規格住宅やセミオーダー住宅のおすすめハウスメーカー

規格住宅やセミオーダー住宅と注文住宅の違い

マイホーム計画を立てる際に「規格住宅」「セミオーダー住宅」「フルオーダー注文住宅」という言葉を耳にすると思いますが、違いをまとめると以下のようになります。

坪単価 工事期間 間取りの自由度 設備の自由度
規格住宅 40~60万円 3~4ヶ月 × ×
セミオーダー住宅 50~80万円 4~6ヶ月
フルオーダー住宅 75~90万円 8~12ヶ月

このページでは少し分かりにくい「規格住宅」と「セミオーダー住宅」についてわかりやすく解説します。

人気ハウスメーカーや両者のおすすめな人についてもまとめるので、ぜひ参考にしてください。

規格住宅で人気のハウスメーカー

規格住宅とは、あらかじめ決まったプラン(間取り)をカタログなどから選び、外観や屋根の形状を、複数の選択肢から選んでいくタイプの家をいいます。

基本的に間取りや窓の位置などを変更することはできませんが、内装(壁紙や床の色)などはある程度自由に選ぶことができます。

規格化された商品なので、大量生産することで価格を抑えることができるのが特徴です。簡単にまとめると以下のようになります。

  • 間取りがあらかじめ決まっている
  • プランが決まっているので打ち合わせ時間が短い
  • 建設期間が短い
  • 大量生産されているので価格が安い

ちなみにすべてのハウスメーカーで規格住宅を取り扱っているわけではありません。ここでは、規格住宅を扱っているハウスメーカーを3社紹介します。

ミサワホーム

ミサワホーム

出典:ミサワホームの規格住宅「SMART STILE H」

ミサワホームでは、規格住宅プランがたくさんあり、そのなかで人気なのが、「SMART STILE H」です。高い品質と、多くのプランでこだわりに応えてくれる柔軟性を兼ね備えています。

スタイリッシュな外観ですが、高強度・高断熱、さらには高耐震設計で家族に寄り添った優しい家となっています。もちろんミサワホームといえばの「蔵」もあります。

ミサワホームの平均坪単価は75.4万円で、「SMART STILE H」は65~70万円ほどです。

三井ホーム

三井ホーム

出典:三井ホームの規格住宅「SELECT ORDER」

暮らしやすい家にするためのアイデアにこだわった多彩なプランと、自分好みのインテリアや外観を組み合わせることができる商品です。

用意されているプラン数は全部で203通りで、優柔不断な方でも簡単に上質な家を建てることができます。

上記に4つのインテリアスタイルと6つの外観スタイルを自由に組み合わせることができます。

三井ホームの平均坪単価は95万円を超えますが、この規格型住宅セレクトオーダーなら、坪単価は60~70万円ほどです。

レオハウス

レオハウス

出典:レオハウスの規格住宅「大人気の家CoCo Life」

オリコン顧客満足度ランキング「金額の納得感部門」で3年連続1位に選ばれているのがレオハウスです。

レオハウスの規格型住宅「大人気の家CoCo Life」は、さらに低コストで自分好みの家を建てることができる商品として人気です。

用意されているプランの数は全部で48通り。そのプランに合わせて「外装」「内装」「仕様」を選べるようになっています。

レオハウスの平均坪単価は40~45万円ほどですが、この規格型住宅「大人気の家CoCo Life」だと坪単価は35~40万円ほどです。

規格住宅がおすすめな人

  • 新しい家にできるだけ早く住みたい
  • 一戸建てのマイホームは欲しいが、なるべく費用は抑えたい
  • 間取りや工法には、あまりこだわりがない
  • 優柔不断なので、いくつかの候補の中から選ぶ方が良い
  • 打ち合わせに時間をかけることができない

このように規格住宅を選ぶ人が、必ずしも金額だけの問題というわけではありません。

仕事が忙しく打ち合わせの時間をなかなか作れない人、事情があり、工期をどうしても急ぎたい人などにも、規格住宅は選ばれています。

 

ここまで規格住宅について解説してきました。

規格住宅がおすすめな人の中で「なるべく費用は抑えたい」と考えている人は、一度自分の予算でどんな注文住宅が建てられるのかイメージすることをおすすめします。

実は、建物だけなら1,000円台や2,000円台で自分の希望する家を建てることできます。

イメージするのにおすすめなのが、注文住宅のカタログが予算別に請求できるLIFULL HOME'Sです。

LIFULL HOME'Sの特徴は建設予定地別に請求できるので、大手以外にも地元の業者のプランも比較できる点です。

徹底的に比較することで、できるだけ安く理想の家を建ててくれる業者が見つかると思います。

費用を抑える目的で規格住宅を検討している人は、自分の予算でどんな注文住宅が建てられるのかイメージした上でどちらにするのか判断すれば、後で後悔することはないと思います。

セミオーダー住宅で人気のハウスメーカー

セミオーダー住宅とは間取りや家のデザインはある程度施主の希望通りにできますが、仕様や設備品はハウスメーカーの社内規定により自由に選ぶことができない住宅のことをいいます。

規格住宅とフルオーダー注文住宅の中間に位置するので、それぞれの良いとこ取りをしたい人向けの建て方といえます。

ある程度の商品を規格化することで費用を抑え、要望が強い間取りなどに関しては自由に決めることができるという点で、セミオーダー住宅を選ぶ人もいます。

セミオーダー住宅の特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 間取りや家のデザインは自由に決めることができる
  • キッチンやバスルームなどの設備品は、決められた中から選ぶ
  • 規格住宅とフルオーダー住宅の良いところを組み合わせた住宅
  • 部屋の広さや天井の高さなど、すべてを自由に作れるわけではない

多くのハウスメーカーではすべて自由に家づくりできる「フルオーダー」ではなく、なんらかの制限がある「セミオーダー住宅」であることが多いので注意してください。

一条工務店

一条工務店

出典:一条工務店のセミオーダー住宅「i-smart (アイ スマート)」

美しさと機能性にこだわった人気住宅で、自社オリジナルのキッチンなどを採用したセミオーダー住宅です。全館床暖房が標準設備となっているのも人気な理由の一つです。

一条工務店はレンガ調の外観が特徴だったのですが、最近はこの「i-smart」や「i-cube」ようにスタイリッシュな外観の家を多く建てるようになっています。

外観を変えた理由として構造を「軸組工法」から「モノコック工法」に変更したからだと思います。より気密性を高めるには、軸組工法よりも箱状にできるモノコック工法が向いています。

大和ハウス

大和ハウスセミオーダー

出典:ダイワハウスのセミオーダー住宅「xevoΣ(ジーヴォ シグマ)」

標準天井高が2m72㎝で、広々と開放感がある家を建てることができる商品です。

外張り断熱を採用しているので高気密高断熱なうえ、耐震にもこだわっておりワンランク上の生活をすることができます。

大手の大和ハウスの主力商品ですので、とフルオーダーの注文住宅と思っている人も多いかと思います。

ですが、別の工法に変更したり天井の高さを自由に設定したりはできませんので、そういった意味ではセミオーダー住宅だと言えるでしょう。

タマホーム

タマホームセミオーダー

出典:タマホームのセミオーダー住宅「大安心の家」

ローコストながらもおしゃれなデザインと高機能な設備を備えた商品です。

大安心の家という商品名のとおり、ローコスト住宅ながら充実した標準仕様として人気があります。

ローコスト住宅のなかには、あらかじめプランが決められている規格型商品を扱っている会社が多いのですが、タマホームの多くが、自由に間取りを決めることができ、外装や内装にもさほど制限がありません。

それでいて大手ハウスメーカーよりも、かなり割安な価格設定なのですから人気があるのも納得です。

セミオーダー住宅がおすすめな人

  • 間取りや外観は希望通りの家を建てたい
  • 大手のハウスメーカーで建てた方が安心だと思っている
  • 間取りなどは好きに決めたいが、できればローコスト住宅を考えている
  • 地鎮祭から始まって、家が建っていく様子をチェックしたい

今回はセミオーダー住宅という位置づけにしていますが、一般的には自由設計の注文住宅のことです。

このセミオーダー住宅でも、間取りや外観に制限を感じる人はほとんどいないと思います。

まとめ

規格住宅とセミオーダー住宅の大きな違いは、「間取りを自由に設定できるかどうか」ということでした。

最後にフルオーダー注文住宅も含めて、それぞれのおおまかな坪単価や工期、間取りや設備の自由度を再度確認しておきましょう。

坪単価 工事期間 間取りの自由度 設備の自由度
規格住宅 40~60万円 3~4ヶ月 × ×
セミオーダー住宅 50~80万円 4~6ヶ月
フルオーダー住宅 75~90万円 8~12ヶ月

あくまでも目安なので、セミオーダーのローコスト住宅であれば、坪単価30万円台でもありますし、フルオーダーになれば、こだわり次第では坪単価100万円を超えることもあります。

マイホームで後悔しないためにも規格住宅を検討している人は、自分の予算でどんな注文住宅が建てられるのかイメージした上で計画を進めることおすすめします。

セミオーダーやフルオーダーの注文住宅を検討している人も、自分の予算にあうハウスメーカーを比較することで、理想のマイホームを安く建ててくれる業者が見つかると思います。

LIFULL HOME'Sでは予算別に注文住宅のカタログを無料で取り寄せることができます。

マイホーム計画が成功するか失敗するかは、最初でほぼ決まります。

住み始めてから後悔しないように、家族で相談しながら計画を進めていくようにしてください。

ケース別のおすすめ資料請求

ゼロから家のことを相談したい人

タウンライフ(家づくり)

なんとなく家を建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、直接ハウスメーカーや工務店に行く前に、まずは家づくりの専門家に相談するところから始めましょう。

知識のないまま業者に行くと相手のペースで話が進んでしまい、予算がオーバーしたり後から間取りで後悔したりします。

タウンライフは家づくりの専門家が中立的な立場で注文住宅の相談にのってくれ、希望する予算や間取りをもとに自分オリジナルの家づくり計画書を作成してくれます。

マイホームを建てたいけど何をしたらいいのか分からない人は、タウンライフで相談するところから始めてみてください。

公式サイトはこちら

ハウスメーカーを比較をしたい人

LIFULL HOME'S(ハウスメーカー)

家づくりはハウスメーカーや工務店の比較が重要ですが、数が多くどの業者を比較すればいいのか分からない人が多いと思います。

業者を比較する際に便利なのが、LIFULL HOME'Sのハウスメーカー・工務店ランキングです。

実際の資料請求数やアクセス数をもとに全国版のほか、47都道府県別のランキングも作成しているので建築予定地の人気の業者が簡単に分かります。

ハウスメーカーや工務店選びで悩んでいる人は、ランキングを参考にカタログを請求してみてください。カタログを比較することで、理想の家を建てる業者が見つかると思います。

公式サイトはこちら

予算にあわせたカタログを集めたい人

LIFULL HOME'S2000万

注文住宅を建てる際の予算がある程度決まっている人におすすめなのが、LIFULL HOME'Sの予算別のカタログ請求です。

金額別でカタログを請求できるので、自分の予算の範囲内で建てられる理想のマイホームが見えてきます。

1,000万円台から4,000万円以上まで、500万円単位で分かれていて目安となる坪単価も分かるので便利です。

ページトップ