注文住宅のプラン作成相談もAI化(人工知能)が進む?

皆さんが持っているスマートフォンをはじめ、掃除機やドローンなど、あらゆる分野で人口知能(AI)の進歩は目覚ましいものです。

これは最近のニュースで耳にしたのですが、とうとう住宅業界にもAI化の兆しが見られ始めました。

注文住宅や分譲マンションなどの購入時の相談窓口をAI化してしまおうという試みが進んでいるというニュースでした。

住宅展示場に足を運ぶ人が少ない

注文住宅や分譲マンションを気になっていたとしても、住宅展示場まで足を運んでみようと思う人は少ないです。その理由のひとつとして、「その後の営業電話や訪問営業が煩わしい」ということが挙げられます。

もし営業電話もなく、訪問営業もないのであれば軽い気持ちで住宅展示場へ足を運び、あれこれ相談したり、わからないことを営業さんに質問して聞いてみたいと思う人も多いはずです。

住宅のことをAIに相談する時代に

そこで目をつけたのが、このような初期段階の相談をAIに託すという開発です。

まだ実現には至っていはいないようですが、すでに実験的に運用が始まっているみたいですので、きっと近い将来、簡単なマイホーム相談やプランの相談などはAIに気軽に相談できるようになるはずです。

ちなみに現段階で運用を見据えているサービス内容というのが、「AI(人工知能)を活用した24時間365日のチャット対応サービス」だそうです。

具体的には「住まい設計プランの初期提案」などに対応できるようにしていくそうなので、間取り作成でわからないことがあれば気軽にAIに質問したり、予算や生活スタイルに見合った間取りプランを提案してくれるようになるのかもしれません。

しかもすでにテスト運用として「就職を希望する就活者向けの採用問い合わせ窓口」へ導入されているようですので、早ければ今年や来年から当サービスを利用できるようになるかもしれません。

今後は住宅相談がもっと身近に

このようにこれまで人的サービスだった部分がAi化されることで、もっと気軽に注文住宅や分譲マンションへの門戸が開かれると良いなと素直に思いました。

このサービスを検討しているのは、熊本県山鹿市に拠点をおく「㈱エスケーホーム」です。今後、たくさんの企業がAI(人工知能)を取り入れて、それが当たり前になっているかもしれませんね。

参照元:不動産流通研究所

ページトップ