建売住宅のメリットデメリットを注文住宅と比較

注文住宅と建売住宅のメリット・デメリット

マイホームを検討している人の多くは、建売住宅と注文住宅どちらにするのか悩んでいると思います。

国土交通省が発表している平成27年度の新築住宅着工数によると、全体の約3割が建売住宅で残りの約7割が注文住宅でした。

注文住宅の割合が多いですが、それぞれにメリットデメリットがあります。後悔しないためにもしっかり両者を比較して、どちらにするのか決めるようにしてください。

建売住宅と注文住宅では何が異なるのか?

建売住宅と注文住宅の違いをひと目でわかるように、比較表を作ってみたので参考にしてください。表のあとにそれぞれの特徴を詳しく解説するので、あわせてチェックしておきましょう。

建売住宅

項目 評価 理由
価格 注文住宅より安い
間取りの自由度 基本的に間取りなどは決まっている。
建築業者選び × 販売業者に依頼
建物の工法 × 販売業者が採用している工法
工期 1ヶ月~2ヶ月
地域選び ある程度地域は限定される
工事過程の確認 完成済みなら不可
リフォーム 建売住宅の多くが2×4なので自由度は低い

注文住宅

項目 評価 理由
価格 建売住宅より高い
間取りの自由度 間取り、内装、外観を好きに決められる
建築業者選び 好きに選べる
建物の工法 希望の工法に合う業者を選ぶことができる
工期 4ヶ月~6ヶ月
地域選び 好きな地域で建てられる
工事過程の確認 最初から最後まで確認できる
リフォーム 工法により比較的容易にできる

建売住宅とは?

新築の建物と土地をセットで販売している住宅のことを、「建売住宅」や「分譲住宅」といいます。建物がすでに完成してから販売するケースもあれば、建築中の段階で販売開始するケースもあります。

土地と家をセットで購入できるため、土地探しの手間も省けますし、分譲マンションのように、打ち合わせやローンの手続きも簡素化されています。

また規模の大小はありますが、まわりの家も同時期に販売されています。その為、コミュニティが成立している町に後から入って行くというより、まわりも同時に新しい町に住み始めるという感覚なので、近所付き合いという面でもプラスになることが多いです。

建売住宅のメリット

  • 実際の建物を見学することができる
  • 規格化された建物なので、建築コストが安くなる
  • 打ち合わせも少なく、完成済みの物件なら短期間で住み始めることができる

何といっても最大のメリットは、すでに完成している物件であれば、実際の建物や内装を見学して決めることができる点です。

さらに分譲地では、同じ規格の住宅を何棟も建てるので、それだけ生産コストを抑えることができ、お手頃な価格で購入することができます。完成済みの物件なら即入居も可能ですし、建築途中の物件でも、1ヶ月から2ヶ月程度で入居できるケースがほとんどです。

建売住宅のデメリット

  • 間取りや設備などを、自由に選んだり決めたりすることができない
  • 隣近所も同じような外観の建物ばかり
  • 建築過程をみることができないので、手抜き工事や材質の不安がある

一番のネックは間取りや内装など、自由に選んだり決めたりできない点です。分譲マンションと同じように、すでに間取りも決まっている物件がほとんどです。建売業者の中には、間取りの変更にも応じてくれる場合がありますが、そうなると基本的には別途オプション料金を取られてしまいます。

また隣だけでなく、同じ分譲地内であれば、ほとんどの建物が同じ外観やデザインになりがちです。そして建築段階をチェックすることもできないため、どんな木材が使われているのかもわからず、手抜き工事の可能性も出てきます。

注文住宅とは?

注文住宅というのは、間取りや工法を決め、それに見合った建築会社に依頼して、戸建て住宅を建てることです。間取りの決定段階から自分たちの希望を反映させることができるので、「リビングを30帖にしたい」とか、防音設備の整った部屋を作りたい、などあらゆる要望を実現することができます。

間取りだけでなく、木造住宅にするのか、すべての壁をコンクリートにしてRC造にするのか、など工法も好きに選べます。また、内装や外装、キッチンなどの設備品も自分たちで好きなように選ぶことができます。

そしてなにより、家を建てる土地の有無で、完成までのプロセスが大きく変わってきます。土地を探して、建築を依頼する業者を決めて、そこからやっと間取りや内装などの打ち合わせに入ることができるので、それなりの時間と費用を覚悟しておかなければなりません。

戸建て住宅の場合、他にも「建売住宅」や「規格住宅」などがありますが、もっとも贅沢な建て方であり、もっとも費用がかさむのが注文住宅と言えます。

注文住宅のメリット

  • 間取りや内装だけでなく、工法や外観などの自由度が高い
  • 自分たちの都合に合わせて、家の広さや工法を決めることができる
  • 地盤改良から完成まで、自分たちもチェックすることができる

注文住宅のメリットは、やはり全ての項目に携わっていくことで、自分たちが建てた家という達成感と満足感を得ることができる点です。いざ完成後に何か不満点が出てきても、自分たちが考え抜いて決めたことなので諦めもつきます。

さらに木造住宅や軽量鉄骨造など、工法も好きに選ぶことができ、建築業者も自分たちで納得のいく業者にお願いすることができます。

注文住宅のデメリット

  • プラン図や模型だけでは、完成後のイメージがしづらい
  • 土地探しからなので、完成までに時間を要するケースが多い
  • 間取りや内装の打ち合わせだけでも、相当な時間を取られてしまう

プラン図や模型だけで間取りを決めていくので、いざ完成してみたら、「もっとリビングが広いと思っていた」などの不満が出てしまうこともあります。どうしても図面や模型だけでは、空間の広さなどを的確にイメージすることはできません。

LDKがモデルハウスと同じ15帖だったとしても、キッチンの配置や家具の配置によっては、モデルハウスより狭く感じることもあります。こうしたイメージと、実際の完成後の広さが違うように感じてしまうのが、注文住宅では珍しくありません。

また家を建てる土地がなければ、土地探しから行わなければならないので、完成までに相当な時間を要することもありますし、土地を手配したハウスメーカーで家を建てなければならないこともあります。

注文住宅というのは、完成までに時間がかかるものだと考えておく方が良いでしょう。どんなにスムーズに進行しても、業者決定から物件の引渡しまでには、4ヶ月~6ヶ月位の期間を必要とします。

建売住宅vs注文住宅のまとめ

前半の表で比較していますが、総コストが高くなる分、注文住宅の方が多くの項目で自由度が高いことがわかります。

ちなみに、国土交通省が発表している27年度の新築住宅着工数は、

  • 分譲住宅一戸建て(建売住宅)=126,235戸
  • 持家(注文住宅)=284,441戸

となっており、全体の約3割が建売住宅、約7割が注文住宅であったことがわかります。

両者を比較する際に気になるのはコストだと思いますが、それぞれの特徴としてメリットとデメリットを理解した上で、家族全員で話し合って理想の住まいづくりができるようにしましょう。

注文住宅のコストが気になる人は、無料のカタログ請求サイトを利用してみてください。自分の希望する間取りの家を建てるのに必要な金額の目安が分かります。また予算からどんな間取りの家が建てられるのかイメージすることもできます。

どのサイトも契約の必要性がないので、安心して利用できます。建売住宅で後悔しないためにも、注文住宅と比較しておくことをおすすめします。

ケース別のおすすめ資料請求

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

ハウスメーカーを比較をしたい人

LIFULL HOME'S(ハウスメーカー)

家づくりはハウスメーカーや工務店の比較が重要ですが、数が多くどの業者を比較すればいいのか分からない人が多いと思います。

業者を比較する際に便利なのが、LIFULL HOME'Sのハウスメーカー・工務店ランキングです。

実際の資料請求数やアクセス数をもとに全国版のほか、47都道府県別のランキングも作成しているので建築予定地の人気の業者が簡単に分かります。

ハウスメーカーや工務店選びで悩んでいる人は、ランキングを参考にカタログを請求してみてください。カタログを比較することで、理想の家を建てる業者が見つかると思います。

公式サイトはこちら

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S2000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ページトップ