いた間取りに魅力を感じて契約したけど、実際に設計士が書く段階になって「○○部分は構造的に無理です」と、一蹴されてしまうことがあります。

もし、間取りにどうしてもこだわりたい部分があるのでしたら、必ず「この部分は本当に実現可能なのか」と、設計士に確認するよう営業マンに伝えておきましょう。

広いLDKが希望だったため、営業マンが25帖のLDKがある間取りを提案してくれたけど、ちゃんとした構造計算をしたら、リビングの真ん中に大きな柱がないと実現できないということも良くあります。

まとめ

注文住宅の醍醐味は、自分の好きな間取りを実現できることです。家づくりにおいて一番楽しい時間というのは、間取りを決めているときでしょう。しかし、楽しみや期待が大きい反面、失敗したと感じると落胆も大きくなります。

100%理想通りの家づくりは出来ないと、割り切って考えておくのも大事です。「家は3回建てて理想の家が完成する」と言われていますが、3回では足りないと思うほどです。

管理人も、何十人というお客さんの家づくりのお手伝いをしてきましたが、今でも100%納得がいく家づくりができる自信はありません。

「あそこまで勉強して悩んで決めた間取りだから、失敗した箇所もあるけど、これも良い思い出だ」くらいで考えておくのが良いかと思います。

色々な家の間取りをみたり、実際に自分で間取りを書いてみるのが、間取りで失敗しないための一番の近道だと思います。

タウンライフでは、予算や希望している条件を入力することで、条件にあったハウスメーカーや工務店の間取り例が載っている資料を一気に集めることができるので、これから間取りを考えるという方は利用して色々な間取り例を見てみましょう。

ケースに合わせた資料請求をしよう

ゼロから家のことを相談したい場合

タウンライフ(家づくり)

タウンライフ家づくりでは、依頼する住宅会社のプランを比較してくれるだけではなく、土地探しのお手伝いや諸費用の見積もり、家づくり全体の計画書の作成までサポートしてくれます。

初めて注文住宅を建てるという方は、いったい何から始めて、どう資金計画を建てていけば良いのかわからないですよね。そのような、始めて家づくりをする方におすすめのサービスです。

すでに注文住宅づくりを始めているという方で、間取りが決められない、依頼する施工会社が決められないという方にも使ってもらいたいサービスとなっているので、タウンライフ家づくりは、家づくりをするすべての人の助け舟となってくれるでしょう。

公式サイトはこちら


ハウスメーカーの比較をしたい場合

タウンライフ(ハウスメーカー)

注文住宅は一生に一度の大きな買い物です。地元の工務店や設計事務所に依頼する方も多いですが、やはり信頼できる大手に依頼したいという方も多いはず。

そんな時に利用してもらいたいのが、この「タウンライフ大手ハウスメーカー特集」です。大手ハウスメーカー24社の提案を、無料で比較することができます。

1位のタウンライフ家づくりと同じように、土地探しから間取りプランの作成、注文住宅づくりにかかる費用の計算、計画書作成のサポートもしてくれます。

大手ハウスメーカーの住宅展示場に行くのが面倒という方も、このサービスを使えば会社のカタログも取り寄せることができますので、住宅会社選びを慎重に行いたい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら


二世帯住宅をつくりたい場合

タウンライフ(二世帯住宅)

最近では高齢化が進み、二世帯住宅を建てる人も多くなっています。土地の購入が1箇所ですむため、他の部分にお金を掛けられるメリットも魅力的ですよね。

ですが、二世帯住宅は、バリアフリーにするための構造を考慮したり、2家族分の間取りを決めなければいけないなど、一般的な注文住宅を建てるより難しい部分が多いのも事実です。

そんな時はタウンライフ2世帯住宅特集を利用しましょう。タウンライフ注文住宅の基本サービスを軸に、二世帯住宅づくりを得意とする専門のスタッフと住宅会社が、一から家づくりをサポートしてくれます。

最短3分、約10項目の入力をするだけで、各住宅会社からの提案をもらうことができます。送られてきた提案を基に、自分の理想に近い提案をくれた信頼できる会社に依頼しましょう。

公式サイトはこちら

ページトップ